呪術廻戦146話最新ネタバレ確定|秤金次と高羽史彦

jujutsu-kaisen-episode-146-呪術廻戦146話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

天元のおかげで、羂索の目的と獄門疆の解き方が判明し、羂索は天元と人類を同化させることが目的。

そこで、天元が同化を拒否しようにも、呪霊操術で拒むことはできないと言います。

また、五条の封印の解き方もわかりましたが、そのためには天逆鉾とミゲルの黒縄が必須。

しかし、どちらも五条のせいで破壊されてしまったため、ミゲルと乙骨は海外で黒縄の残りを捜索していたのです。

黒縄も見つからず、今の頼みの綱は、死滅回游に参加している来栖華という術師。

そこで、今回は、呪術廻戦146話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

呪術廻戦147話ネタバレ>>

呪術廻戦14巻が無料>>

漫画を無料で読めるサイトをご存じですか?

漫画を違法アップロードしているサイトを多く見かけます。

しかし、このようなサイトは違法で危険です。

違法サイトは、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので利用は絶対しないでください。

それでも『呪術廻戦』を今すぐ無料で読みたい!!・

もし、『呪術廻戦』の漫画を今すぐ無料で読みたい人は、出版社公認アプリU-NEXTで読むことをおススメします。

呪術廻戦14巻

U-NEXTでは電子書籍サービスの中でも無料期間が長いのが特徴です。

これなら、『呪術廻戦』を十分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえちゃうので、最新刊であっても無料で読むことができます。

U-NEXT登録してポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊を無料で読めるサービスはなかなかありませんよ。

違法の危険性もなく、ウイルス感染などの心配もなしに無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンは今だけです。

終わってしまう前に、あなたもU-NEXTの良さをぜひ体験してみてください。

 

呪術廻戦146話最新ネタバレ予想・考察

脹相はお兄ちゃんとして偽夏油と戦い始めた。

しかし、裏梅に氷の術式によってみんな氷漬けにされてしまうことに・・・

虎杖以外を殺してしまおうと裏梅。

みんな殺されてしまう~

その時、絶好なタイミングで特級術師の九十九由基が登場!!

九十九由基は夏油の思想を変えるきっかけになった人です。

それで、呪術廻戦【146話】の展開予想と考察をしていきます。

 

虎杖と脹相は兄弟か?

脹相は暴走して虎杖のことを弟と呼んだように見えましたが、虎杖には訳が分かっていないようでした。

本当にこの二人は兄弟関係なのでしょうか?

偽夏油の中身が九相図を生み出した人物であるなら、加茂憲倫の体も利用していることになるのでしょうか?

また、偽夏油は虎杖のことを自分が作ったような発言をしていることも気になります。

虎杖は宿儺の器として偽夏油が作り出した可能性があるため、呪胎九相図と兄弟関係になるのでしょうか・・?

つまり、脹相の弟だという可能性もありますね。

 

特級術師の九十九由基


虎杖たちを圧倒していた裏梅の術式を突然出てきた九十九由基が簡単に防ぎました。

これが特級術師の力ですね。

さすがの九十九由基に術式が気になります。

九十九由基が最後に登場した時、頭の上に蛇?の呪霊がいましたね。

この蛇を使うのが九十九由基の術式なのでしょうか。

この蛇が巨大化して、裏梅の小売りの攻撃をすべて防いだのでしょう。

九十九由基の余裕の様子も納得いきます。

しかし、特級術師なのでまだまだほかにも力がありそうです。

ここで、偽夏油と決着をつけることはないと思いますが、展開が楽しみです。

 

九十九由基は東堂の師匠


絶好のタイミングで登場した九十九由基。

そんな九十九由基が登場したのは過去の夏油と会話したシーンと東堂の記憶の中で登場した2回だけです。

九十九由基は東堂の師匠で、初対面で威勢の好みを聞くスタイルが一緒ですね。

師匠の登場で、藤堂の活躍が再びみられるかもしれませんね。

東堂は真人との戦いで左手首を斬られていて、足手まといにならないか心配ですが、九十九由基に反転術式を持っていたら、東堂の左手も治るでしょう。

そうなったら師弟コンビの戦い方が楽しみです。

 

偽夏油と裏梅の目的

裏梅に準備をしておくように命じた宿儺。

宿儺と裏梅の目的は一体何なのでしょうか?

裏梅は偽夏油と行動を共にしていましたが、目的は異なりました。

また、偽夏油と呪霊たちの目的も異なります。

偽夏油の最大の目的は五条悟の封印で、宿儺の復活には重きを置いていません。

呪霊たちの目的は、呪霊が今の人間にとって代わること、そのために宿儺の復活を目指しているというところ。

ですが裏梅の目的は、ただ純粋に宿儺の復活です。

それぞれ真の目的は異なりますが、利害の一致で行動を共にしているだけ。

今の宿儺は指を15本飲んでいる状態となり、残る指はあと5本なので、宿儺完全復活も遠い話ではありません。

宿儺本人も、自分が自由になるのはそう遠くはないと発言していることから、宿儺と裏梅の目的は、宿儺完全復活でしょう。

 

虎杖の処刑

虎杖を高専側としては死刑にしたいのでしたね。

戦いが終わったあと、虎杖は高専に大人しく帰ることはないでしょう。

しかし、虎杖には帰るところがありませんので、だれかを頼ることになるでしょう。

今回展開からでは、脹相と行動を共にする可能性もあります。

本当に脹相がお兄ちゃんであるかは定かではないですが・・

虎杖は脹相の本当の弟の壊相を殺しているわけですが、再び戦うこともあり得ます。

だとしたら、九十九由基でしょうか?

 

呪術廻戦146話ネット上の考察

 

呪術廻戦146話最新ネタバレ確定

呪術廻戦146話最新ネタバレ判明したので追記します。

 

来栖華が東京にいる

天元の「術式を消滅させる」という言葉に戸惑う伏黒。

天元は、

「天使の術式を利用すれば獄門疆の裏を開けることが出来る」

「彼女は今東京の東側にある結界(コロニー)にいる」

と来栖華が東京にいることが判明した。

「死滅回游の結界が私を拒絶している以上、これ以上の情報は得られない」

天元は、獄門疆の裏を黒い空間に隠した。

死滅回遊では全国10の結界(コロニー)が存在し、北海道は巨大な霊場として慣らしが住んでいるとのこと・・

死滅回遊は状況次第だが2か月で終わるだろうと天元は言った。

死滅回遊への参加を拒否すれば

現在11月9日午前9時。

泳者の術式が覚醒したのは10月31日24時ころ。

参加宣言への期限により伏黒津美紀が死滅回游に参加するまで、10日と15時間ほど。

天元曰く、「泳者全員死亡」もしくは「泳者全員が参加を拒否して死亡」のどちらかしかないとのこと。

ここで伏黒は家入の言葉を思い出しました。

「術式の剥奪は死を意味するだろう」

「そうでもしなければ泳者は参加を拒否するだろうし」

参加者は死滅回遊への参加を拒否すれば術式をはく奪される。

それは死を意味すること・・

その一方で、術式のない人間(真希やパンダ)は術式を剥奪されることはないため、ノーリスクで死滅回游に参加できる。

 

死滅回游の管理者

最初から結界内にいた人間はどうなるのか尋ねる虎杖。

天元曰く、少なくとも一度は外に出られるとのこと。

まず泳者に「自ら結界に入った」という前提を持たせ、「結界から出る」ためにルール追加を狙って戦うことが、死滅回游の活性化の繋がるのだといいます。

ここまでの話を聞いてもルールをあまり理解できていない虎杖。

一方、伏黒は天元に管理者について尋ねました。

天元によると、死滅回游の管理者は「コガネ」という蜂のような式神とのこと。

各泳者に一体ずつ憑いていて、管理者というよりも窓口だと天元は言う。

「管理者」という立場の術師がいるのではなく、死滅回游のシステムそのものだと・・

死滅回遊のルール追加に関する条例について、管理者に独断的な判断裁量があるように見えるが、ある程度公平は判断が見込めると結論を出した。

ルールの追加を認めるかどうかは、羂索側にゆだねられているから。

8つの目ルールから、また人を殺さなければいけない事態に落ち込む虎杖。

しかし、伏黒には考えがあると・・

 

停学中の3年の秤金次

伏黒が禪院家当主になったので、禪院家の呪具は自由に持ち出し可能。

真希は天元に頼み、組屋鞣造の工房を教えてもらう。

工房での用が済み次第パンダを探して、死滅回游に参加。

乙骨は一足先に死滅回游に参加し、みんなが参加するまでに情報を集めるとのこと

虎杖は宿儺が出たときの乙骨の約束を思い出すが。伏黒は大丈夫だと・・

真希の指示で、伏黒と虎杖は停学中の3年の秤金次のもとへ行くことに

なんと、ノっているときは乙骨よりも強いとのこと。

今は人手が足りないため、真希はなんとしてでも秤を現場に引っ張りだしたい様子。

役割が決定し、薨星宮を後にする虎杖、伏黒、乙骨、真希の4人。

脹相は涙を流しながら、去っていく虎杖に向け「死ぬなよ」と声をかける・・

 

死滅回遊プレイヤー高羽史彦

とある劇場でネタを披露する芸人。

あまり笑いをとれていない様子

売れない芸人、死滅回遊プレイヤー高羽史彦(たかばふみひこ)

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ


少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

死滅回游の情報整理が行われました。

提示されたルールを再確認し、それぞれの役割分担を決める。

ここで伏黒が禪院家の当主になったことが判明しました。

また、秤金次の強さや術式や停学にになった理由が気になります。

そこで、今回は、呪術廻戦146話最新ネタバレ確定をお送りいたしました。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP

(Visited 60 times, 1 visits today)