ワンピース995話最新ネタバレ確定速報|カイドウを倒して海賊王になる

ワンピース995話最新ネタバレ確定速報
Pocket

ワンピース995話最新ネタバレ確定速報していきます。

ササキの部下の攻撃を受けるモモの助としのぶ。

2人を間一髪救ったのはなんとヤマト!!

ルフィ、サンジ、ジンベエは赤鞘たちがやられる前にカイドウと対決となるのでしょうか

そこで、展開予想と考察、最後にネタバレをしていきます。

最後までお読みください(^▽^)/

ワンピース996話ネタバレ>>

 

ワンピースレ995話展開考察

『ワンピース』995話につながる展開を考察していきます。

 

ホーキンスの占い


ホーキンスの占いは、「明日までにとある男が生き残る確率」というもので、結果は「1%」でした。

ホーキンスが占うのは、ホーキンス自身か目の前にいる誰かのどちらかの場合が多いです。

そしてこの時部屋の中にいたのはホーキンスとドレークだけ。

これは、占いの結果はどちらかが死亡するというということになると思います。

たしかにこの状況は誰が死んでもおかしくはないのですが、特にドレークは海軍のスパイなので、このまま死亡する確率が高そうですね。

ドレークが死ぬとしたら、クイーンとフーズ・フーから命を狙われているので、ルフィ達の味方になっても死ぬかもしれません。

ホーキンスが死ぬとしたら、カイドウ側を裏切って、殺されるかもしれません。

 

ルフィが屋上に行くには

ルフィはカイドウと戦う気満々です。

さらに、ゾロもカイドウの元へ行くと言っていました。

この二人が組んで戦えば、カイドウを倒す可能性もありますね。

しかし、屋上に行く前にキングとクイーンを倒さなければならないようです。

さらに、ナンバーズたちも暴れています。

ルフィとゾロがそろってカイドウの元へ行くのは難しいと思います。

麦わら一味が揃ったといえ、大看板とタメ張れるんのはルフィ、ゾロ、サンジ、ジンベエでしょうか?

しかし、ウソップやチョッパーたちに何かを期待しています。

きっと、びっくりするようなことをしてくれるはずです。

キングとゾロは決着をつけなくてはなりませんね。

 

サンジのレイドスーツ

レイドスーツとは

ジェルマ66の戦闘スーツ。

これを着ると戦闘力が一気に上がる!

レイドスーツの特徴

・空飛ぶ靴がセットになっている
・攻撃力・防御力・スピードが大幅に上がる
・変身するには服を脱がないといけない

レイドスーツの能力は

ステルスブラックは、姿を消せるので
戦闘でもかなり活躍します。

また攻撃力・防御力も飛躍的に上がってます。

 

キングと戦うのがサンジ

キングはいきなりプテラノドンに変化しました。

その大きさ、サンジとの20倍以上はありそうです。

急降下攻撃はかなりの威力です。

サンジは「これはダメだあぶねえ。腹に風穴空いて死んじまう!!」と言っていた。

ルフィも「やべぇな今の攻撃」と言っていたのでかなりの攻撃力。

しかし、サンジがこのままやられるわけないですよね。

最初からレイドスーツを着ていますから、防御力の上がっているでしょう。

サンジのレイドスーツの能力は「空中飛行」「瞬間移動」「透過能力」です。

これまで、レイドスーツをサンジはあまり戦いには使ってきていないので、まだまだ真の能力を発揮していないようですね。

 

ペロスペローの目的

ペロスペローとマルコが手を組んだのでしょうか?

これは、お互いの目的のために一時的に手を組んだのでしょう。

マルコの目的はルフィの援護です。

一方のペロスペローの目的はビッグマムにカイドウとの同盟をやめさせるというもの。

一緒なのがカイドウは敵だということ。

ちがうのが、マルコにとってはビッグマムも敵、ペロスペローはビッグマムを守るということでしょう。

カイドウを倒すまでは手を組んでいるのでしょう。

 

ワンピースレ995話展開予想

ワンピース995話につながる展開を予想していきます。

 

