呪術廻戦137話最新ネタバレ確定|渋谷事変は幕を下ろし乙骨先輩が登場し虎杖の処刑執行者に

呪術廻戦137話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

偽夏油の目指す人類の未来が「呪力の最適化」であることが判明しました。

偽夏油は、虎杖のように呪力を取り込ませた者、吉野順平のように術式を持っていても脳の構造が非術師の物、その両方の脳の構造を術師の形に整えたといいます。

さらに、呪物の封印を解き、そういった人々に殺し合いをしてもらうと言いました。

そこで、今回は、呪術廻戦137話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

呪術廻戦137話ネタバレ>>

呪術廻戦14巻が無料>>

漫画を無料で読めるサイトをご存じですか?

漫画を違法アップロードしているサイトを多く見かけます。

しかし、このようなサイトは違法で危険です。

違法サイトは、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので利用は絶対しないでください。

それでも『呪術廻戦』を今すぐ無料で読みたい!!・

もし、『呪術廻戦』の漫画を今すぐ無料で読みたい人は、出版社公認アプリU-NEXTで読むことをおススメします。

呪術廻戦14巻

U-NEXTでは電子書籍サービスの中でも無料期間が長いのが特徴です。

これなら、『呪術廻戦』を十分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえちゃうので、最新刊であっても無料で読むことができます。

U-NEXT登録してポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊を無料で読めるサービスはなかなかありませんよ。

違法の危険性もなく、ウイルス感染などの心配もなしに無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンは今だけです。

終わってしまう前に、あなたもU-NEXTの良さをぜひ体験してみてください。

 

呪術廻戦137話最新ネタバレ予想・考察

脹相はお兄ちゃんとして偽夏油と戦い始めた。

しかし、裏梅に氷の術式によってみんな氷漬けにされてしまうことに・・・

虎杖以外を殺してしまおうと裏梅。

みんな殺されてしまう~

その時、絶好なタイミングで特級術師の九十九由基が登場!!

九十九由基は夏油の思想を変えるきっかけになった人です。

それで、呪術廻戦【137話】の展開予想と考察をしていきます。

 

虎杖と脹相は兄弟か?

脹相は暴走して虎杖のことを弟と呼んだように見えましたが、虎杖には訳が分かっていないようでした。

本当にこの二人は兄弟関係なのでしょうか?

偽夏油の中身が九相図を生み出した人物であるなら、加茂憲倫の体も利用していることになるのでしょうか?

また、偽夏油は虎杖のことを自分が作ったような発言をしていることも気になります。

虎杖は宿儺の器として偽夏油が作り出した可能性があるため、呪胎九相図と兄弟関係になるのでしょうか・・?

つまり、脹相の弟だという可能性もありますね。

 

特級術師の九十九由基


虎杖たちを圧倒していた裏梅の術式を突然出てきた九十九由基が簡単に防ぎました。

これが特級術師の力ですね。

さすがの九十九由基に術式が気になります。

九十九由基が最後に登場した時、頭の上に蛇?の呪霊がいましたね。

この蛇を使うのが九十九由基の術式なのでしょうか。

この蛇が巨大化して、裏梅の小売りの攻撃をすべて防いだのでしょう。

九十九由基の余裕の様子も納得いきます。

しかし、特級術師なのでまだまだほかにも力がありそうです。

ここで、偽夏油と決着をつけることはないと思いますが、展開が楽しみです。

 

九十九由基は東堂の師匠


絶好のタイミングで登場した九十九由基。

そんな九十九由基が登場したのは過去の夏油と会話したシーンと東堂の記憶の中で登場した2回だけです。

九十九由基は東堂の師匠で、初対面で威勢の好みを聞くスタイルが一緒ですね。

師匠の登場で、藤堂の活躍が再びみられるかもしれませんね。

東堂は真人との戦いで左手首を斬られていて、足手まといにならないか心配ですが、九十九由基に反転術式を持っていたら、東堂の左手も治るでしょう。

そうなったら師弟コンビの戦い方が楽しみです。

 

偽夏油と裏梅の目的

裏梅に準備をしておくように命じた宿儺。

宿儺と裏梅の目的は一体何なのでしょうか?

