東京卍リベンジャーズ226話最新ネタバレ確定|動かないマイキーに梵の最高戦力と六波羅・総代が激突!

東京卍リベンジャーズ226話最新ネタバレ確定
Pocket

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

ついに三天の3チームがそろってしまいました。

熱くなった武臣は冷静さを失っています。

三天戦争が勃発したのですが、マイキー達関東卍會は様子を見ています。

マイキーは信じられないほど冷静の様子でした。

千咒をタケミチに託しワカとベンケイが抗争に参戦していきました。

そこで、伝説VS暴君が始まります。

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ226話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

東京卍リベンジャーズ全話一気読み>>

東京卍リベンジャーズ読んだら  悲しくなった タケミチには  頑張って欲しいな

東京卍リベンジャーズ227話ネタバレ>>

ここでこれまでの東京卍リベンジャーズを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そして漫画を読むならお得に読みたいですよね?

漫画を無料で読める違法海賊版サイトもありますが、ウイルスに感染してスマホが使えなくなってしまったり、違法ですので最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

Manga rawは東京卍リベンジャーズを無料で全話読める違法サイト

U-NEXTは公式のサイトなので安全です。

そして今だけ31日間無料トライアルキャンペーンを実施しており、その間に漫画を1冊無料で読めてしまうポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなく東京卍リベンジャーズのアニメも無料で見れてしまうんです!

東京卍リベンジャーズ

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料で東京卍リベンジャーズ最新刊を読めます!

東京卍リベンジャーズ

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく東京卍リベンジャーズをすぐに無料で読むことができます。

今すぐ東京卍リベンジャーズを読み直したいと思ったら・・・・・

 

\ たったの登録5分で完了 /

>>東京卍リベンジャーズを今すぐ読む<<

 

東京卍リベンジャーズ226話展開考察


『東京卍リベンジャーズ』226話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

六破羅単代の所属メンバー

総代 寺野 サウス
首席 鶴蝶(カクチョー)
第弐席 灰谷 蘭
第参席 灰谷 竜胆
第肆席 望月 莞爾
第伍席 斑目 獅音

”無双”のサウスと呼ばれる総代・寺野サウス。

ドラケンに六破羅に入るように言い寄り、断ったドラケンを一方的に殴りつけました。

サウスは、自身と同じ「不良の時代を創る」という思想を抱いた東京卍會をぶち壊す為に東京に来たとのこと。

 

千咒の死亡説

東京リベンジャーズ196話で登場したマイキー率いる梵天のメンバー。

そこで初登場した明石武臣は相談役でしたね。

過去では、梵(ブラフマン)のナンバー2で千咒の兄でした。

千咒がトップでした。

しかし、現代の梵天のメンバーの中に、瓦城千咒の名前がありませんでした。

216話のタケミチの頭に浮かんだシーンで死亡したように見えました。

やはり、千咒の死亡は濃厚なのでしょうか?

 

千咒が死なない説

現代では、千咒の存在が確認できていません。

タケミチが過去に戻った時、千咒からアイスの棒を受け取った瞬間に見覚えのない光景がフラッシュバックのように脳裏に浮かびました。

雨の中、血まみれで倒れている千咒、「約束は守ったぞ」と最期の言葉。

タケミチが千咒を抱きかかえ号泣。

この場面から千咒が死んでしまった様子がわかります。

過去を変えてきたタケミチですが、千咒が死なない未来を作ることはできるのでしょうか?

今までの東京リベンジャーズからすると、過去に死んだ人は死んだままのようです。

馬地もエマちゃんも死んだままなので、千咒の死は免れないでしょう。

 

 

 

 

東京卍リベンジャーズ226話考察ネットの声

東京卍リベンジャーズ226話最新ネタバレ確定

東京卍リベンジャーズ226話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

三天入り乱れ大乱闘

乱闘が始まりました。

いらだつ鶴蝶!

「なんでマイキーは動かねぇ!?」

と思っていました。

その時、三途が現れ

「死ねや鶴蝶」

と鉄パイプで鶴蝶の頭を殴ります。

「いくら喧嘩が強くたってよぉ、武器使っちまえば楽勝なんだよ」

と三途は声を上げます。

すると、灰谷蘭が警棒で三途を殴り

「へーたしかに楽勝ー」

と一言!

一方、モッチーは、どうした関東卍會、張り合いねぇぞ、と左手に一人の髪の毛を掴み、右手でもう一人を殴り飛ばします。

関東卍會の面々は

「六波羅幹部極悪の世代、ウワサ通りケタ違いに強ぇえ」

とビビっています。

 

武臣とベンケイとワカ登場

「ドン!」

武臣とベンケイとワカがサウスと対峙しています

「どけテメェら」

と武臣が言うが、ベンケイは

「駄目だ、武臣は頭ぁ冷やせ」

と言うとワカも頷きます。

サウスは、倒れている六波羅のメンバーを見て

「こりゃ100人はやられたか、最強コンビの名は健在だな」

と言い放ちます。

 

2人が関東を二分していた

やられていた六波羅のメンバーたちは

「何者だよ?あの2人、あんなバケモンがなんで頭はってねぇんだ?」

と言っています。

乱闘を見ていたタケミチと千咒。

初代黒龍が出来るまでは関東は西と東2つに割れていました。

「西関東を仕切っていたのは600人の構成員からなる日本最大のチーム螺愚那六、トップは抗争のあと返り血でその巨体が染まる事からレッドクリフと呼ばれた荒師慶三」

「螺愚那六に対抗すべく東関東12のチームが集まって出来たのが煌道連合のトップは白豹の異名で恐れられた男、今牛若狭」

と千咒はタケミチに説明します。

すると、タケミチは

「あの2人ってそんなにスゲぇ人だったの!!?」

と驚き、生唾ごっくん(笑)。

 

関東統一

千咒は、それぞれトップでバチバチだった2人をまとめあげたのが当時無名だった男佐野真一郎だと話を続けます。

「そして関東は統一された、武臣がよく言ってた、喧嘩のウデで当時の日本最強は間違いなくあの2人だ」

と千咒は語ります。

ベンケイが

「マイキーまで力ぁ温存しときたかったけどしょうがねぇ」

と言うと、ワカは

「油断すんなよ、サウスはマイキー級だぞ」

と返します。

サウスが

「かかって来いや、伝説ぅぅ」

と叫ぶ!!

ベンケイとワカは

「いくぞ、オラぁぁぁ」

と向かっていく。

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

ついに三天の3チームの大乱闘が始まりました。

それでもマイキーは様子を見ているだけ・・・

ワカとベンケイの強さは関東最強でした。

その二人が闘うのがマイキークラスのサウス!

どんな戦いになるか期待大!!

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ226話最新ネタバレしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『東京卍リベンジャーズ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ

 

(Visited 1,863 times, 6 visits today)