ドレークとルフィは共闘する

フーズ・フーの策略にまんまと乗ってしまったドレークは攻撃されたことにより、クイーンとフーズ・フーの前に平伏していました。

そしてクイーンから「お前はどこの手の者だ?」と問われます。

拷問を辞さない様子のクイーンに、ドレークは何も喋るつもりはないとは言う。

しかし、このままでは殺されてしまうと思い、クイーンとフーズ・フーの前から逃げ出しました。

スパイが入り込んでいたことを許すはずもないので、クイーンとフーズ・フーはドレークを再び捕らえてどこの組織に属しているのか吐かせようとするでしょう。

ドレークは無事にクイーンとフーズ・フーから逃げ切り、海軍のスパイであることを隠し通せるのでしょうか。

案外海軍であることがバレても、なぜか海軍と共闘することも多いルフィ達はドレークをそのまま味方として受け入れそうな気もしますね。

ドレークの所属している海軍本部機密特殊部隊「SWORD」の隊員の一人にコビーがいます。

ルフィもドレークには気を許すでしょう。

そして、共闘するでしょう。

 

ヤマトとモモの助

ヤマトとモモの助が出合いました。

その時、ヤマトは自分をおでんと名乗っていました。

そのわけのわからない言動にモモの助はドン引き!!

しかし、味方であるルフィの紹介だったので、モモの助には誤解はすぐに解けるのではないでしょうか。

モモの助にとってヤマトが敵でないことが解れば二人で行動するのでしょう。

 

ヤマトVSうるティ

モモの助を捕まえるために飛び六胞がやってくるのではないでしょうか。

ヤマトはうるティと決着をつける流れになるのでは。

しかし、ヤマトはモモの助を守って闘うことになります。

きつい戦いになるでしょう。

だが、ヤマトの真の強さがわかる展開かもしれませんね。

 

クイーンの行動

サンジに助けられたモモの助

しのぶに託されましたが、しのぶもけがをしています。

そこへ、クイーンがモモの助を追ってくるのではないでしょうか。

ルフィに頼まれたことでヤマトが駆けつけてくれるでしょう。

僕の息子と言っていたので、うるティと戦うよりもそっちに行きそう。

 

魂の喪剣

フランキーとともにブルックが登場したとき、ブルックはゼウスを斬っちゃいました。

これに怒ったビックマム、狙いをブルックに定める。

それをフランキーが抑える

そしてブルックはそるそるのみで命を吹き込まれた元たちと戦うことになるでしょう。

ゼウスやプロメテウスが襲ってきます。

ブルックには手長族に鍛えてもらった魂の喪剣がある。

黄泉の冷気をまとった凍える剣であれば、そるそるのみで命を吹き込まれた者たちを斬ることができるでしょう。

ここで、ブルックの活躍が見れると思います。

 

カン十郎参戦

ワンピース986話で、お菊の手によってカン十郎は討ち死にしました。

その死にお菊と雷ぞうが涙を流し、錦えもんはその顔に編笠を被せて弔う姿が見られました。

カン十郎は死んでいないと思います

カン十郎は、「描いた絵を実体化させたり、自身を絵に変化させる」という、悪魔の実の能力者です。

自分の絵を描いて影武者を作り上げ、逃亡しどこかで反撃の機会をうかがっているかもしれません。

実際作中でも一度、自身の影武者を作り上げており、錦えもんが切り伏せるまでそれが絵であるとバレなかったということがあったので、今回も影武者である可能性が高いです。

そして、カン十郎の参戦が予想されます

 

古代兵器「ウラヌス」はどこにある?

世界に散らばる三つの古代兵器、「プルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」をカイドウとビックマムは狙っています。

島一つ沈め、世界を滅ぼすともいわれている古代兵器ですが、カイドウはそれを使って世界に戦争を巻き起こそうとしていると、部下たちに宣言しています。

現在「プルトン」も「ポセイドン」も、所在やどんなものであるかは判明していますが、「ウラヌス」に関しては所在もどんな兵器かもわかっていません。

しかしカイドウは、「この世で一番強力な”古代兵器”を手に入れる」と宣言していたことから、もうすでにカイドウは「ウラヌス」についての情報をつかんでいるのかもしれません。

ワノ国はポーネグリフ発祥の地なので、ここにカイドウが本拠地を置く理由がわかるでしょう。

 

オロチは本当に死んだのか?

カイドウの手によって首を跳ねられてしまったオロチ。

もともとカイドウはオロチのやり口が気に食わない様子だったので、オロチはいずれ裏切られる運命だったのでしょう。

しかしこのタイミングでオロチを殺すとは思ってはいませんでした。

しかしオロチは首を切っただけで本当に死ぬのでしょうか?

オロチはヘビヘビの実モデル「八岐大蛇」の能力者で、その本性は首が八つある蛇でした。

日本神話に登場する八岐大蛇は、酒を飲ませたうえですべての首を切り落として、やっと討伐することができた怪物です。

黒炭オロチも八岐大蛇と同様、首を八回斬らなければ死なないでしょう。

オロチもチャンスを狙ってこの戦いを見ているかもしれません。

カイドウに恨みのあるオロチが、赤鞘との戦いで瀕死のカイドウのとどめを刺す展開を予想します。

 

ドレークと共闘する

最悪の世代の一人、元海軍少将であるX.ドレークは現在、飛び六胞の一人として百獣海賊団にいますね。

しかし彼の真の姿は、海軍本部機密特殊部隊「SWORD」の隊長で、過去のコラソンことドンキホーテ・ロシナンテのように、カイドウの動向を調べるスパイのです。

現在も鬼ヶ島近郊の海に控えているSWORDの部下、海軍本部大佐のコビーに連絡を取って、カイドウとビックマムが手を組んだ情報を流していました。

しかし、本部の意向として「海軍は王下七武海制度廃止の後処理のために動いておりワノ国のことまで対応出来ない」とのこと。

海軍本部応援がなければ、ドレーク1人でカイドウとビックマムと戦うのは無理でしょう。

彼はこのままカイドウの仲間として立ち回るのでしょうか。

それともルフィ、キッド、ロー、侍たちと同盟を結び、ルフィたちに加勢するのでしょうか。

ドレークの動きが気になります。

完全な敵にはならないでしょうが、味方になると頼もしいですね。

 

ワンピース995話ネットの反応

 

ワンピース995話最新ネタバレ確定

ネタバレが確定したので追記していきます。

 

ビッグ・マムVSマルコ

プロメテウスは炎であるマルコに敵わず苦しんでおり、ビッグ・マムは怒って右腕でマルコを捕まえると、合図をしました。

そこにいたのはペロスペロー。

ビッグ・マムの力を借りてマルコにトドメを刺すことを謝るペロスペロー・・・

その時、そこにスーロン化したキャロットとワンダが飛びかかってきた・・・。

ペロスペローの顔を切り裂いた2人。

そしてそのまま、ペドロの仇であるペロスペローとビッグ・マムを引き受けてマルコを先に行かせたのだった・・

 

ライブフロア

先に行くマルコに目には大パニックのライブフロアが飛び込んできます。

氷鬼を治す抗体を持っているアプーは、麦わらの一味だけでなく仲間たちからも狙われています。

氷鬼にされた仲間を助けるためにカイドウ軍も抗体を手に入れたい・・・

しかし、抗体を渡せばアプーがクイーンに殺されてしまう・・

フロア中のから向けられる殺気はもの凄い・・

その中でアプーは戦わなくてはならない・・

アプーの攻撃にやられる雑魚がいる一方で、攻撃をあてに行ったのはゾロとドレークです。

ドレークがあっさり寝返ったことに腹を立てているクイーン。

しかしクイーンは、麦わらの一味にヴィンスモークであるサンジがいることが気になっている様子。

 

あることに気が付いたが・・

氷鬼の抗体を待っているブルックは、氷鬼に触れられてしまった。

しかし、ブルックの体に変化が起きない。

死体と同じであるブルックには効かない、ということから何かを考えていたチョッパーがあることに気付いた。

しかし、チョッパーの右手が凍り始めてしまった。

 

海賊王になる!

ウソップが「デビル」、「竹ジャベ林」を使って足止めをしようとするも2人の連携に敵わずうるティから強烈な頭突きを受けてしまいました。

頭蓋骨にヒビが入っていきます。ナミは既に倒れていますが、うるティはそんなナミにも近づいてきます。

うるティはルフィがカイドウを倒して海賊王になると宣言したことに怒っています。

死にたくないナミは、うるティからの問いに嘘をつけば解放されるはず。

しかし、ナミは泣きながらルフィは海賊王になると答えてしまった。

「ルフィは絶対海賊王になるから」

と嘘をつけなかったナミ・・

うるティの攻撃

その時、助けてくれたのは狛ちよ。

いつの間にか鬼ヶ島にお玉が来ていた。

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

 

まとめ


ワンピース995話最新ネタバレ確定速報していきます。

ササキの部下の攻撃を受けるモモの助としのぶ。

2人を間一髪救ったのはなんとヤマト!!

ルフィ、サンジ、ジンベエは赤鞘たちがやられる前にカイドウと対決となるのでしょうか

そこで、展開予想と考察、最後にネタバレをしていきました『ワンピース』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPアニメ公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP

(Visited 2 times, 1 visits today)