東京卍リベンジャーズ230話最新ネタバレ確定|武臣の想い出、無比VS無双の開始

東京卍リベンジャーズ230話最新ネタバレ確定
Pocket

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

千咒は強くてかっこよかった!

サウスを圧倒した千咒の真の力を実の兄である武臣も知りませんでした。

千咒は本当の力を隠していたのですね。

まあ、サウスがこれで終わるはずはありませんが・・

一方のマイキーと鶴蝶も気になります。

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ230話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

東京卍リベンジャーズ全話一気読み>>

東京卍リベンジャーズ読んだら  悲しくなった タケミチには  頑張って欲しいな

東京卍リベンジャーズ231話ネタバレ>>

ここでこれまでの東京卍リベンジャーズを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そして漫画を読むならお得に読みたいですよね?

漫画を無料で読める違法海賊版サイトもありますが、ウイルスに感染してスマホが使えなくなってしまったり、違法ですので最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

Manga rawは東京卍リベンジャーズを無料で全話読める違法サイト

U-NEXTは公式のサイトなので安全です。

そして今だけ31日間無料トライアルキャンペーンを実施しており、その間に漫画を1冊無料で読めてしまうポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなく東京卍リベンジャーズのアニメも無料で見れてしまうんです!

東京卍リベンジャーズ

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料で東京卍リベンジャーズ最新刊を読めます!

東京卍リベンジャーズ

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく東京卍リベンジャーズをすぐに無料で読むことができます。

今すぐ東京卍リベンジャーズを読み直したいと思ったら・・・・・

 

\ たったの登録5分で完了 /

>>東京卍リベンジャーズを今すぐ読む<<

 

東京卍リベンジャーズ230話展開考察


『東京卍リベンジャーズ』230話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

ドラケン(龍宮寺堅)は撃たれて本当に死んだのか?

襲撃者に襲われ、千咒が来るのを止めて庇うために押し倒すと銃声が鳴り響き、その後襲撃者が殴られる音が聞こえ、そこにはドラケンの姿がありました。

襲撃者を撃退したのち、千咒が死なずに済んだとドラケンに感謝するタケミチ、しかしドラケンは倒れ、服には撃たれた跡が3カ所も。

ドラケンは自分の死を悟り、マイキーを頼むとタケミチにお願いし、救急車に運ばれ、「初日の出暴走」が脳裏によぎります。

そしてエマの手に引かれる姿が描かれ、ドラケンは息を引き取りました。

ドラケンは本当に死んだということでとてもショックです。

しかし、タケミチがいまだにこの場にいるのも違和感があります。

普通、一緒に救急車に乗るのでは?

「もう死んでいます」

「はいそうですか」

そりゃないぜタケミチ!

救急隊員にまかせっきりもどうかと思います。

 

六破羅単代の所属メンバー

総代 寺野 サウス
首席 鶴蝶(カクチョー)
第弐席 灰谷 蘭
第参席 灰谷 竜胆
第肆席 望月 莞爾
第伍席 斑目 獅音

”無双”のサウスと呼ばれる総代・寺野サウス。

ドラケンに六破羅に入るように言い寄り、断ったドラケンを一方的に殴りつけました。

サウスは、自身と同じ「不良の時代を創る」という思想を抱いた東京卍會をぶち壊す為に東京に来たとのこと。

 

千咒の死亡説

東京リベンジャーズ196話で登場したマイキー率いる梵天のメンバー。

そこで初登場した明石武臣は相談役でしたね。

過去では、梵(ブラフマン)のナンバー2で千咒の兄でした。

千咒がトップでした。

しかし、現代の梵天のメンバーの中に、瓦城千咒の名前がありませんでした。

216話のタケミチの頭に浮かんだシーンで死亡したように見えました。

やはり、千咒の死亡は濃厚なのでしょうか?

 

千咒が死なない説

現代では、千咒の存在が確認できていません。

タケミチが過去に戻った時、千咒からアイスの棒を受け取った瞬間に見覚えのない光景がフラッシュバックのように脳裏に浮かびました。

雨の中、血まみれで倒れている千咒、「約束は守ったぞ」と最期の言葉。

タケミチが千咒を抱きかかえ号泣。

この場面から千咒が死んでしまった様子がわかります。

過去を変えてきたタケミチですが、千咒が死なない未来を作ることはできるのでしょうか?

今までの東京リベンジャーズからすると、過去に死んだ人は死んだままのようです。

馬地もエマちゃんも死んだままなので、千咒の死は免れないでしょう。

 

 

 

 

東京卍リベンジャーズ230話考察ネットの声

東京卍リベンジャーズ230話最新ネタバレ確定

東京卍リベンジャーズ230話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

 軍神明石武臣

天下統一を果たした伝説の初代黒龍。

その副総長だった武臣は「明司武臣の采配で戦況の全てが決まる」と恐れられ、いつしか軍神と呼ばれるようになった。

しかし武臣は、自分そんな器ではない思っていました。

子供の頃からいたって平凡。

勉強もスポーツもそこそこ。

なんの取り柄もない普通のガキだった。

一方、幼なじみの佐野真一郎は不思議と人が集まる特別な男だった。

なのに真は横暴な態度をとる事はなくひたすらに優しかった。

自分より強い奴としか喧嘩しねぇから全敗だし泣き虫だし、最弱王なんて呼ばれてたけど喧嘩した相手みんなに好かれた。

ベンケイもワカも真の魅力にひかれたのでした。

オレは真の横にいただけ。真の横にいただけで日本一のチームのナンバー2になり、皆がひれ伏しオレは増長した。

 

ブラックドラゴン解散

武臣はブラックドラゴン解散に

「なんで!?日本一になったばっかじゃねぇかよ!?」

と驚くと、真一郎は

「もう黒龍より上がねぇならこの先弱い者イジメになっちまうだろ」

と笑顔で答えていました。

解散後もオレは黒龍の威光を利用し続けた。

街に出ればVIP扱い。

金に困る事はなく年月は過ぎ威光が消えるまで利用し続け、5年経つ頃にはメッキは剥がれ、莫大な借金だけが残った。

このままじゃ命も危ねぇ。

真が死んだのはこの頃だったが、武臣はお金の工面でそれで頃ではなかった。

 

千咒のチーム

更に5年後、2006年。

千咒が

「東京卍會の無敵のマイキーと戦ってみたい。だから、ジブンもチームを作ろうと思うんだ」

と言うと、ベンケイが

「オマエの妹の強さはダテじゃねぇぞ」

ワカも

「ウチのジムでも勝てる奴いねぇし

」と言う。

千咒が

「信頼できるニンゲンにチームの舵取りを任せたい、頼まれてくれるか?兄貴」

すると武臣は、金も威光もない、落ちぶれて何もなかった自分を迎え入れてくれたみんなに尽くそうと誓いました。

 

武臣の責任

武臣は千咒のに向かって

「オマエ手加減してたのか・・?オレは信頼を失ってたんだな」

「オレは、オレは梵の方針を見誤った」

「オマエの信頼を失い、梵に誘い入れたドラケンまで失った」

と涙を流し悔しがると、千咒は

「武臣、それは違うぞ」「全部、オマエのせいじゃない、ジブンの責任だ」

「オマエを止められなかったのも、ドラケンが死んだのも、梵の首領としてジブンが不甲斐なかっただけ」

「ジブンにできるのはコイツを倒す事だけ」と言います。

サウスは立ちふさがり

「久しぶりに本気になれそうだ、無比の千咒」

ついに無比VS無双の開幕!!

 

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

今回は、武臣の回想シーンでした。

武臣が梵の舵取りを誤ったというが、千咒は違うと答える!

そして、千咒の真の力が見られるとになります。

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ230話最新ネタバレしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『東京卍リベンジャーズ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ

 

(Visited 159 times, 1 visits today)