呪術廻戦124話最新ネタバレ確定|自分以外の村の人間は全員頭がおかしい?

呪術廻戦124話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

真人の両手を警戒しながら戦う釘崎。

適当に打ち込んでいたように見えた簪ですが、全ては共鳴りを打ち込むため!

真人の分身に打ち込まれた共鳴りは本体へダメージを発生させ、さらに分身にもダメージが・・

釘崎は、真人が分身であり術式すら使えないと確信した。

そして、果たしてここからどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?

そこで、今回は、呪術廻戦124話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

真人が人の呪う思いの具現、死を撒く悪意・敵意の権化だとすれば今の虎杖悠仁と己を同一視するのも戯言と掃き捨てづらいかな・・・・?

呪術廻戦125話ネタバレ>>

 

呪術廻戦124話展開考察


『呪術廻戦』124話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

虎杖には重い?

宿儺からやっと虎杖に戻ってきました。

しかし、虎杖は喜ぶことはできないですね。

宿儺のしたことを考えると・・

さらに、宿儺は虎杖と交代する間際、噛み締めろと言い残しました。

それを理解できるときに、宿儺が虎杖に代わったのもそのことを考えてのことでしょう。

宿儺のせいで死んだ人たちのことを思うと、やりきれない気持ちでは・・?

それも虎杖自身が関わっている以上、罪の意識にさいなまれることでしょう。

それを背負っていくのは虎杖には重いのではないでしょうか?

 

虎杖に生まれた何か

虎杖は宿儺が行っていた全ての行動を知っていたようですね。

絶対に人間を殺したくない虎杖。

しかし、宿儺が自分の体を使って人を殺してしまったことは大きなショックです。

死にたいとまで思いました。

しかし突如正気に戻り、戦わなければいけないと移動を始めました。

それは、単なる罪悪感や罪滅ぼしのためではなく、虎杖に芽生えた何かがあったのでしょう。

新しい意識や想い。

それによって、虎杖は行動できるのでしょう。

 

後は頼みますという呪いの言葉

呪術廻戦122話最新ネタバレ確定

七海が死に際に言い残した、「後は頼みます」という言葉。

これは七海自身も灰原に言われた言葉だったのではないでしょうか。

この言葉が縛りとなり、一度は呪術界を離れた七海も戻ってきてしまいました。

この言葉が呪いとなり、言われた人間の生き方を決めてしまうというのでしょうか。

虎杖は呪われたということで、そのため七海は虎杖にこの言葉をかけるのをためらったのでしょうね。

 

宿儺と裏梅

裏梅に準備をしておくように命じた宿儺。

宿儺と裏梅の目的は一体何なのでしょうか?

裏梅は偽夏油と行動を共にしていましたが、目的は異なりました。

また、偽夏油と呪霊たちの目的も異なります。

偽夏油の最大の目的は五条悟の封印で、宿儺の復活には重きを置いていません。

呪霊たちの目的は、呪霊が今の人間にとって代わること、そのために宿儺の復活を目指しているというところ。

ですが裏梅の目的は、ただ純粋に宿儺の復活です。

それぞれ真の目的は異なりますが、利害の一致で行動を共にしているだけ。

今の宿儺は指を15本飲んでいる状態となり、残る指はあと5本なので、宿儺完全復活も遠い話ではありません。

宿儺本人も、自分が自由になるのはそう遠くはないと発言していることから、宿儺と裏梅の目的は、宿儺完全復活でしょう。

 

釘崎が強い

呪術高専一年、釘崎野薔薇。

最近、渋谷編に突入してから大きな活躍はありませんね。

釘崎推しとしては寂しい限りです(笑)

呪術廻戦全体で見ても、これまでの活躍といえば八十八橋で壊相と血塗と対峙した時くらいですよね。

一方で、同じ1年の虎杖は1000年現れなかった宿儺の器ですし、伏黒も宿儺が興味を示すほどの天才術師。

となると、次に覚醒するのは釘崎でお願いします。

虎杖は渋谷事変で目を見張るほど成長し、伏黒もついに奥の手・八握剣異戒神将魔虚羅を召喚しました。

なのでそろそろ釘崎の活躍の場をお願いしたいです(-m-)パンパン

 

釘崎の共鳴り

分裂した真人と戦う虎杖と釘崎。

もしかして八十八橋以来の共闘が見られるのでないでしょうか。

といっても、虎杖と釘崎が同じ場所で戦うのではなく、それぞれ別の場所で協力するという展開になりそう。

そもそも釘崎の芻霊呪法・共鳴りは、対象の欠損部位に藁人形などを通して呪力を打ち込む技。

さらに範囲の制限は緩く、長距離でも攻撃が可能。

 

分身は術式が使えない

釘崎が打ち込んだ共鳴りによって、虎杖と対峙する真人本体にもダメージが発生していました。

本体がダメージを受けたことで、分身の真人にも再びダメージが伝わってきます。

虎杖だけでなく釘崎も自分の天敵であると知り、驚く真人。

そんな真人の様子を見た釘崎は、目の前にいる真人が分身で、術式が使えないことに気付いた。

 

呪術廻戦124話展開予想

呪術廻戦124話以降に起こりそうなことについて予想していきます。

 

虎杖の体に術式が刻まれる

ついに始まった虎杖vs真人の戦い。

真人は虎杖にとって因縁の相手です。

ここらで新たな成長を見せてくれるかもしれません。

そこで注目したいのが、虎杖の術式についてです。

虎杖はすでに、逕庭拳、黒閃を習得済み。

五条曰く、本来、生まれながらにして体に刻まれる術式ですが、宿儺の指を取り込んだ虎杖には、いずれ宿儺の術式が刻まれるとのこと。

しかし、未だ虎杖の術式が刻まれたというシーンはありません。

「存在しない記憶」というのが虎杖の術式だという思わせぶりな描写がありました(笑)。

もしかしたら真人との戦いで虎杖の体に術式が刻まれるでしょう。

 

釘崎と虎杖が一緒に戦う

分裂した真人と戦う虎杖と釘崎。

もしかして八十八橋以来の共闘が見られると思います。

しかし、それぞれ別の場所で協力するという展開になりそう。

そもそも釘崎の芻霊呪法・共鳴りは、対象の欠損部位に藁人形などを通して呪力を打ち込む技。

さらに範囲の制限は緩く、長距離でも攻撃が可能。

藁人形などを媒介にして釘を打ち込み、そのダメージは虎杖と対峙する真人にも発生させそう。

 

偽夏油VS冥冥

夏油の偽物と冥冥との戦いはどうなっているのでしょうか?

夏油の偽物は今回の主犯格。

宿儺を知っている裏梅も仲間でした。

冥冥には夏油の偽物を倒すことは無理でしょう。

冥冥がいくら強くても勝てる相手ではないと思います。

しかし、夏油の偽物のそこまで倒しておきたい相手ではないので、2人の戦いはあっさりと終了するでしょう。

 

呪術廻戦124話ネット上の考察

 

呪術廻戦124話最新ネタバレ確定

呪術廻戦124話最新ネタバレ判明したので追記します。

 

釘崎の存在に気付いた

虎杖は真人に起きた異変が釘崎によるものだと思った。

そして、勿論この好機を逃さず虎杖は真人に攻撃を増やした。

共鳴りの余韻が残る真人はまだ思うように体を動かすことが出来ないようだ。

さらに虎杖はとにかく攻撃し続けた。

これまで何もできず、誰も助けることが出来なかった虎杖。

しかし、釘崎のサポートが虎杖に一人で戦っていることではないことを教えてくた。

だからこそここで確実に真人を殺さなくては・・と

 

2人の真人

この頃分身だと認めた真人は、何かを感じて地下へダッシュ。

釘崎はこのまま真人を倒して地下5階を目指そうと考え、真人を追った。

真人本体は複数の玉のように分裂してしまったた。

虎杖は重要な部位が含まれる個体を探す。

1体、際立った呪力を纏った個体がいたた。

虎杖はすぐにその個体を潰す。

しかし、真人による誘導であり本体は残る個体を回収しながら走って行ってしまいます。

虎杖が追いかける先には、釘崎が追いかけている真人がいた。

ダメージ修復のために2体が融合すると虎杖は予想しましたが、

真人同士はすれ違いそのまままっすぐ走っていってしまった。

虎杖は分身の真人と合体して回復を図ると予想していた。

しかし、真人の狙いは全く別のものだったのです。

 

本物の真人

合体することなく、相手を交換した。

釘崎には本物の真人が、虎杖には分身の真人が向かうことに。

真人の狙いは、術式を使える本物を釘崎にあてることだったのです。

術式が効かない虎杖に対するよりも、術式が効く釘崎と戦った方がいいと考えたのでしょう。

入れ替わった真人に気付き、釘崎に逃げるよう叫ぶ虎杖。

しかし、それよりも早く本物の真人が釘崎と対峙してしまった・。

 

無為転変

釘崎の位置からは2人の真人が入れ替わったのが見えず、さらに、釘崎は真人が術式を使えないと思い込んでいる状態。

そんな釘崎に真人が襲い掛かり、ついにその掌で触られてしまった。

真人は当初の目的であった「釘崎の死体を虎杖に晒す」から「虎杖の目の前で釘崎を殺す」ことにシフトチェンジ。

を食らった釘崎がどうなるのかとわくわくする真人に対し、釘崎はあることを思い出していました。

時は遡り、2009年。

当時6歳だった釘崎はゲームに熱中している様子ですが、父親の様な人物に負けそう…。

そして、釘崎は幼かったころの気持ちを思い出していた。。

当時、村の人は全ておかしくて、自分だけが正常なのだと感じていた釘崎だったのだが・・・。

 

 

まとめ


少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

真人の両手を警戒しながら戦う釘崎。

適当に打ち込んでいたように見えた簪ですが、全ては共鳴りを打ち込むため!

真人の分身に打ち込まれた共鳴りは本体へダメージを発生させ、さらに分身にもダメージが・・

釘崎は、真人が分身であり術式すら使えないと確信した・・

 

そこで、今回は、呪術廻戦124話最新ネタバレ確定をお送りいたしました。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP