ワンピース979話最新ネタバレ確定!カイドウの息子はヤマトで新キャラ!

ワンピース979話最新ネタバレ確定!カイドウの息子はヤマトで新キャラ!
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

『ワンピース』978話で、ルフィたちが鬼ヶ島に上陸しました。

その間、飛び六胞が登場し、名前や顔が判明しました。

強さや何の能力者か気になります。

飛び六胞は待たされている理由をカイドウの家族問題のようです。

ルフィたちの誰と誰が戦うのか楽しみです。

そして、『ワンピース』979話において、カイドウの息子の名前が判明しました。

ワンピース979話最新ネタバレ確定!カイドウの息子はヤマトで新キャラ!

それでは最後までお読みください(^▽^)/

最後にネタバレ確定記事を載せています。

カイドウの息子と言えば、ただ者ではないことは間違いないでしょうね。
これから先、敵になるか味方になるか??

 

ワンピース979話最新ネタバレ予想考察

飛び六胞が集められたのはカイドウの家族問題でした。

カイドウの息子を呼び出すのに飛び六胞全員が必要のようです。

それくらい強いというのでしょうか?

飛び六胞の能力も気になります。

『ワンピース』979話、カイドウの息子と飛び六方について予想を考察していきます。

 

カイドウの息子

飛び六胞の話によると、カイドウには家族問題があるという。

それが、息子のことのようです。

カイドウの息子なのだから、非常に強いと予想されます。

化け物級の強さなのでしょうか?

それとも・・真逆のキャラだったりして・・

そして、カイドウの家族問題も気になります。

うるティは「バカなの・」と発言しているように、カイドウの家族問題は今に始まったことではないようですね。

カイドウとカイドウの息子は不仲なのでは?という説が流れています。

カイドウの嫌いなら、カイドウの行動に否定的なのでしょう。

ワノ国で起こっていることが気に食わないとしたら、カイドウと敵対するかもしれません。

そして、ルフィたちと手を組むということも考えられそうです。

 

飛び六胞の能力

ドレークとページワンは能力が判明していますね。

ドレークはリュウリュウの実古代種モデルアロサウルス

ページワンはリュウリュウの実古代種モデルスピノサウルス

2人とも恐竜の能力者なので、残りの4人も恐竜なのかもしれませんね。

そこで、ネットで予想されている飛び六胞の能力をまとめました。

 

うるティ

うるティ

見た目が小さくてかわいいうるティはティラノサウルスの能力者では?と言われています。

うるティのティはティラノサウルスのティということでしょうか?

最近、ティラノサウルスってT-レックスと呼ばれていますよね。

「うるT」なのでしょうか。

 

フーズ・フー

フーズ・フー

フーズ・フーは剣を持っていました。

剣といえば剣竜のステゴサウルスの能力者では?と言われています。

フーズ・フーは登場した時、先頭を歩いていたようで飛び六胞のリーダ的存在のようです。

 

ブラックマリア

 

その大きさから巨人族?とも言われていましたが、巨人族はもっと大きいとの声もあり、巨人族ではないようです。

ブラックマリアはアンキロサウルス、という予想やアルゼンチノサウルス予想もありました。

アンキロサウルスでは理由が見当たらないので、史上最大級の恐竜アルゼンチノサウルスではないかと思いましたが、クイーンのブラキオサウルスと被るので却下。

頭にかんざしのように刀が刺さっているので、サーベルタイガー・・?

なんかピンときませんね。

 

ササキ

ササキ

ササキの特徴的な角でメジャーな恐竜としたら、トリケラトプス。

その予想もあり得ますね。

しかし、ササキの見た目が魚人ぽいです。

ギザギザの歯がジンベエやジャックに似ています。

入れ墨も海をイメージされます。

なのでアノマロカリスが海の古代生物の中でイメージが合いそうです。

 

ワンピース979話最新ネタバレ展開考察

『ワンピース』979話で起こりそうな展開を考察してみました。

 

討ち入り

鬼ヶ島に上陸したルフィたち

ローが立てた作戦は、ルフィが予定と違う行動に出ることも考えていました。

しかし、キッドたちが騒ぎを起こすでしょう。

ルフィもキッドも狙いはカイドウの首。

しかし、一緒に手を組んで行動するとは思えません。

キッドたちはキッドたちで別行動になるでしょう。

あくまでも正面突破の二人の前には、大看板が待ち構えているでしょう。

キングやクイーンは宴会中なのでジャックが待ち構えている可能性があります。

ここで、カン十郎が到着していないようなので、ルフィたちの奇襲は伝わっていないようです。

なので討ち入りはうまく進んでいきそうです。

 

飛び六胞の出番

飛び六胞はすべて判明しました。

強さは未知数ですが、強いことは間違いないでしょう。

誰と誰が戦うか楽しみです。

ルフィやキッド、ロー。ゾロ、キラー戦うのがカイドウ・ビックマム・キング・クイーン・ジャックだと思うので、フランキー、ウソップ、ロビン、ナミが戦うのでしょうか?

飛び六胞には女性キャラが2人、ブラックマリアとうるティ

対するはナミとロビンだと思います。

 

日和の行動

日和は康イエが死んだあとは、ゾロたちとともに鈴後に来ていて、そのまま鈴後で待機しているはず。

日和は錦えもんたちとは合流せず、ゾロと河松と別れて単独行動をとっています。

日和が生きているのはオロチも知っている。

そこで、オロチはカン十郎から日和のいる場所を聞いている。

もしかしたら、つかまってしまっている可能性もあります。

しかし、カン十郎がスパイであると予想していた傳ジローからそのことを聞いた日和は別の場所に移動しているでしょう。

傳ジローは狂死郎として小紫こと日和を斬ったときも血のりを用意していたし、用意周到な傳ジローは日和にいろいろと助言を与えているでしょう。

そろそろ日和も登場するかもしれません。

 

ネコマムシとイゾウ

ネコマムシは光月おでんに対し熱い忠誠心を持っています。

その彼が来ないことはないでしょう。

マルコからイゾウの居場所を聞いていて、そこへ向かっていると思われます。

そしてイゾウとともに合流するのでは。

イゾウは白ひげ海賊団16番隊隊長でした。

しかし、もともとはおでんの家臣でお菊の兄、この戦いに協力しないとは思えないです。

イゾウは白ひげ海賊団におでんと一緒に乗り込み、そのまま白ひげ海賊団の一因になりました。

しかし、白ひげが死んでから、黒ひげ海賊団と戦争をし敗北。

その後消息が分からなくなっています。

イゾウは主君のおでんの最期に居合わすことができなかったので、光月家の一大事に加勢すると思います。

 

おでんがトキに伝えたこと

おでんは20年以上後に巨大な戦が起こると予言し、その戦いでカイドウを討てるとときに伝えました。

カイドウを討てる者が現れたとき、「ワノ国」がその人物を受け入れるような体制が必要であると伝えています。

そこで、トキは錦えもんたちを未来に送り、自分は残った。

そして、未来へと残す歌を詠み、その歌を語り継がせることにしたのでしょう。

 

ワンピース979話最新ネタバレ確定

『ワンピース』979話ネタバレ確定しました。

ルフィたち麦わらの一味とキッド海賊団がカイドウの屋敷に潜入。

いよいよ討ち入り開始です。

 

カイドウの息子と飛び六胞

カイドウが飛び六胞を招集した理由は、カイドウの息子を探すこと。

はぁ!とうるティはカイドウを睨む。

そんなことのために呼んだのか?!

カイドウは気にせずに話を続けます。

息子の名前は「ヤマト」

今日失踪した。

と言っているので、昨日までは鬼が島にいたようです。

 

大看板への挑戦権

息子を発見したものには大看板に挑戦するチャンスを与えるとのこと。

その挑戦はビッグ・マムの面前で行われると!。

ビッグ・マム海賊団にはぺロスペローやダイフク、スムージーなどの強者がいるので、百獣海賊団にも強い者はいるということを見せつけたいのでしょう。

 

大看板の座

大看板に勝利すれば、昇格できる!

ときいてフーズ・フーは乗り気でテンションが上がりました。

キングはフーズ・フーとササキは大看板の座を狙ったいることは知っていました。

そのフーズ・フーもササキも元は海賊団の船長でした。

カイドウに引き抜かれたようです。

強いものを集めていたようです。

 

ビック・マムのお色直し

着物姿のビッグ・マムがカイドウの傍へやってきます。

さらにナンバーズから、カイドウへある大事なものの贈り物があるようです。

宴も盛り上がっています。

 

カン十郎の到着

ようやくカン十郎が到着しました。

空を飛んでいたにもかかわらず迷ってしまったと言っています。

カン十郎にとっても鬼ヶ島に来るのは初めてのようです。

ここでルフィたち討ち入りが伝えられるのか・・

ももの助は・・

 

まとめ


『ワンピース』978話で、ルフィたちが鬼ヶ島に上陸しました。

その間、飛び六胞が登場し、名前や顔が判明しました。

強さや何の能力者か気になります。

飛び六胞は待たされている理由をカイドウの家族問題のようです。

ルフィたちの誰と誰が戦うのか楽しみです。

そして、『ワンピース』979話において、カイドウの息子の名前が判明しました。

ワンピース979話最新ネタバレ確定!カイドウの息子はヤマトで新キャラ!

『ワンピース』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPアニメ公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP