私たちはどうかしているネタバレ結末1巻あらすじ|再会から常連の注文

私たちはどうかしているネタバレ結末1巻あらすじ
Pocket

こんにちは、この記事はネタバレ内容を含みます。

私たちはどうかしているあらすじは・・・

七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。

しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。

15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。

二人は和菓子の腕を競って対決することに。七桜の人生を狂わせた椿。

その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。

七桜をかつて幼なじみとだは気づいていない椿。

思いもよらない言葉に七桜は!?

私たちはどうかしているネタバレ結末です(^▽^)/

私たちはどうかしている3巻ネタバレ結末>>
私たちはどうかしている全話ネタバレ>>

 

私たちはどうかしているネタバレ結末1巻

私たちはどうかしているネタバレ結末1巻

主人公の七桜と椿の出会いから、そこで起こった忌々しい出来事が描・・・・。

15年経った今、七桜は母親と同じ和菓子職人として奮闘した・・・

「私たちはどうかしている」ネタバレです。

 

出会い

七桜が「椿」と出会ったのは5歳の春、和菓子職人である母親が住み込みで働くことになったお店に連れられて行ったとき・・・

七桜の名札を見た椿が

「あ!”さくら”だ。」

と言うので、椿の母親は

「椿さん、あれは「お」と読むのよ。「なお」ちゃんよ」

「でも「さくら」がいいよ。僕と同じ春の名前だ」

と椿が笑顔で言ってきた・・・

創業400年の歴史を持つ和菓子屋”光月庵”の

一人息子の椿は人懐っこくて、身体が弱くて病気がちだった七桜には彼がとても眩しく見えた。

病気でいつも外で遊ぶことのできないでいた時の七桜はその頃、世界が皆灰色に見えていた。

そんな時、椿がお菓子作りを一緒にしようよと七桜を誘ってくれた。

七桜の母親が一緒について和菓子を作るのを教えてくれて、初めて自分で作った”桜の和菓子”が出来上がったのを見た時のことを今でも鮮明に・・・・・・

その時、七桜の世界に色がついた。

それから七桜は桜色の和菓子に興味を持つように・・・

ある日、目覚めると母親がいないので

七桜は屋敷中探し回りました。

探して探してそして庭中に咲いた椿の花の先に見えた光景は・・・

椿の父親が血を流して倒れているところに、

椿がその血を浴びて立っている姿でした・・・

その後、七桜の目の前で母親は警察官に連れていかれた。

この日、七桜は光月庵を追い出された

15年後、

茶道・佐山琉、佐山家にて

真由は七桜に結婚式の引き出物のお菓子を作ってほしいなと言ってきました。

一生一度の式だからぜひ七桜に頼みたいと言われ、七桜は嬉しくなりました。

ぜひやらせてほしいと言うと、彼の方もお茶の家元の長男で

贔屓にしているお店に頼みたいと言っているようでした。

なので今度良家が揃うお茶会で両方のお菓子を試食して

それでどちらにするか決めようと言うことになったと聞かされた七桜は

「私にもチャンスがあるってことですね!」

と意気込みました。相手はどこですか?と七桜が聞くと・・・

「金沢のお店よ。ほら有名な・・・光月庵」

そう聞かされて、七桜は嫌な思い出がよみがえりました。

そして・・・七桜はその話を断ってしまったのです・・・

店に帰ると、先輩に

「おまえ佐山家のお茶会断ったんだって?

まぁ、でもそりゃそうか。テーマは「桜」だっけ?

お前使えないもんな。ほんと職人として致命的だろ。

赤い色が怖いなんて」

婚礼菓子を作ってくれないかと頼まれた七桜でしたが、

対決する相手があの”光月庵”だと聞き、断る事に・・・

しかし、見ず知らずの男性から「母親から預かった手紙」を渡されて

その内容を読んだ七桜は光月庵と対決することを決意したのだった。

 

結婚しよう

金沢・梅田流家元

「本当に良かった。七桜さんに引き受けてもらえて。

準備が整うまで客室で待ってもらえますか?

光月庵の方も見えてるので」

向こうは自分に気づきはしないだろうと・・・

この奥ですと言って通された部屋にいたのは・・・

「椿」だった・・・・!

七桜が驚いて呆然と立ち尽くしていると、

「早く締めろ。菓子が乾燥する」

この人にまた人生を狂わされてしまうなんて、

双方用意が出来、皆の前でお披露目実食の時。

「光月庵の高月です」

椿がそう言って挨拶をすると、続いて七桜も慌てて

「あ は花岡です」

と挨拶をしました。すると、七桜の名前を聞いたことのない

「どちらのお菓子からいただきましょうかね」

と言われたその時・・・

「おそれながら・・・光月庵は長年梅田様にご贔屓にしていただいております。

後回足にされたとあっては店に戻ったとき、報告ができません」

と椿が言うので、では光月庵からいただこうかということになりました。

「光月庵さんのお菓子がいただけるなんて楽しみだわ」

「でも、やけに若い職人さんじゃない?

もっとベテランの方がよかったわ」

とヒソヒソ声が聞こえてきました。

しかし・・・椿の出したお菓子を見て、そこに居る全員が目を奪われざわつきました。

「これは・・・また・・・」

「なんて綺麗なお菓子なの」

「色が素晴らしいな。3つとも色が少し違うぞ」

すると、椿はこう説明し始めました。

「菓名は”薄墨桜”となります。

薄墨桜は特別な桜です。蕾の時は薄紅色、やがて満開になり白色に、

最後は淡い墨をひいたように色を変えて散るのです。

結婚という一生一度の晴れのお祝いに、ありきたりの桜では意に沿いません。

唯一無二 特別な華やかな物でなければ。

美しいという感想は不要でございます。そうでなければ和菓子ではありませんので。」

「すばらしいわ。こんな微妙な色が出せるなんて信じられないわ。」

「菓子作りの出来に年齢は関係ありません」

これが椿のお菓子なんだ・・・と横で見ていた七桜は感心しました。

「花岡さん。そちらのお菓子もいただけますか?」

そう言われた七桜は「こちらに・・・・」と言って

自分の作った菓子を差し出しました。

すると・・・

「えっ・・・・・」

皆はまさかというような驚いた。

「は・・・花岡さん。テーマは”桜”ですよ?この色は・・・」

「緑色のお菓子、菓名”葉桜”です。

確かに桜が一番華やかなのは一面ピンク色に染まる花は咲くときだと思います。

しかし、やがて春の嵐が吹き荒れて美しい花は散り、それを待っていたかのように葉が茂り、日々緑は濃くなってやがて新緑の季節が訪れます。

そうやって月日を重ねてもお二人がいつまでも仲睦まじくありますように。

末長くお幸せに。本当におめでとう真由さん」

その説明を聞いた真由は目から涙が溢れました。

 

「”葉桜の下帰り着て魚に塩”ねぇ、あんたさ俺と結婚しない?」

腕を掴んできた椿が目をみて突然そんな事を言ってきました。

七桜が固まって動かないので

「冗談。忘れて」

そう言って手を放しました。去っていこうとする椿の背中へ向かって

「いいよ。しましょう 結婚」

 

結婚式

「僕の客だ。」

そう言って、招待客の手を七桜から離し

「で、手土産は?」

と七桜に言ってきました。

「どうぞ。羊羹でございます」

そう言って出してきた七桜に

「羊羹?!結婚のお祝いよ?なのに真っ黒な羊羹?!」

招待客がざわつく中、

「中に何も入ってないんだな。菓名は?」

と椿が聞いてきました。そう聞かれた七桜はこう答えました。

「”新月”です。月の夜・・・とくに満月はことさら美しいものです。

羊羹も栗を入れて漆黒に浮かぶ黄金の輝きを称えたりもします。

でも、月のない夜は星のまたたく光がより綺麗に見え、

花は一層その香りを増し、夜そのものが豊かにその本質を見せてくれます。

この羊羹も羊羹そのもののおいしさを味わっていただきたい。

そんな思いを込めました。どうぞ味わってください。」

この菓子に込めた七桜の思いは、

月が無くても”光月庵”がなくても和菓子の世界は美しい。

この店は特別じゃない。

と言う意味でした・・・

「あんた・・・やっぱり面白いな」

椿はそう言って笑うと、

「僕はこの人と結婚する。」

 

