【呪術廻戦】4人の特級呪術師最強は誰?強さランキングBEST4

【呪術廻戦】4人の特級呪術師最強は誰?強さランキングBEST4
Pocket

『呪術廻戦』に登場する呪術師とは、呪霊を祓うために呪術を使って戦う人間のことをいいます。

呪術を使うために必要な呪力が無ければ呪術師として活動することができないため、社会的には少数派に位置する存在であり、呪術師になれる人間は非常に限られています。

呪術高専には「特級」クラスの術師が4人存在していました。

現最強術師の五条悟はじめ、夏油傑、九十九由基、そして乙骨憂太。

そこで、【呪術廻戦】4人の特級呪術師最強は誰?強さランキングBEST4を選んでみたいと思います。

最後までお読みください(^▽^)/

 

呪術師とは

呪術師とは、呪霊を祓うために呪術を使って戦う人間のことです。

呪術を使うために必要な呪力が無ければ呪術師として活動することができないため、社会的には少数派に位置する存在であり、呪術師になれる人間は非常に限られています。

そして非呪術師(一般人)に比べて呪力の漏出が極めて少ないため、呪術師から呪霊が生まれてしまうことはありません。

呪術師は、呪霊の害悪から非呪術師(一般)を守るために活動しているため、原則として非呪術師を呪殺することは固く禁じられています。

 

特級呪術師とは?

呪術師には階級というものがあり、特級>>>>>一級>準一級>二級>準二級>三級>四級といった順に分類されています。

特級呪術師は、呪術師の最高位の階級です。

特級呪霊と対等もしくはそれ以上であり実力は非常に高く、術士のなかでは規格外の強さを誇ります。

 

特級呪術師最強ランキングBEST4

特級呪術師最誰が最強かランキングにして紹介します。

1位:五条悟(ごじょうさとる)

呪術界御三家のひとつ・五条家の出身。

「1人で人間を滅ぼせる」

「五条の存在が世界のパワーバランスを保っている」

などと言われていて、規格外の強さでしょう。

術式情報を視認できる特殊な目「六眼」を持っていて、基本的に戦闘時以外は目隠しで目元を覆っている。

学生時代はサングラス、一年前の前日譚では白い包帯、現在は黒い目隠し、現在でもオフはサングラスの場合もある。

“無限“を操る術式の使い手で、彼に触れようとする者は彼との間に存在する”無限“(という名の壁)に阻まれ永遠に触れることができません。

さらには領域展開“無量空処”という必殺技があり、「領域内に入った五条と、五条が触れている者を除く全ての生物の脳の伝達系に無限界の作業を強制する」というもの。

 

2位:乙骨憂太(おっこつゆうた)

『呪術廻戦』本編にはまだ登場していないが、呪術高専東京校二年として在籍中。

自らに取り憑く特級過呪怨霊の交通事故で亡くなった幼馴染・祈本里香が周囲の人間に危害を加えることを避けるために秘匿死刑に了承し、結界内に閉じこもっていたところを五条に連れ出され高専に転入することに。

転入時、彼自体の能力は低かったがそれを補ってあまりあるほどの里香の呪力量、凶暴さが彼を特級呪術師に押し上げる要因となりました。

そして乙骨自身が呪術を習得した際、縛りによって里香が持つ底なしの呪力を使うことができるようになり、さらに「無条件の術式模倣」も使うことができるようになっています。

現在は海外に行っており、扉絵ではかつて夏油一派であった黒人呪術師・ミゲルと行動をともにしている様子が描かれていた。

 

3位:夏油傑(げとうすぐる)

百人を超える一般人を呪殺、呪術高専を追放された最悪の呪詛師。

夏油傑は五条悟のたった一人の親友でした。

都立校にいた頃は特級呪術師として五条と共に任務をこなしていた。

しかし、ある日を境に夏油は非呪術師を憎むようになり、無能なサルと見下すようになります。

その結果、100人を超える一般人を呪殺し、高専から呪詛師とみなされ追放されました。

「最悪の呪詛師」と称される特級呪詛師となってしまいます。

彼の操る“呪霊操術”は稀有な術式で、降伏させた呪霊を使役することができるという強力なものです。

さらに使役できる呪霊に数による制限はなく、特級から4級まで全ての呪霊を使役可能。

前日譚の時点では6000体程の呪霊(手持ち4461体、東京京都に役1000体ずつ召喚)を持っていました。

呪術廻戦の前日譚で、夏油は新宿と京都で百鬼夜行を起こすと宣言し、百鬼夜行当日に祈本里香を乙骨から奪うために高専に侵入しました。

そこで狗巻とパンダ、真希に致命傷を与えたことで、激昂した乙骨と交戦しています。

最終的には夏油の「うずまき」と、乙骨・里香の「純愛」との呪力放出によって戦いは終わり、夏油は敗北し逃亡を企てました。

ところが、逃亡中に夏油の行方を追っていた五条と遭遇。

夏油は「この世界では心の底から笑えなかった」と自らの真意を打ち明けた。

それに対して五条は何らかの言葉(内容不明)を告げ、その言葉を聞いた夏油は「最期くらい呪いの言葉を吐けよ」と笑って、五条に処刑されたのだった。

そして現在(呪術廻戦1巻第1話~)、何者かが夏油の遺体を盗み出して肉体を乗っ取り、夏油傑(偽)として活動しています。

 

4位:九十九由基(つくもゆき)

「どんな女がタイプかな?」が口癖で特級唯一の女呪術師。

特級ではあるが任務は全く受けておらず海外を放浪しているらしい。

過去に小学3年生の時の東堂葵に出会い、彼が呪術師になる大きなきっかけを作った。また異性の好みのタイプを訊くセリフも彼に受け継がれた。

任務を受けずに海外を転々としている理由は、呪いを祓うという高専の方針を「対症療法」と考え、呪霊の発生要因を取り除くという「原因療法」により呪いの生まれない世界を作ろうとしている。

それが夏油を呪詛師へと転落させたきっかけとなっている。

「非呪術師を殺せばいい」という思いと「呪術師は非呪術師を守るためにある」というこれまでの考えの対立に葛藤する夏油の背中を「非呪術師を殺す」方向に押したのは彼女なんです。

夏油に高専を裏切らせたかったわけではないでしょうが、由基が夏油の負の感情を肯定しなければ夏油の謀反はなかったかもしれません。

 

まとめ

『呪術廻戦』に登場する呪術師とは、呪霊を祓うために呪術を使って戦う人間のことをいいます。

呪術を使うために必要な呪力が無ければ呪術師として活動することができないため、社会的には少数派に位置する存在であり、呪術師になれる人間は非常に限られています。

呪術高専には「特級」クラスの術師が4人存在していました。

現最強術師の五条悟はじめ、夏油傑、九十九由基、そして乙骨憂太。

そこで、【呪術廻戦】4人の特級呪術師最強は誰?強さランキングBEST4を選んでみました。

『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP