呪術廻戦145話最新ネタバレ確定|術式を消滅させる術師登場

呪術廻戦145話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

直哉が倒れたところに、虎杖を引きずる乙骨が現れました。

今回、乙骨憂太が虎杖の味方であることが判明しまし、過去の回想で虎杖の両親も登場し、その額には偽夏油(加茂憲倫)とおなじ縫い目があったのです。

伏黒は姉・津美紀を救うために虎杖に助けを求め…。

さらに偽夏油(加茂憲倫)の考案した「死滅回遊」も始まり・・・・

そこで、今回は、呪術廻戦145話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

呪術廻戦146話ネタバレ>>

呪術廻戦14巻が無料>>

漫画を無料で読めるサイトをご存じですか?

漫画を違法アップロードしているサイトを多く見かけます。

しかし、このようなサイトは違法で危険です。

違法サイトは、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので利用は絶対しないでください。

それでも『呪術廻戦』を今すぐ無料で読みたい!!・

もし、『呪術廻戦』の漫画を今すぐ無料で読みたい人は、出版社公認アプリU-NEXTで読むことをおススメします。

呪術廻戦14巻

U-NEXTでは電子書籍サービスの中でも無料期間が長いのが特徴です。

これなら、『呪術廻戦』を十分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえちゃうので、最新刊であっても無料で読むことができます。

U-NEXT登録してポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊を無料で読めるサービスはなかなかありませんよ。

違法の危険性もなく、ウイルス感染などの心配もなしに無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンは今だけです。

終わってしまう前に、あなたもU-NEXTの良さをぜひ体験してみてください。

 

呪術廻戦145話最新ネタバレ予想・考察

脹相はお兄ちゃんとして偽夏油と戦い始めた。

しかし、裏梅に氷の術式によってみんな氷漬けにされてしまうことに・・・

虎杖以外を殺してしまおうと裏梅。

みんな殺されてしまう~

その時、絶好なタイミングで特級術師の九十九由基が登場!!

九十九由基は夏油の思想を変えるきっかけになった人です。

それで、呪術廻戦【145話】の展開予想と考察をしていきます。

 

虎杖と脹相は兄弟か?

脹相は暴走して虎杖のことを弟と呼んだように見えましたが、虎杖には訳が分かっていないようでした。

本当にこの二人は兄弟関係なのでしょうか?

偽夏油の中身が九相図を生み出した人物であるなら、加茂憲倫の体も利用していることになるのでしょうか?

また、偽夏油は虎杖のことを自分が作ったような発言をしていることも気になります。

虎杖は宿儺の器として偽夏油が作り出した可能性があるため、呪胎九相図と兄弟関係になるのでしょうか・・?

つまり、脹相の弟だという可能性もありますね。

 

特級術師の九十九由基


虎杖たちを圧倒していた裏梅の術式を突然出てきた九十九由基が簡単に防ぎました。

これが特級術師の力ですね。

さすがの九十九由基に術式が気になります。

九十九由基が最後に登場した時、頭の上に蛇?の呪霊がいましたね。

この蛇を使うのが九十九由基の術式なのでしょうか。

この蛇が巨大化して、裏梅の小売りの攻撃をすべて防いだのでしょう。

九十九由基の余裕の様子も納得いきます。

しかし、特級術師なのでまだまだほかにも力がありそうです。

ここで、偽夏油と決着をつけることはないと思いますが、展開が楽しみです。

 

九十九由基は東堂の師匠


絶好のタイミングで登場した九十九由基。

そんな九十九由基が登場したのは過去の夏油と会話したシーンと東堂の記憶の中で登場した2回だけです。

九十九由基は東堂の師匠で、初対面で威勢の好みを聞くスタイルが一緒ですね。

師匠の登場で、藤堂の活躍が再びみられるかもしれませんね。

東堂は真人との戦いで左手首を斬られていて、足手まといにならないか心配ですが、九十九由基に反転術式を持っていたら、東堂の左手も治るでしょう。

そうなったら師弟コンビの戦い方が楽しみです。

 

偽夏油と裏梅の目的

裏梅に準備をしておくように命じた宿儺。

宿儺と裏梅の目的は一体何なのでしょうか?

裏梅は偽夏油と行動を共にしていましたが、目的は異なりました。

また、偽夏油と呪霊たちの目的も異なります。

偽夏油の最大の目的は五条悟の封印で、宿儺の復活には重きを置いていません。

呪霊たちの目的は、呪霊が今の人間にとって代わること、そのために宿儺の復活を目指しているというところ。

ですが裏梅の目的は、ただ純粋に宿儺の復活です。

それぞれ真の目的は異なりますが、利害の一致で行動を共にしているだけ。

今の宿儺は指を15本飲んでいる状態となり、残る指はあと5本なので、宿儺完全復活も遠い話ではありません。

宿儺本人も、自分が自由になるのはそう遠くはないと発言していることから、宿儺と裏梅の目的は、宿儺完全復活でしょう。

 

虎杖の処刑

虎杖を高専側としては死刑にしたいのでしたね。

戦いが終わったあと、虎杖は高専に大人しく帰ることはないでしょう。

しかし、虎杖には帰るところがありませんので、だれかを頼ることになるでしょう。

今回展開からでは、脹相と行動を共にする可能性もあります。

本当に脹相がお兄ちゃんであるかは定かではないですが・・

虎杖は脹相の本当の弟の壊相を殺しているわけですが、再び戦うこともあり得ます。

だとしたら、九十九由基でしょうか?

 

呪術廻戦145話ネット上の考察

 

呪術廻戦145話最新ネタバレ確定

呪術廻戦145話最新ネタバレ判明したので追記します。

 

羂索

突然現れた天元に驚く。

名前を呼ばれなかった九十九は天元に苦言を呈す。

天元は、九十九とは初対面ではないため、挨拶を省いたとのこと。

九十九は、なぜ薨星宮を閉じたのか尋ねました。

「お前が羂索に同調していることを警戒した」

九十九は「羂索?」と聞き返した。

羂索とは、かつては加茂憲倫の肉体に、今は夏油傑の肉体に宿る術師の名前。

その時、虎杖が「どうして天元様はそんな感じなの?」と無邪気に天元に尋ねた。

自分は不死であっても不老ではないと語る天元。

500年たてば君もこうなるだろうと虎杖に言う。

天元は11年前の星漿体との同化に失敗。

それ以降老化は加速し、自分自身の自我は消え、天地そのものが天元の自我になったと言った。

天元の話を聞き、あの時、星漿体がもう一人いたわけではなかったのかと考える九十九。

伏黒と乙骨が、羂索の目的と獄門疆の封印の解き方を教えてほしいと頼む。

教える代わりに、乙骨、九十九、脹相のうち2人はここに残り、警護に当たってほしいと条件を出した。

乙骨は、不死の天元に護衛がいるのかと疑問を抱く。

九十九も、天元の提示した条件がフェアではないと詰め寄り、せめて護衛期間を明かしてほしいと言う。

 

11年前より以前の話

羂索の目的を語り始める天元。

しかし、伏黒は「日本全土の人類を強制進化させる」という目的は知っていたため、より具体的に聞きたかった。

そもそも、なぜ羂索が無為転変で日本の人間を術師にしなかったのか。

その理由は、単純に呪力が足りなかったから・・・

うずまきで生み出した呪力は術師に還元できず、術式で一人一人の進化を促すには効率が悪いのだ。

羂索がとるべき手段は「人類と天元の同化」。

ここで、いまいち話を理解できていない虎杖は、天元との同化は星漿体しかできないということに疑問を・・。

羂索が「人類と天元の同化」と目指していると言っても、同化する相手が天元に適合する星漿体でなければ同化は不可能。

しかし、それは11年前より以前の話。

星漿体との同化に失敗した天元は進化をはじめ、星漿体以外との同化も可能になっていた。

ここで脹相から、お前(天元)は一人しかいないのにどうやって複数と同化するのかと聞くと

「今ここにいる天元ですら天元ではなく、あらゆるところに天元の魂が点在している」とのこと。

天元は自身の結界術のおかげで姿を保っているが、もし人類が天元との同化で進化し、その内の一人が暴走を始めたら世界は破滅を迎えると・・・・

天元との同化で進化するということは個々の境界がなくなり、各個体同士で意思の疎通が可能に。

もしそこに悪意を持つ個体が現れたら、その悪意は一瞬にして全個体に流れ出してしまうのだ。

真希は

「天元様が同化を拒否すればいいのでは?」

言った。

しかし、天元は、

「そこが一番の問題なんだ」

と…。

進化を果たした今の天元は、人間よりも呪霊に近い存在!

つまり、夏油の術式である呪霊操術の術式対象となってしまい、同化を拒否することは難しいのだ・・。

全員が言葉を失う。

羂索と接触した時点で取り込まれる可能性もあるため、天元の本体は薨星宮ですべてを拒絶しているとのこと。

しかし、羂索は天元に匹敵するほどの結界術の使い手。

薨星宮の封印が解かれるのも時間の問題のため、天元は護衛を要求したのだ。

 

儀式

羂索が少なくとも1000年間もの間術師であることを考慮しても、なぜ今行動を起こしたのか理解できない九十九。

かつて羂索は二度、六眼持ちの術師に敗れています。

二度目の羂索は計画の失敗がないよう徹底していて、生後一か月以内に星漿体と六眼を殺害。

それでも同化日に星漿体と六眼が現れたため、六眼の抹殺ではなく封印に方向転換し、獄門疆の捜索を開始。

しかし、11年前に禪院甚爾という、呪力から完全脱却した人物が登場。

呪霊操術を持つ夏油も現れ、羂索の求めていたものがほぼすべてそろった。

そして、6年前には獄門疆を手に入れ、ついに羂索の計画が始まった。。

死滅回游の管理者は羂索ではないため、羂索を殺しても死滅回游は終らない

ルールにあった「永続」は儀式を中断させないためのもの。

死滅回游へ参加し、ゲームから抜けられるようなルールを追加すれば津美紀を助けることができ、死滅回游への参加と五条の解放を同時に行えば、あとは五条がどうとでもしてくれるはず。

そこで虎杖は獄門疆の解除方法を尋ねた。

しかし、まずは護衛となる人物を決めてくれと、天元は胡麻化した。

 

来栖華

羂索と因縁のある脹相と、天元と話したい九十九がその場に残ることに。

五条解放のカギとなる、獄門疆の裏を取り出した天元。

表は結界が届かない海外にあり、裏を封印して表の気配を隠していましたが、結局は羂索に見つかってしまった。

この裏門の中にも五条が封印されており、これを開きさえすれば五条の封印が可能に…。

しかし、術式を強制的に解除できる呪具「天逆鉾」は五条が海外で破壊、もしくは封印したのだ。

乙骨とミゲルは、術式効果を乱して相殺する「黒縄」を探したが、見つけられず…。

しかし、死滅回游を切り抜けるためのキーマンがゲームに参加しているとのこと。

その術師は「天使」を名乗り、あらゆる術式を消滅することができるようだ。

その術師の名は、来栖華(くるす はな)。

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ


少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

天元のおかげで、羂索の目的と獄門疆の解き方が判明し、羂索は天元と人類を同化させることが目的。

そこで、天元が同化を拒否しようにも、呪霊操術で拒むことはできないと言います。

また、五条の封印の解き方もわかりましたが、そのためには天逆鉾とミゲルの黒縄が必須。

しかし、どちらも五条のせいで破壊されてしまったため、ミゲルと乙骨は海外で黒縄の残りを捜索していたのです。

黒縄も見つからず、今の頼みの綱は、死滅回游に参加している来栖華という術師。

そこで、今回は、呪術廻戦145話最新ネタバレ確定をお送りいたしました。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP

(Visited 58 times, 2 visits today)