共犯者

「味・品質・どの面からも皆さまに満足され、認められる和菓子屋。

そんな理想の店に致します。からなずお約束いたします」

と続けました。

大旦那は頭を上げ、椿の方へ歩み寄りこう言いました。

「まだまだ子供だと思っていたら、大きくなったものだ。

生意気を言うようになった。半人前のくせに。

そこまで言うなら3ヶ月で成果を出してみろ。

できなければこの娘とここを去れ!」

ーーーその夜、2人きりになったとき

なんで15年前のこと知ってるんだ?と聞いてきました。

「ネットでで噂されたから。旦那様は殺されたんじゃないかって。

嫁ぎ先がどんな所か少しは知っておきたいから」

と答えた七桜に椿はこう言いました。

「あんたの羊羹・・・その通りだよ。

一番美しい和菓子。でも中身は”あん”じゃない。

汚い泥が詰まってる。それがこの店だ。

でも新月は見えてないだけで、月がなくなったわけじゃない。

満ちてまた輝きだす。輝かせて見せる この手で。

近いうちに必ずこの店を俺のものにする」

それを聞いた七桜は

「だから私みたいな女を嫁にするって言ったわけ?」

と聞きました。

「親戚連中の顔ときたら傑作だったからな。

宣戦布告するには最高の演出だっただろ?」

でも傷ついた人もいる・・・と七桜が花嫁のことを思ってそう言うと、

「あんただって俺を好きでここに来たわけじゃないだろ?」

と言われました。そう言われた七桜は

自分もこの家に入るために人を欺こうとしていることは椿と同じだと思いました。

今住んでるところから整理が終わったらすぐに引っ越してこいと言われた七桜は

「その必要はないわ。私には何もないから。家も家族も・・・

荷物も今ここにあるものがすべて。

今日からお世話になります」

2人の関係に名前を付けるとしたら『共犯者』だと七桜は思いました。

 

嘘をついている

「おい もう6時だぞ。早く来い」

椿が部屋を開けた。

厨房へ行くと、もう職人たちが仕込みに入っていた。

「光月庵の心臓だ」

そう言って、職人の山口と富岡、あと見習いが5人いる

「だ 誰だ?!白藤屋さんの注文を明日受けたのは?!」

職人の富岡が焦ってそう言うと、

「どうしたんです?」

と椿が声を掛けた。

「祈晴祭の日に白藤屋さんの注文が入ってるんです。

明日は一切の注文を受けるなってみんな知ってるはずなのに」

すると、後ろから

「私です。私が受けた。偶然注文の電話があったので」

と七桜が答えた。

「なっなんてことをしたんです!もんな祭りにかかりっきりで、

お菓子を白藤屋さんに届けることが出来ませんよ」

と言う富岡に

「じゃあ私が届けます。私は祭りの人手には入ってないですし」

と七桜が言うと・・・

「駄目だ。白藤屋さんは大切なお客さまだ。僕が届ける」

と椿が言いた。椿がまさかそんな事を言うなんて計算外だった七桜は焦ります。

「椿さん。祭りにはこのたりの地主が皆集まるのよ。

あなたが顔を出さなかったら跡取り失格と見做されますよ」

椿の母親がそう言ってきたが、

「皆は予定通り仕事をこなしてください。

こんなことで騒ぎ立てるなんて光月庵で働くものとしてみっともない」

と言って去って行きた。せっかく作ったチャンスなのに!と思った

七桜はそんな椿を追いかけた。

「待って!信じて椿さん。白藤屋さんにはしっかり届けるから。だから・・・」

七桜がそう訴えると、椿は七桜を壁に追いやりこう言いた。

「何を信じるんだ!勝手なことをしておいて。

お前は言われたことだけしてればいい!」

そう言って睨んでくる椿に七桜はこう言った。

「白藤屋さんが注文するお菓子は先代からずっと同じ・・・

藤の花を模した上生菓子です。

藤には子孫繁栄の意味があり、家族で店を守ってらっしゃる白藤屋さんの心根。

”あん”は白あん、形は商売である衣を象ったもの。私にも作れます。

信頼を大事にする店は注文を断るなんてしないでしょう」

そんな風に言う七桜の目をじっと見た椿は

七桜から手を放し、

「分かったお前に任せる。でも、菓子は俺が作る」

と言うので、祭りのお菓子はどうするの?と七桜が言うと

寝なければ作れると椿は答え、厨房に向かいた。

その姿を見た七桜はお客さんの事は大事に思ってるんだと思いた。

でも、これで白藤屋さんのところに行けると七桜はほっとした。

翌日

「では行ってまいります」

そう言う七桜に

「すこしでも粗相があったら許さないからな」

と椿が言いた。

言われなくてもうまくやる。そのために行くんだからと

七桜は白藤屋に向かいた・・・

「このたび光月庵の長男の椿さんと結婚することになりた。七桜と申します。

突然押しかけてしまい、申し訳ありません。」

これつまらないものですがと言って、椿が作ってくれたお菓子を渡した。

緊張してからなのか、着物がきついからなのか息苦しく感じた。

今日母親のことが聞けなくても、落ち着いてうまくやっていれば何回か通わせてもらってる間に聞ければいいのだからと七桜が思っていると、

「きゃー!!」

使用人の叫び声が聞こえたので、七桜は驚いてそこへ駆けつけた。

「どうかされた?!」

そう声を掛けると

「お お菓子が・・・・」

使用人がそう言うので、七桜が渡したお菓子を見ると

なんと何かで真っ赤に染まったお菓子がそこにはあった。

「光月庵さん!挨拶のお菓子がこんなことってどういうことなんです?!」

白藤屋の女将が真っ赤な顔で七桜にそう言いた。

赤い色を見てしまった七桜は、動悸がして息も苦しくなり過呼吸になりた。

その時・・・・椿が現れた!!

「椿さん どういうことなんですか?」

女将が椿にそう聞くと、椿は七桜を抱き上げながら

「罰ですよ。彼女は嘘をついていたようなので」

 

私たちはどうかしているネタバレを紹介しました。

私たちはどうかしているネタバレあらすじ、

↓私たちはどうかしているをネタバレでは満足できないなら↓
ebookjapan【公式】

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

私たちはどうかしているを読むならebookjapanがおすすめ

漫画ネタバレが嫌いな人はebookjapanで漫画を読むことをお勧めします。

ebookjapanをおすすめする最大の理由はなんといっても、取り扱っている電子書籍の数がとても豊富だということ。

なんと21万作品以上もの電子書籍を取り扱っています。

取り扱っている電子書籍のジャンルは漫画が中心。
小説やビジネス書などを読みたい方にはあまり向いていないかもしれませんが、私たちはどうかしているネタバレあらすじを知りたい人だけでなく、漫画中心に読みたい方にはとてもおすすめできるサービスだと言うことができます。ネタバレでは物足りないあなたへ・・・・

Tポイントが貯まる

電子書籍を購入する度にTポイントが貯まります。

また電子書籍の購入するときにTポイントで支払うこともできます。

 

Yahoo!プレミアム会員はさらにお得

スマートフォンをソフトバンクやワイモバイルで契約している方は、自動的にYahoo!プレミアム会員になっています。

Yahoo!と共同で運営しているサービスであるため、Yahoo!プレミアム会員には特典が豊富なのも特徴です。

なんと、毎週金曜日に電子書籍を購入すると20%相当が還元されます。

例えば2,500円分の電子書籍を購入した場合、500円相当が還元され、実質2,000円程度で購入したのと同じことに。

Yahoo!プレミアム会員の方で電子書籍サービスを探している方は、ebookjapanの利用がもっともお得になるでしょう。

私たちはどうかしているネタバレ結末あらすじ

↓Yahoo!プレミアム会員はこちら↓
ebookjapan【公式】

無料の電子書籍も充実しているので、課金したくない人にも安心

有料の電子書籍だけでなく無料の電子書籍もとても充実しています。

そのためあまり課金したくない…と言う方にもおすすめです。

無料の電子書籍の中で特集が組まれていたり、ランキングが表示されていたりするので、気になる作品を見つけられることでしょう。

 

まとめ

私たちはどうかしているネタバレ結末

私たちはどうかしているネタバレ結末あらすじをまとめました。

漫画ネタバレが嫌いな人はebookjapanで漫画を読むことをお勧めします。

最後までネタバレをお読みいただきありがとうございました^^

私たちはどうかしている2巻ネタバレ結末>>

出典:私たちはどうかしている公式ガンガンオンライン