裏梅は偽夏油と行動を共にしていましたが、目的は異なりました。

また、偽夏油と呪霊たちの目的も異なります。

偽夏油の最大の目的は五条悟の封印で、宿儺の復活には重きを置いていません。

呪霊たちの目的は、呪霊が今の人間にとって代わること、そのために宿儺の復活を目指しているというところ。

ですが裏梅の目的は、ただ純粋に宿儺の復活です。

それぞれ真の目的は異なりますが、利害の一致で行動を共にしているだけ。

今の宿儺は指を15本飲んでいる状態となり、残る指はあと5本なので、宿儺完全復活も遠い話ではありません。

宿儺本人も、自分が自由になるのはそう遠くはないと発言していることから、宿儺と裏梅の目的は、宿儺完全復活でしょう。

 

虎杖の処刑

虎杖を高専側としては死刑にしたいのでしたね。

戦いが終わったあと、虎杖は高専に大人しく帰ることはないでしょう。

しかし、虎杖には帰るところがありませんので、だれかを頼ることになるでしょう。

今回展開からでは、脹相と行動を共にする可能性もあります。

本当に脹相がお兄ちゃんであるかは定かではないですが・・

虎杖は脹相の本当の弟の壊相を殺しているわけですが、再び戦うこともあり得ます。

だとしたら、九十九由基でしょうか?

呪術廻戦137話ネット上の考察

 

呪術廻戦137話最新ネタバレ確定

呪術廻戦137話最新ネタバレ判明したので追記します。

渋谷事変は幕を下ろすことに

偽夏油が獄門疆を持ち去ったことで渋谷事変は幕を下ろすことになり、都内は大混乱。

その影響で東京23区は壊滅的被害を受け、現時点で無事と確認されているのは西の一部分のみで、官房長官や総理大臣などは全員安否不明。

事実的政治的空白となり、日本全域が混乱に包まれるのはそう遠くありません。

さらに、この混乱を引き起こしている呪霊は1000万体以上。

都内はもう人が住める場所ではなくなり、500万人の都民は地方へ移住しなければならない。

政治的陰謀や各国の影響を考慮し、呪霊の存在を公表することになり、呪霊はあくまでも東京にのみ発生するという嘘の情報で混乱を防ぐことに。

 

乙骨が呪霊を撃退

銀座のとあるコンビニの前で、お弁当を食べる女の子。

すると、明らかに人間ではない影が、女の子へこっちに来るよう促す。

女の子が「そっちにお母さんはいる?」と問いかけると、「お父さんもお母さんも弟も先生もいるよ」と答える影。

女の子は「先生は嫌い、弟はいない」と言いながらも、その影に近く。

店を出た次の瞬間、女の子のすぐそばに大きく口を開けた呪霊の姿が!

しかし、女の子が呪霊に食べられることはなく…。

なんと、海外にいるはずの乙骨憂太が呪霊を撃退した。

 

里香ちゃん

女の子にけがはないか尋ねる乙骨。

「お父さんやお母さんと一緒?」と聞くも、女の子はわからないと答えるばかり。

立ち上がった女の子の靴はボロボロで、商業ビルばかりのこの辺の子ではないと理解した。

「たくさん歩いたんだね」

女の子と同じ目線にしゃがみこむと、先ほど倒したはずの呪霊が動き出し…!!

しかし、結局乙骨は食べられることなく、呪霊はすぐに消えてしまいました。

乙骨の背後で、どちゃっとした音と共に、大量の血痕が…。

「駄目だよ、やりすぎは…」

里香ちゃんにそう語りかけた乙骨は、女の子に血痕が見えないように顔を手で隠してあげるのでした。

 

狗巻の腕を落としたのは

乙骨は、幾つものろうそくに火がついている部屋に入る。

5つある扉の前で止まると、老人たちからはねぎらいの声が…。

恐らく五条が嫌っている上層部の老人たちでしょう。

ご苦労、と乙骨のことをねぎらう言葉がかけられる。

が、乙骨は、自分のことをねぎらう気なんてないでしょ、と。

「彼は狗巻君の腕を落としました。」

五条先生の教え子だろうと関係ない

「だから僕が虎杖悠仁を殺します。」

そう冷めた目で語る乙骨。

 

虎杖の処刑執行役

呪術総監部から、5つの通達が…。

1、夏油は死刑

2、五条悟は渋谷事変の共犯として呪術界から追放し、五条の封印を解く行為は罪とする

3、夏油と五条をけしかけたとして夜蛾正道は死刑

4、虎杖悠仁の死刑猶予は取り消しとし、速やかな死刑執行を

5、執行役は特級呪術師・乙骨憂太を任命

次号より新展開!!

 

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ


少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

偽夏油の目指す人類の未来が「呪力の最適化」であることが判明しました。

ついに、特級術師乙骨憂太が登場しました。

前回、九十九由基、伏黒の姉津美紀の登場で新章につながりました。

展開が楽しみです。

そこで、今回は、呪術廻戦137話最新ネタバレ確定をお送りいたしました。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP

(Visited 667 times, 1 visits today)