【進撃の巨人】ジャンは最終話までに死んだ?実は一番まとも!

Pocket

人気アニメ「進撃の巨人」に登場するキャラクターの一人、「ジャン・キルシュタイン」

ジャンは、自分に対して非常に正直な反面、自己主張が強く周囲と軋轢を生みやすい性格をしており、周囲と対立することもしばしば。

ファンの間では、ジャンが一番まともと言われるほど最も一般人に近い感覚を持っているキャラのため、感情移入がしやすく親しみやすいキャラです。

「進撃の巨人」では人気キャラがたくさん死んでいます。

そこで、ジャンは死ぬのか心配になっているファンも多いでしょうね。

今回の記事では、【進撃の巨人】ジャンは最終話までに死んだ?実は一番まとも!についてまとめました。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

 

ジャンは普通代表(訓練兵団を6位で卒業したり調査兵団に入った時点で普通・まともじゃないだろって話はとりあえず置いておく)
まさぞう
まさぞう

 

【進撃の巨人】ジャンとは?

  • 身長:175cm
  • 体重:65kg
  • 年齢:15歳(12歳で第104期訓練兵団へ入団→19歳(マーレ編以降))
  • 出身地:ウォール・ローゼ南端トロスト区
  • 誕生日:4月7日
  • CV:谷山紀章

 

第104期訓練兵の一人であり、6位の成績を持つ少年。

色味の薄い金髪(茶髪)を刈り上げた髪型をしており、刈り上げ部分は色濃い茶色である。

切れ長の鋭い目つきが特徴で、本編内で「悪人面」とまで言われる事も。

また、面長らしく、エレンは「馬面」と評していた。

Blogout
ジャン、
馬面とか言われてるけど、私はイケメンだと思う。背も高いし。

 

リーダーの素質

ジャンは、どんな状況下でも常に現状を理解しつつ最善の道を見出し、仲間たちの恐怖と戦う心情を汲み取りながらも自ら率先して行動し率いる事ができ、リーダーとしての資質に優れている。

判断力と統率力の高さは新リヴァイ班の中でも随一であるが、アルミンのような具体的な状況の打開策を見出す発想力はない。

超大型巨人との戦いでは、読みが外れたパニックで的確な指揮ができなくなったアルミンから指揮役を引き継ぎ、エレンたちを指揮してアルミンが超大型巨人を倒す方法を見出すまで戦闘を指示し、最終的に超大型巨人を打ち破った。

 

【進撃の巨人】ジャン死ぬかと思われたシーン

前線で戦い続けるジャン。

幾度ともなく巨人との戦闘で死地を潜り抜けてきました。

巨人との戦闘でジャンが死ぬかと思われたシーンはありませんでした。

しかし、憲兵団の人に殺されそうになっています。

アルミンが馬を操り、ジャンはその荷台に。

憲兵団の人間が2人を始末しようと荷台に乗り上げ、ジャンに銃を向けました。

「パン!」という銃声がしたところで一旦途切れ、もしや、と思われました。

しかし、死んだのはジャンに銃を向けた憲兵団の方でした。

 

【進撃の巨人】ジャンが死ぬ伏線

 

原作漫画217において・・

最後の晩餐風が全員死ぬという死亡フラグ

【進撃の巨人】ジャンは最終話までに死んだ?実は一番まとも!

13人の描写が最後の晩餐を思わせるものなら、近いうちに全員死亡。

ジャンがミカサと家庭を作る想像も死亡フラグ。

その宴で、アニとライナーからマルコの死の真相を聞くジャンたち。

「俺達はまだ何も話し合ってない」というマルコの最期の言葉を知った際には、その言葉通り「俺達はロクに話し合ってない」と一度は怒りを抑えるが、ライナーが謝罪と言い訳を繰り返したことで激昂。

【進撃の巨人】ジャンは最終話までに死んだ?実は一番まとも!

ライナーを殴りつける。

その時、ライナーを庇ったガビを誤って蹴ってしまったことで冷静になる。

その後、自身も世界を救うという正義の基に仲間を多数殺害。

「地鳴らしを止めるためならなんだってする」と決意を固めると同時に、ライナーと同じ罪を背負い込み、「自分にはお前を責める資格なんてなかった」と彼に謝罪した。

 

原作漫画の136話において・・

コニー「奇跡が起きなければ、俺たちあそこで死んでいただろ!?」

ジャン「ああ・・何も果たせないまま・・」

と答えています

そして、

【進撃の巨人】ジャンは最終話までに死んだ?実は一番まとも!

ジャンはエレンを殺すことを決意しました。

ジャンはエレンを殺すことのできる首に巻かれた起爆スイッチに一番近い位置にいます。

ということで、ジャンが起爆スイッチを押すのでしょう。

ジャンはエレンとともに死ぬ覚悟で起爆のスイッチを押す。

エレンは爆発して死ぬかと思われたが・・死んでおらず。

爆発に巻き込まれたジャンだけが死ぬ・・

そういう展開が予想されます。

 

【進撃の巨人】ジャンの死をネットの考察

 

【進撃の巨人】ジャンまとめ

人気アニメ「進撃の巨人」に登場するキャラクターの一人、「ジャン・キルシュタイン」

ジャンは、自分に対して非常に正直な反面、自己主張が強く周囲と軋轢を生みやすい性格をしており、周囲と対立することもしばしば。

ファンの間では、ジャンが一番まともと言われるほど最も一般人に近い感覚を持っているキャラのため、感情移入がしやすく親しみやすいキャラです。

「進撃の巨人」では人気キャラがたくさん死んでいます。

そこで、ジャンは死ぬのか心配になっているファンも多いでしょうね。

今回の記事では、【進撃の巨人】ジャンは最終話までに死んだ?実は一番まとも!についてまとめました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

(Visited 18 times, 1 visits today)