【呪術廻戦】伏黒恵が唱えているふるべゆらゆらの元ネタは?

【呪術廻戦】伏黒恵が唱えているふるべゆらゆらの元ネタは?
Pocket

呪術廻戦は呪力を題材にしたダークファンタジー漫画で、高い人気を誇っている作品の1つです。

漫画は18巻でシリーズ累計発行部数が6000万部を突破したことを公式のtwitterで発表しました。

2020年にテレビアニメ化し、2021年には劇場版が公開され大ヒット。

そして、2023年にはアニメ2期が放送される予定になっているので勢いは止まることを知りません!

今回は登場人物の一人である伏黒恵についてフォーカスしていきます。

彼が術式で唱えている「ふるべゆらゆら」という言葉が気になる方がいるのではないでしょうか?実はあれには元ネタが存在するようです。

本記事では、呪術廻戦の伏黒恵が唱える「ふるべゆらゆら」の元ネタを紹介していきます。

 

【呪術廻戦】伏黒恵は何者?

【呪術廻戦】伏黒恵は何者?

伏見恵の普段は無愛想で、他人に興味を示すことなどほとんどありませんが、おまけコーナーや公式ノベライズでは虎杖や釘崎のカラオケや買い物に付き添っているので人付き合いは悪くないと思われます。

中学生のころはかなりの問題児で、地元の不良や半グレたちを全員蹴散らしたらしく、用務員からも「そうそういないレベルの不良だった」と言われています。

父親の甚爾は既に故人で、禪院家を出奔して恵を儲けた後に恵の実の母が他界し、津美紀の母親と付き合い始めましたが、実の母を追うように蒸発してこの世を去りました。

小学校低学年の頃から高専からお金を給付されていました。元々は亡き父の甚爾の資金源と見られ、大金と引き換えに、才能ある呪術師を求める禪院家に売られる予定でした。

しかし、五条悟の介入したことによりその計画は阻止されて恵が将来呪術師として働くことを担保に給付されていたのです。

呪術師になるきっかけは、中学生の頃に義理の姉である津美紀が呪いで倒れてしまったことで「幸せになるべき善人が報われないこと」に疑問を抱き、呪術師となって少しでも多くの善人が平等に幸せになれるような世界を作ることを決意したことでした。

それ以降は善人を救うために動き、悪人には救わないという行動をするようになりました。

 

伏黒恵の強さ

戦闘能力は高く、武器を使わなくても相手と対等以上に戦えるほどの実力を持っています。

戦闘スタイルは式神と連携を取って相手を追い詰めていくものです。

当社は武器を所持していませんでしたが、後にトンファーや刀などの武器を使うようになりました。

呪術師としての腕は相当なもので、五条悟が3年生の時にまだ習得できなかった「習得展開」を1年生で習得しています。

その腕は呪いの王と呼ばれている宿儺も評価するほど。

少年院で宿儺との戦闘している際、宿儺の指を取り込んだ特級呪霊に勝てる可能性があるほどの戦闘を繰り広げていました。

 

【呪術廻戦】伏黒恵のふるべゆらゆらの元ネタは?

ふるべゆらゆらが使われる術式の十種影法術の元ネタは十種神法と仏教の守護神の十二神将の摩虎羅大将(摩睺羅伽)というものだそうです。

一体どのような式神なのかを紹介していきます。

 

1.玉犬 白・黒

白い犬と黒い犬の形をした式神で、戦闘や呪力を感知する能力を持っています。今までは二匹で活動していましたが、白い犬は       宿儺の指を取り込んだ特級呪霊に破壊されてしまったので、黒い犬に能力を引き継ぐ形になりました。そして、姿は狼のような大柄な体型に進化しています。

 

2.蝦蟇

蛙の式神で、両手で蛙の頭の影絵を作ると呼び出すことが出来ます。舌が長く、人を縛り付けたり飛ばすことも可能です。劇中では東堂を複数の蝦蟇の舌で巻いて拘束したり、釘崎を口の中に入れて脱出もしました。

 

3.大蛇

大きな蛇の式神で、片手で触れる蛇の影絵で呼び出すことができます。攻撃に優れているものの、少年院で宿儺に使用した時に破壊されてしまいました。

 

4.鵺

骸骨の目のようなお面をつけている巨大な怪鳥の式神で、高い飛行能力で戦闘や移動で多く使用しています。しかし、人を長時間運んで移動することはできません。稲妻のような呪力を駆使して攻撃します。一度宿儺に破壊されそうになりましたが、術式解除したことで免れました。

 

5.満象

象の式神で、両手で象の影絵を作り出すと呼び出されます。額に紋様があるのが特徴です。鼻から大量の水を放ったり、敵を押しつぶす攻撃が戦闘スタイルですが、呪力の消費が激しいので単体で召喚することしかできません。

 

6.脱兎

白いウサギの式神で、両手でウサギの影絵を作ると呼び出すことができます。攻撃力はあまりないものの、大量のウサギを呼び出すことにより目眩ましとして活躍しています。渋谷事変での栗坂との対戦時や伏黒甚爾との対戦で使用していました。

 

7.八握剣異戒神将魔虚羅

恵の術式である「十種影法術」の式神の一つで、今までの影法術師の中でも無類の腕を持つ最強の式神です。

特徴的な姿をしており、身長は伏黒の2倍以上でムキムキな体をしています。

目の部分には左右に2体の翼があり、背中には八握剣の紋章と右手には剣を所持しています。

影絵の動物を召喚する十種影法術の中ではかなり特殊なものとなっています。

呼び出し方も特殊で、一般的な術師は手で影絵を描きますが、こちらの場合は左腕の内側に右手拳を押し当て、「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」の祓詞を唱えると呼び出すことができます。

技は自分の命と引き換えに相手を倒すというかなり危険なリスクを負うものなので、発動条件が簡単でどんなタイミングで調状の儀式が始められても、緊急時にしか使用することができません。

具体的には、魔虚羅を召喚して相手を自分も巻き込んで倒させるものです。

劇中での使用は渋谷事変での1度のみで、以前に2度使用を試みましたが中断をしました。

重面春太をとの対戦時に彼を巻き込む形で使用して倒そうとするものの、異変に気付いた両面宿儺が参入。激闘の末、宿儺が退治をして調伏の儀はリセットされました

8~10までは不明です。

 

伏黒恵が最強の式神である八握剣異戒神将魔虚羅を召喚した際の「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」とは、布瑠の言の一句のことです。

布瑠の言とは十種神法の超絶な霊力を呼び起こす言葉なのです。

布瑠の言は

ひと ふた み よ いつ むゆ なな や ここのたり ふるべ ゆらゆらと ふるべ」と唱えます。

ひとふたみよいつむななやここのたりひとふたみよいつむななやここのたりの意味は、1~10のことを指しており、十種神法のことを意味しています。

数字に表すと

ひと(1) ふた(2) み(3) よ(4) いつ(5) むゆ(6) なな(7) や(8) ここのたり(9、10) 

という流れになります。

 

ふるべゆらゆらとふるべは亡者を蘇生させる効果があり、「ふるべ」が「震えろ」という意味で魂を集わせて蘇生するようです。

なので、ふるべゆらゆらはかなり強力な霊力を寄せ付けるものだといえますね。

 

まとめ

【呪術廻戦】伏黒恵が唱えるふるべゆらゆらの元ネタを紹介しました。

伏黒恵の術式である十種影法術の元ネタは十種神法と仏教の守護神の十二神将の摩虎羅大将(摩睺羅伽)というものでした。

なかでも最強の式神である八握剣異戒神将魔虚羅を召喚するときは「ふるべゆらゆら」と唱えます。

「ふるべ」は「震えろ」という意味で亡者を集めて蘇生させるもので、強力な技を出しますが自分も食らうというリスキーなものでしたね。

今後の呪術廻戦でも使用されるのかが楽しみですね!

 

(Visited 518 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です