【呪術廻戦】乙骨憂太の現在は?戦闘シーンも紹介!

【呪術廻戦】乙骨憂太の現在は?戦闘シーンも紹介!
Pocket

呪術廻戦は呪力を題材にしたダークファンタジー作品で、高い人気を誇っている作品の1つです。

2020年にテレビアニメ化し、2021年には劇場版が公開され、興行収入100億円を突破するほどの大ヒットしているので勢いは止まることを知りません!

今話題の劇場版「呪術廻戦0」の主人公・乙骨憂太は一体何者かや現在の活動、戦闘シーンが気になる方もいるのではないでしょうか。

本記事は、呪術廻戦・乙骨憂太の現在や戦闘シーンを紹介していきます。

 

【呪術廻戦】乙骨憂太は何者?

本編の前日譚『東京都立呪術高等専門学校』の主人公です。

呪術高専東京校の2年生で、日本にたった4人しかいない特級呪術師の一人でもあります。

特級過呪怨霊の祈本里香に呪われており、あまりにも危険なため秘匿死刑が決定しようとしていましたが、五条悟が阻止して呪術高専東京校に途中転入しました。

性格は温厚で人を傷つけることを好まず、人情深い人物です。

当初は里香の呪いで人に危害を加えてしまうことからあまり人と関わりを持たずにいました。

しかし、呪術高専東京校に入学してからは明るい人物になり、彼の本来の強さを見せるようになりました。

しかし、敵対する者に対しては容赦はなく、いつもの温厚な乙骨が別人のように変貌してとてつもない殺気を漂わせるので、呪術の腕は相当なものだと窺えます。

乙骨は特級過呪怨霊の祈本里香に取り憑かれた特級被呪者で、彼が危害を加えられると里香が顕現し、その人物に容赦なく攻撃をします。

里香を顕現させると、並みの呪いなら彼女だけの力で圧倒することができるので強力です。

当初は里香の制御が出来ず、暴走を止められませんでしたが、高専に編入した後の初任務で彼女を制御できるようになりました。

左手の婚約指輪は彼と里香を繋いでおり、里香の制御や呪力の媒介にも使われます。

また、身体能力も非常に高く、彼の刀に里香の呪力を込めて白兵戦を行います。

徒手空拳での闘いも繰り広げており、夏油との戦闘で刀が砕けた時に披露していました。

また自らを里香の生贄として捧げて呪力の制限を解除すると、夏油の特級呪霊1体および数千体の呪霊の呪いを束ねた、極ノ番「うずまき」を撃ち破っています。

里香の呪力は圧倒的で「呪いの女王」と称されています。

完全に顕現させると町1つ消すことができるほど強力です。

変幻自在で無条件の生得術式のコピーが可能で、相手の術式を自由自在にコピーすることができます。

劇中では狗巻棘の呪言をコピーし、拡声器を作成して広範囲に即死の呪言を反動無しで発動しました。

 

【呪術廻戦】乙骨憂太の現在

里香の力を失ったことで、乙骨は4級呪術師に降格してしまいますが、たった3ヶ月で特級呪術師に返り咲いていました。

その後、乙骨は黒人呪詛師のミゲルと共に海外へ飛び立ち、行動を共にしています。

渋谷事変が終わった後に日本に帰国して、偽夏油の仕業で多くの呪霊に支配された東京で一般人の救助をしていました。

そして、虎杖の死刑を執行させることを呪術総幹部から任命されました。

乙骨は虎杖の胸に刀を突きつけて刺そうとしましたが、彼が気絶している間に反転術式で治療をし、上層部にバレないように虎杖と伏黒たちと一緒に死滅回游攻略を始めました。

乙骨は天元と鉢合わせ、夏油を肉体操っている羂索と彼の目的を知ります。

そして、情報を集めるために一足先に羂索が計画した死滅回游に参加しました。

仙台結界で儀式に巻き込まれた一般人の救助をし、渋谷事変で苦戦をしている仲間達や、五条にもう一度親友を殺させないために、自分が羂索を倒す事を決意しました。

 

【呪術廻戦】乙骨憂太の戦闘シーン

百鬼夜行

百鬼夜行とは、本編の前日譚にあたる『東京都立呪術高等専門学校』にて、2017年12月24日に発生した未曾有の呪術テロのことです。

日没後に新宿と京都に1000体ずつ呪霊を放って一般人を皆殺しにするというものでした。

特級呪詛師・夏油傑と、その一味たちがこの事件を起こした張本人です。

夏油は本当の目的を知られないために「非術師を皆殺しにする」と嘘を言いました。

彼の本当の目的は呪術高専にいる乙骨憂太を孤立させて無援に追い込んで殺害し、特級過呪怨霊の祈本里香を手に入れることでした。

乙骨は呪術高専で待ち構え、新宿と渋谷でのテロを仲間に任せて単独で呪術高専に向かった夏油と接触します。

彼の仲間を襲った夏油に怒りを爆発させ、呪力の制限を解除して「純愛」という大きな力を放出して見事夏油に勝利します。

そして、呪いが解放されて人間の姿に戻った里香は彼を抱きしめて、一緒に過ごした6年間は幸せだったと伝え、「またね」と行って成仏しました。

 

渋谷事変

乙骨が日本に帰国した後に起こった渋谷事変とは、2018年10月31日に起きた未曾有の呪術テロで、特級呪詛師・夏油傑がこの事件の張本人で、彼と特級呪霊たちが結託して引き起こされました。

そして、一部の呪詛師も夏油と共に携わっています。

さらには、偽夏油(羂索)が1000万体以上の呪霊を解放して、渋谷の街を襲いました。

渋谷に最大半径約400mの帳が複数下ろされ、多くの一般人が閉じ込められたことを知らされて、呪術高専は呪術師を総動員させて事態の対処にあたります。

渋谷事変の被害は百鬼夜行を遥かに上回り、建物の大半が破壊されてしまいました。

渋谷や東京23区はほぼ壊滅し、何十〜千兆円の被害総額が出るほどの規模です。

一年以内に復興するのは難しいでしょう。

それほど襲撃と戦闘が激しかったことを物語っています。

日本の歴史においても類を見ないほどの大損害になりました。

被害は建物だけではなく、人的被害も相当なものでした。

多くの一般人が犠牲になり、数えるとキリがないほどです。

戦闘に巻き込まれたり、呪霊に襲われて命を落とした者と様々です。

犠牲になったのは一般人だけではなく、多くの呪術師たちもでした。

呪術師のトップクラスの一級の人たちの犠牲も少なくありません。

さらには、最強の呪術師・五条悟は脱落し、日本が壊滅する危機にもなりました。

七海建人や禪院直毘人は死亡し、冥冥は弟と共に国外へ亡命、東堂葵は左腕を失ったことにより術式が使用できなくなりました。

他にも狗巻棘や禪院真希、猪野琢真といった実力のある呪術師が怪我を負い、補助監督にも死傷者が出ました。

肝心の乙骨はかなり遅れて登場します。

彼が現場に到着すると、すぐに除霊が行われ、少女を守ります。

そして、禪院直哉と相手をしている虎杖悠仁と脹相の前に立ち塞がりました。

虎杖は一瞬五条悟がいると錯覚したようで、乙骨の呪力量の多さが以前より増しています。

また、乙骨は登場の直後に高い所から飛び降りますが、着地した部分のコンクリートが破壊されてしまったのでパワーが桁違いにアップしたと見受けられますね。

虎杖は脹相と一緒に乙骨から逃げるものの、乙骨に追いつかれてしまい、そのまま肉弾戦に突入しました。

乙骨は、類を見ないほどに強い虎杖を上回る戦闘能力を発揮して、彼を追い詰めていきました。

途中で刀を折られるものの、折本里香が顕現されて虎杖を捕獲し、胸に刀を突き刺して倒しました。

 

まとめ

以上、呪術廻戦・乙骨憂太の現在と戦闘シーンを紹介してきました。

乙骨憂太の現在はミゲルと共に海外に行っていたので当分は登場しませんでしたが、渋谷事変の直前に日本に帰国しました。

彼の活躍した主な戦闘シーンは、海外に行く前の里香が呪いから解放された百鬼夜行と帰国後に虎杖と対決をして倒した渋谷事変でした。

特に虎杖との戦闘シーンは、百鬼夜行のときよりも遥かにパワーアップしているのでとてもカッコ良くなっています!

今後の呪術廻戦の展開がどうなるか楽しみですね!

(Visited 111 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です