東京卍リベンジャーズ237話最新ネタバレ確定|関東卍會に負けねぇチーム

東京卍リベンジャーズ237話最新ネタバレ確定
Pocket

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

タケミチは自分のチームを作ると決めました。

最初に誘ったのは千冬。

千冬は待っていたと言い、チーム名は「サウザンドウィンターズ」にすると・・

本当にこの名前で決まるのですか?

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ237話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

東京卍リベンジャーズ読んだら  悲しくなった タケミチには  頑張って欲しいな

東京卍リベンジャーズ238話ネタバレ>>

ここでこれまでの東京卍リベンジャーズを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そして漫画を読むならお得に読みたいですよね?

漫画を無料で読める違法海賊版サイトもありますが、ウイルスに感染してスマホが使えなくなってしまったり、違法ですので最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

Manga rawは東京卍リベンジャーズを無料で全話読める違法サイト

U-NEXTは公式のサイトなので安全です。

そして今だけ31日間無料トライアルキャンペーンを実施しており、その間に漫画を1冊無料で読めてしまうポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなく東京卍リベンジャーズのアニメも無料で見れてしまうんです!

東京卍リベンジャーズ

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料で東京卍リベンジャーズ最新刊を読めます!

東京卍リベンジャーズ

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく東京卍リベンジャーズをすぐに無料で読むことができます。

今すぐ東京卍リベンジャーズを読み直したいと思ったら・・・・・

 

\ たったの登録5分で完了 /

>>東京卍リベンジャーズを今すぐ読む<<

 

東京卍リベンジャーズ237話展開考察


『東京卍リベンジャーズ』237話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

マイキーが闇落ちした理由

漫画「東リべ」(東京リベンジャーズ)のマイキーはタケミチが何度もタイムリープを繰り返してもどこかで闇落ちしてしまいます。

ですが、仲間のために怒る、仲間のためなら闇落ちもする。

マイキーと仲間たちの絆は相当熱いものでしょう。

彼が羽宮をボコボコに殴ってるときのような”黒い衝動”は後にも何度も引き起こします。

果たしてタケミチはマイキーを救うことができるのでしょうか?

 

ひよっている奴いる?

[東リべ]マイキーの名言「ひよってるやついる?」が多くの若者に突き刺さり、自分もかっこいいなと心動かされました。

マイキーはビビるという意味で使ったのか、それとも様子見の意味で使ったのかは不明ですが、行動力があり、仲間思いで男前のマイキーなことに変わりはありません!

東リべの主人公タケミチも未来を変えるためにすぐ行動する姿勢がかっこいいなと思います。

もし彼が「ひよってるやつ」だったら物語はすぐ終わってしまっていたでしょう。

現実では行動力がない人が多いですが、もしマイキーが現実にいたらその人たちにこう言ってほしいですね。

行動しなきゃ何も変わらないと分かってるのにひよってるやついる?いねえよな!と。

 

ヒナが六波羅単代のメンバーになる?

SNSでヒナが六波羅単代のメンバーになる?と話題になりました。

ただしこれは単なる噂にすぎませんでした。

噂の出所は漫画アプリの「マガポケ」に寄せられたコメントからだそうです。

原作の第216話でタケミチが瓦城千咒とデートしている描写があり、

  1. ヒナがタケミチと瓦城千咒とのデートを目撃し激怒。
  2. その後ヒナが六波羅単代のメンバー入りして抗争を始める。

と展開を予想したのでしょう。

そして噂が広まったのだと思われます。

他にもTiktokやYoutubeでヒナが六波羅の特攻服を着てる動画がありますがあれは100%コラで、噂から聞いて想像して加工したのだと思います。

 

六破羅単代の所属メンバー

総代 寺野 サウス
首席 鶴蝶(カクチョー)
第弐席 灰谷 蘭
第参席 灰谷 竜胆
第肆席 望月 莞爾
第伍席 斑目 獅音

総代の寺野南(てらのさうす)率いる東京最大のチーム六波羅単代。

関東卍會、梵と合わせて「三天」 と呼ばれています。

そんな六波羅単代のメンバーを紹介します。

 

総長・寺野南(てらのサウス)

ブラジル・リオにある貧民街の出身で、身長が185㎝あるドラケンを見下ろすほどの高身長。

”無双のサウス“と称されるほどの実力で、殴るときに「フォルテ」、「フォルテシモ」と音楽絡みの掛け声を出します。

 

首席・鶴蝶(かくちょう)⠀ ⠀⠀

主人公タケミチの幼馴染で、かつては争いごとを好まない良心的な性格ですが、孤児院で一緒だったイザナに出会ったことがきっかけで不良になりました。

イザナには「王」として尊敬していました。

 

灰谷兄弟(はいたにきょうだい)

兄の灰谷蘭は容赦なく相手の顔をボコボコにし、死なせてしまったことがあるという冷酷な人物で、弟の灰谷竜胆は関節技が得意とし、兄とうまいコンビネーションで敵を追い詰めます。

 

望月莞爾(もちづきかんじ)

天竺の四天王の一人で通称モッチーとして知られ、タイマンでの戦いを好みます。数多くの相手を1発で倒すほどの強者です。

 

千咒の死亡説

東京リベンジャーズ196話で登場したマイキー率いる梵天のメンバー。

そこで初登場した明石武臣は相談役でしたね。

過去では、梵(ブラフマン)のナンバー2で千咒の兄でした。

千咒がトップでした。

しかし、現代の梵天のメンバーの中に、瓦城千咒の名前がありませんでした。

216話のタケミチの頭に浮かんだシーンで死亡したように見えました。

やはり、千咒の死亡は濃厚なのでしょうか?

 

千咒が死なない説

現代では、千咒の存在が確認できていません。

タケミチが過去に戻った時、千咒からアイスの棒を受け取った瞬間に見覚えのない光景がフラッシュバックのように脳裏に浮かびました。

雨の中、血まみれで倒れている千咒、「約束は守ったぞ」と最期の言葉。

タケミチが千咒を抱きかかえ号泣。

この場面から千咒が死んでしまった様子がわかります。

過去を変えてきたタケミチですが、千咒が死なない未来を作ることはできるのでしょうか?

今までの東京リベンジャーズからすると、過去に死んだ人は死んだままのようです。

馬地もエマちゃんも死んだままなので、千咒の死は免れないでしょう。

 

 

 

 

東京卍リベンジャーズ237話考察ネットの声

 

東京卍リベンジャーズ237最新ネタバレ確定

東京卍リベンジャーズ237話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

 

 新チーム

始動したタケミチたちの新チーム。

八戒を勧誘に来ています。

「わかった、入るよチーム」

と八戒は一瞬でタケミチのチーム入りを快諾します。

タケミチは無理なお願いだってわかってるからもっと時間かけて悩んでもいいと言うが、八戒は

「タケミっち、オマエはオレをわかってねぇな」

「オマエが頼ってきたらオレがついていかねぇワケねぇだろ?」

と言います。

千冬がサウザンドウィンターズのTシャツを渡します。

そこには雪の結晶の中にネコの顔のマーク!

千冬はこれが特攻服だと誇らしげに言います。

八戒はこれ着て関東卍會と戦うの?とドン引き!!

千冬は

「かっけぇだろ?オレのセンスが迸っちまった」

と得意気だったが、タケミチが

「千冬、それぐらいでいいんじゃないかな?ユニフォームの話は」

と言う。

タケミチが

「よし、まあとにかくこれで3人」

と言うと、八戒が

「まだまだ3人だけどさ、ワクワクすんね、チームって」

と言い、千冬は関東卍會とぶつかるならもっと人数増やさねぇと言います。

タケミチはほかに誘える奴いるのかと2人に尋ねると、3人ともフリーズ(笑)

どうやら友達がいないらしい(笑)

が、タケミチに1人アテがあるらしい。

 

イヌピー

タケミチたちはドラケンのバイク屋に来ていた。

すると、イヌピーが店から現れる。

タケミチが

「ドラケン君に託されたんです、マイキーを頼むって」「オレは関東卍會と戦います」

「サウザンドウィンターズはそのためのチームです」

「お願いします、イヌピー君もついてきてくれませんか?」

と伝えると、イヌピーは

「頼まれるまでもねぇ、オレがオマエを選んだんだぜ」

と了承した。

 

三天戦争は終わった

三天戦争の日。

バイク屋のドアをたたくココ。

マイキーにやられたタケミチを担いでいます。

「コイツを、病院に」

とイヌピーの元に連れて来ていた。

タケミチを車で病院に連れて行き、イヌピーが

「いったい何があったんだ!?」

と事情を尋ねると、ココは

「花垣はマイキーにやられた」

「コイツだけじゃねぇ、千咒もサウスも・・三天時代は終わった」

「これからは、佐野万次郎の時代だ」

と言います。

ココは後始末をするからとマイキーの元へ戻ろうとします。

イヌピーはココに幸せかと尋ねます。

「赤音を忘れる人生もあるんだぜ」

と言うと、ココは幸せに決まってると答え

「マイキーについてりゃずっと勝ち馬に乗ってるようなもんだ」「

イヌピー、オマエはいい奴を選んだな」

と伝えていった。

 

メンバーに決まり

千冬が

「よーし、決まりだな」

「今日からイヌピー君もサウザンドウィンターズのメンバーだ、これを着てくれ」

と特攻服(Tシャツ)を見せます。

イヌピーは

「そんなダセぇモン着れるか」

と唾を吐きかけます。

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

始動したタケミチたちの新チーム。

早速八戒を誘います。

次にイヌピーも加入しました。

名前とロゴ以外サイコーのチームに!!

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ237話最新ネタバレしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『東京卍リベンジャーズ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ

(Visited 1,637 times, 1 visits today)