ドクターストーン氷月復活シーンがかっこいい!司を裏切った過去がある。

ドクターストーン氷月復活シーンがかっこいい!司を裏切った過去がある。
Pocket

こんにちは、たかろうです。

今回は、130話で復活した氷月について紹介したいと思います。

氷月は過去、敵だったはずですが、千空たちの仲間になるのでしょうか・・・?

また、再登場シーンがかっこいいと評判です。

そこで、ドクターストーン氷月復活シーンがかっこいい!司を裏切った過去があるということを紹介します。

それでは最後までご覧ください(⌒∇⌒)

ドクターストーン氷月復活シーンがかっこいい!司を裏切った過去がある。

気になるのが・・氷月っていいやつなの??

false
false
false
false
氷月くんのかっこいいところ
最低なところ
ちょっと抜けてるかわいいところ
全部好きです…!!

氷月復活シーンがかっこいい

敵だった氷月が復活するシーンがかっこいいというので、その129話はどんな話だったか紹介します。

主人公がピンチの時に登場するのはかっこいい!
false
false

 

氷月復活シーン:129話

島一帯を石化光線で包もうとするイバラに対し、千空たち科学王国は頭首像を狙う奪還チームと時間を稼ぐ時間稼ぎチームに別れました。

ペルセウスに乗り込んだ時間稼ぎチーム。

そこに向かってくるのは石化王国最強の戦士モズ。

先ほど対峙した時とは違い本気で千空たちを殺そうとする顔ですね。

「早ぇんだよ来んのが、今度こそ逃げ場も交渉もねぇぞ」

と千空が冷や汗をかきながら現状を分析します。

モズは、銃を構えている陽にとびかかります。

陽は、銃を撃とうと指先に力を込めます。

妖術使いは指で一瞬操作が入るからその隙に倒せばいいと分析していたモズ

「んー、君じゃん妖術使い、見たよ指」

と陽に詰め寄り、一撃で陽を海に叩き落しました。

戦士金狼がモズに挑みますが、一撃で倒されてしまいます。

倒れた金狼を連れ船内に逃げ込む千空たち。

ニッキーがモズの前に立ちふさがりますが、まるで相手になりません。

そのまま船内の奥へ奥へと追い込まれていきます。

モズを先頭に石化王国の戦士たちに取り囲まれてしまいました。

後ろのほうからイバラがやって来ます。

「ハイハイ、侵入者くんたち!

よく頑張ったね、おじちゃん感動しちゃった」

「そろそろ終わりにしよっか」

千空は諦めたように目を閉じます。

「追い込まれたんじゃあねぇ、追いこんでいただいたんだよ

はるばるこの部屋にな」

と復活液を部屋の奥にあった倉庫に投げ落とす千空。

覚悟を決めた千空が

「これだけは使いたくなかった最後のジョーカーだ」

と話す奥で、石化からの復活の光が漏れています。

イバラたちには鉄という科学の扉に阻まれて開けられなかった倉庫。

その倉庫を針金でゲンが開けます。

他に手がないことがわかっている金狼が金の槍を手渡します。

「託すぞこの金の槍を

氷月(ひょうが)・・・!!!」

false
false
そう簡単に復活させて良かったのかしら??

しかし!かっこいいシーン頂きました。

 

氷月、司を裏切ったのか?

氷月はもともと「司帝国」で二番手といったところでしょうか?

また「管槍」と呼ばれる特殊武器の使い手でもあります。

その戦闘能力は人類最強の獅子王司に匹敵します。

 

氷月の性格

口調はですます調で、「ちゃんと」から始まる「してます」「しましょう」等の優無を確かめる口癖がある。

他人は基本的に「クン」付けで呼ぶなど物腰こそ丁寧を装っている。

しかし、頭が悪い人間を見下しているようです。

たとえ部下であろうとも事あるごとに嘲笑いながら「脳が溶けている」などの暴言を平気で言い放つ。

氷月は自部の部下であろうと「使い捨てにしたってどうでもいい連中」と思っているようです。

一方で、地形や物事を俯瞰的に見る冷静さや、自分の狂気や慢心をある程度抑えたうえで、相手の手腕や行動などを見つめる理知を持ち合わせている。

 

氷月は何故拘束されていた?

冷酷さに加え、司以上の過激思想の持ち主で、このストーンワールドは無能を間引くための世界と言っています。

そして、司が石神千空との和解しようとしたら、司を裏切り、奇襲により致命傷を与えた。

しかし、千空と司の奇策に敗れ、現在では拘束の身となっていた。

 

まとめ

ドクターストーン氷月復活シーンがかっこいい!司を裏切った過去がある。

今回は、130話で復活した氷月について紹介しました。

氷月は過去、敵だったはずですが、千空たちの仲間になるのでしょうか・・・?

また、かっこいい再登場シーンを紹介しました。

ドクターストーン氷月復活シーンがかっこいい(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPアニメ公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP