東京卍リベンジャーズ214話最新ネタバレ確定|ドラケンの衝撃の告白

東京卍リベンジャーズ214話最新ネタバレ確定
Pocket

東京卍リベンジャーズ最新ネタバレ確定

少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

マイキーを救うため、過去に戻った武道。

東卍解散後の世界では、〝三天〟とよばれるチームの存在がありました。

マイキーが率いている関東卍會とは別の、梵と六波羅単代というチーム。

いきなりこのチームの総長たちが登場し、新たなキャラクターの登場。

昔と変わっていないドラケンでしたが、東卍以外のチームに席を置いていました!

今回の過去編で鍵を握るのは、ドラケンか・・・?

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ214話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

東京卍リベンジャーズ読んだら  悲しくなった タケミチには  頑張って欲しいな

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ>>

ここでこれまでの東京卍リベンジャーズを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そして漫画を読むならお得に読みたいですよね?

漫画を無料で読める違法海賊版サイトもありますが、ウイルスに感染してスマホが使えなくなってしまったり、違法ですので最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

Manga rawは東京卍リベンジャーズを無料で全話読める違法サイト

U-NEXTは公式のサイトなので安全です。

そして今だけ31日間無料トライアルキャンペーンを実施しており、その間に漫画を1冊無料で読めてしまうポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなく東京卍リベンジャーズのアニメも無料で見れてしまうんです!

東京卍リベンジャーズ

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料で東京卍リベンジャーズ最新刊を読めます!

東京卍リベンジャーズ

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく東京卍リベンジャーズをすぐに無料で読むことができます。

今すぐ東京卍リベンジャーズを読み直したいと思ったら・・・・・

 

\ たったの登録5分で完了 /

>>東京卍リベンジャーズを今すぐ読む<<

 

東京卍リベンジャーズ214話展開考察


『東京卍リベンジャーズ』214話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

 

 

東京卍リベンジャーズ214話考察ネットの声

東京卍リベンジャーズ214話最新ネタバレ確定

東京卍リベンジャーズ214話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

渋滞

「この渋滞は何?」

道路は大渋滞中。

雨が降り始め、渋滞の原因は何かと車から降りてくる人も・・

その渋滞の原因は・・・梵(ブラマン)と六波羅単代の抗争・・・。

〝三天〟と呼ばれる3つのチームのうち、2つが対峙していました。

渋滞の最前線では両チームの総長が対峙し、一触即発の雰囲気が・・・

ドラケンを仲間に引き入れ、梵を潰そうと考えていた六波羅単代の総長、サウス。

しかし、梵の総長である瓦城が現れて状況が変わったと話す。

今ここで、梵を潰してしまうと言うのだ。

そんなサウスの言葉を聞いても、落ち着いている瓦城。

六波羅単代など眼中にないと言い、関東卍會との戦いに備えると返した。

「戦いの前に武道を仲間にする」

と瓦城は話したのだ。

両チームの総長の話を聞き、声を上げたのはドラケン。

「勝手なこと言うな!!」

「なぁタケミっち!!」

とタケミチに同意を求める。

ドラケンに問われた武道は、マイキーの言葉を多い出し始めた。

助けてくれ・・・。

タケミチにそう話した、現代のマイキー。

そして出した答えは・・・梵にも六波羅単代にも興味は無い・・・。

さらに、目を見開いてこう宣言したのだ!

「関東卍會の佐野万次郎を、ぶっ飛ばしたい!!」

そのためにここに来たと決意をする。

 

東卍一筋

マイキーをぶっ飛ばすと宣言したタケミチの言葉を聞き、静まりかえる両チーム。

鶴蝶はタケミチの意図を理解したようで、彼が抗争の場に戻って来た意味を知る

かつてのタケミチを知っている元天竺のメンバーは、静かに見つめていた。

暫くすると、ざわつく両チームの兵隊たち・・・。

怒りの表情を浮かべたサウスが、タケミチの眼前に立っているのだ。

〝三天〟に割って入る発言をしたタケミチに、怒りを爆発させるサウス。

三下と呼び、挑発して見せた。

その瞬間・・・宙に浮いたサウスの体!!?

声を張り上げたドラケンが、右腕を振り抜いたのだ。

なんとかガードしたサウス。

タケミチを守るため、サウスの前に出たドラケン。

第2ラウンドだと叫ぶドラケンと、サウスは嬉しそうに雄叫びを上げる。

2人は今にも、ぶつかろうとしていた。

 

撤収

睨み合うサウスとドラケン。

しかし・・・次の瞬間、サイレンの音が響き始めた。

両チームが道を塞いでいることで、警察が駆けつけたのだ。

サイレンを聞き、仕方ないと引き下がるサウス。

背を向けたサウスに、ドラケンは声をかける。

全てを東卍に置いてきた・・・。

ドラケンはそう宣言し、六波羅単代には入らないと言いきったのだ。

そんなドラケンの言葉には応えず、仲間を引き連れて去って行くサウス。

タケミチは、ドラケンの言葉に笑みを浮かべている。

彼の心は変わらず、東卍にある・・・!!

東卍に全てを捧げてきたドラケン。

そんなドラケンに近づいていくのは、梵の副総長である明司だ。

ドラケンの肩に手を置き、謝罪の言葉を口にする明司。

タケミチは2人の様子を見て、違和感を覚えた。

その後、明司の号令で去って行く梵。

 

衝撃の告白

総長の瓦城は、最後までタケミチを見つめている。

警察が近づいて来ていることもあり、逃げようと話すドラケン。

タケミチはドラケンのバイクに乗せてもらい、その場から走り去った。

ドラケンのバイクに乗り、謝罪の言葉を口にするタケミチ。

大きな事を言い過ぎたと、反省しているのだ。

そんなタケミチに、お前らしくて良かったとドラケンは声をかける。

ドラケンの言葉に応えるように、安心したと返すタケミチ。

相変わらずドラケンの心は東卍にあると、タケミチはほっとしている

「言っておきたい事がある・・・。」

そう呟いたドラケンは、衝撃の言葉を口にしたのだ。

「オレは今、梵のメンバーだ・・・!!!」

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ


少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』

マイキーを救うため、過去に戻った武道。

東卍解散後の世界では、〝三天〟とよばれるチームの存在がありました。

マイキーが率いている関東卍會とは別の、梵と六波羅単代というチーム。

いきなりこのチームの総長たちが登場し、新たなキャラクターの登場。

昔と変わっていないドラケンでしたが、東卍以外のチームに席を置いていました!

今回の過去編で鍵を握るのは、ドラケンか・・・?

そこで、今回は、東京卍リベンジャーズ214話最新ネタバレしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『東京卍リベンジャーズ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ

 

(Visited 99 times, 1 visits today)