【金魚妻】原作とは違う設定やエピソードは?篠原涼子が合わないとの声が続出している理由も紹介

【金魚妻】原作とは違う設定やエピソードは?
Pocket

金魚妻は漫画が原作のドラマで、2022年2月14日にNetflixで世界190ヶ国に配信されました。

日本と台湾、香港では週間ランキングで1位を記録し、他のアジア圏ではインド、マレーシア、シンガポール、タイなどでTOP10入りを果たすほどのヒットになりました。

しかし、漫画で知っている方は

「原作とは違う」

「篠原涼子は合わない」

との声が多く上がっているそうです。

今回は金魚妻の原作とは違う設定やエピソード、篠原涼子が合わないという声が続出している理由を紹介していきます。

 

金魚妻の登場人物

平賀 さくら(ひらが さくら)/ 篠原涼子

金魚妻の主人公で、タワーマンション最上階の4301号室に住んでいます。

元美容師でしたが、ある事件がきっかけで後遺症を負い、ハサミを握ることができなくなってしまって美容師を辞め、現在では夫の卓弥と共にサロンの経営に携わっています。

彼から日常的に暴言を吐かれたり、DVを受けたりして悩まされています。

 

豊田 春斗(とよだ はると)/ 岩田剛典

金魚屋「金魚のとよだ」の店主で、過去の自分にコンプレックスを抱いています。

 

平賀 卓弥(ひらが たくや)/ 安藤政信

さくらの夫で、美容サロン「hiraga TOKYO」代表取締役社長を務めています。

さくらには高圧的な態度を取り、罵声を浴びせたり暴力を振るったりと気性が激しい人物です。

同じ会社の従業員である寧々や改装妻のゆり葉とは不倫関係にあり、女癖が悪い一面もあります。

 

坂東 真沙子(ばんどう まさこ)/水上京香

春斗の元恋人で、弁護士を務めています。

 

蘭(らん)/ 福本莉子

春斗の妹で、幼い頃に建設現場の事故に遭いそうになりながらもさくらに守ってもらい、助けられたことがあります。

彼女にとってさくらは命の恩人です。

名前の由来は金魚の王「蘭鋳(らんちゅう)」から来ているそうです。

 

箱崎 ゆり葉(はこざき ゆりは)/長谷川京子

改装妻で、さくらと同じタワーマンションに住んでおり、部屋は18階の1803号室です。

卓弥と不倫関係にあります。

 

寧々/川崎珠莉

さくらと卓弥が経営するサロンで働いている従業員で、卓弥とはゆり葉と同じく不倫関係にあります。

 

金魚妻のあらすじ

主人公で夫と2人暮らしをしている平賀さくらはある日、夫に「金魚を飼いたい」と言います。

しかし、夫は冷徹で高圧的なので「勝手にすれば」と無関心な言葉をかけて会社へ向かいました。

さくらは金魚屋を訪れ、金魚と大きな水槽を購入して幸せそうに満足していましたが、仕事から帰ってきた夫は購入した金魚と水槽を見て「返してこい!」と怒鳴りつけました。

さくらは落ち込みながら大きな水槽を抱え金魚屋に戻ると、店主は嫌な顔をせず「大変だったね」と優しい言葉をかけてくれました。

さくらはその親切な店主に段々と惹かれていくのです。

 

【金魚妻】原作とは違う設定やエピソード

年齢と職業

 

ドラマの主人公は平賀さくらで、年齢はおそらく篠原涼子に近い40代という設定だと思われます。

金魚屋の店主の春斗は岩田剛典に近い年齢の30代前半か20代後半の設定になっています。

一方、原作の主人公であるさくらは24歳という設定で、金魚屋の店主である名前は春斗ではなく「圭一」になっており、年齢はさくらよりも21歳年上の45歳でバツイチで娘がいる設定になっているので真逆になっているのが分かります。

そして、原作でのさくらは専業主婦で、ドラマ版のさくらは元美容師で夫と一緒にサロンを経営をしているというところも異なります。

彼女は過去に建設現場で事故が発生した場所で1人の少女を庇い怪我を負ってしまいました。

その怪我が後遺症になり、ハサミを上手く握ることができなくなったので美容師を辞めたのです。

さくらのこの経歴はドラマのストーリーで大きく絡む重要なヒントになっていきます。

圭一については、過去にニューヨークで金融関係の仕事をしていましたが、会社のビルがテロに遭ってしまい、多くの仲間が命を落としたことが明かされます。

ドラマの春斗では実家が資産家であることと、独身で妹がいるというところが原作との相違点です。

原作では元妻でドラマでは元カノがいます。

原作の元妻の名前が”真紗子”、ドラマの元カノの名前が”真沙子”と漢字は違いますが読み方は同じ「まさこ」です。

 

続柄

 

原作の蘭は圭一と前妻の真紗子の間にできた娘という設定ですが、ドラマ版では春斗の妹になっており、ドラマでは過去にさくらと接点があり、さくらが事故から守った少女が蘭だったのです。

 

さくらの夫の浮気性

 

原作のさくらの夫である卓弥は会社員で、会社の女の子と浮気をしており、ドラマの卓弥はさくらと共にサロンを経営しているのと、浮気相手が複数(サロン従業員の寧々や改装妻のゆり葉)いるところが大きく異なっています。

原作ではクズぐらいの感じでしたがドラマではよりクズさが強調されており、さらに嫌な男になっています。

 

登場人物の名前

 

原作での頭痛妻・慈子の息子の名前は”春斗”ですが、ドラマでは”勇太”になっており、名前がかぶってしまうにも関わらず、金魚屋店主の名前を圭一から春斗に変えたのことに疑問を感じている方もいるでしょう。

もしかするとこれはあくまでも憶測ですが、金魚屋の店主の春斗を演じている岩田剛典さんの年齢が原作の慈子の息子・春斗の年齢に近かったから圭一ではなく春斗に変えたのかもしれません。

または岩田さんの雰囲気に合わせて圭一だと似合わないから春斗の方がいいと脚本の方や監督が思った可能性もあるのではないかと思います。

 

【金魚妻】篠原涼子が合わないという声が続出している理由

金魚妻の原作とドラマの相違点は、さくらと春斗の年齢が逆転している以外にも職業や家族構成や名前だったりと多くの点が見られます。

他にも妻たちのエピソードを描いた作品は原作と違うことは珍しくありませんでしたが、金魚妻ほど違う作品はあまりないと思われます。

原作を知っている方からすれば24歳女性のさくらとは全然異なっているのでとても違和感を感じたのではないでしょうか。

SNS上でも篠原涼子さんはおかしいという声がたくさん出ていました。

キャラが篠原涼子さんに寄せているようにも感じます。

原作とは違うので篠原涼子さんが合わないと言われているのかもしれません。

篠原涼子さんといえば、「アンフェア」や「ラストシンデレラ」などの年上女性×年下男性のコンビドラマが多いため、年下女性×年上男性という篠原涼子さんが今まで演じてきた役とは真逆の設定なので「金魚妻」の主人公・さくら役に合わなく、より違和感があると思われます。

原作を基準に見てしまうとドラマを楽しめにくくなってしまうかもしれないので、原作とドラマの作品は別物と割り切って見ると抵抗なく視聴できると思います。

 

まとめ

以上、金魚妻の原作とは違う設定やエピソード、篠原涼子が合わないという声が続出している理由を紹介しました。

金魚妻の原作とは違う部分は主人公のさくらと春斗の年齢が真逆になっていることや、さくらの職業、夫の卓弥が不倫している人数、登場人物の名前など数多くの違いが見られましたね。

篠原涼子が合わない理由は、原作のさくらが24歳で篠原涼子の年齢は48歳なので全然違うキャラになっていることが考えられます。

漫画は漫画の良さ、ドラマではドラマの良さがそれぞれ出ているのでどちらも楽しんでみてはいかがでしょうか?

(Visited 104 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です