ヒロアカ313話最新ネタバレ確定|エアウォークを使ったレディ・ナガンにデクは3th『発勁』!

ヒロアカ313話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『僕のヒーローアカデミア』

デクの追跡者は元公安直属ヒーローだった。

ホークスですら恐れる彼女は、遠距離からのスナイプが得意な技術と個性のあわせ技でデクを追っていた。

そんな彼女がなぜ治崎を連れて脱獄、そして行動をしているのでしょうか。

個性「エアウォーク」を使って、デクは追い詰められてしまう。

デクの浮遊は、果たしてどこまで通用するのでしょうか。

そこで、今回は、ヒロアカ313話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

ヒロアカ読んだら  悲しくなった 出久には  頑張って欲しいな

ヒロアカ314話ネタバレ>>

 

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そして漫画を読むならお得に読みたいですよね?

漫画を無料で読める違法海賊版サイトもありますが、ウイルスに感染してスマホが使えなくなってしまったり、違法ですので最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

ヒロアカ

U-NEXTは公式のサイトなので安全です。

そして今だけ31日間無料トライアルキャンペーンを実施しており、その間に漫画を1冊無料で読めてしまうポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなくヒロアカのアニメも無料で見れてしまうんです!

ヒロアカ

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料でヒロアカ最新刊を読めます!

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくヒロアカをすぐに無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら・・・・・

 

\ たったの登録5分で完了 /

>>ヒロアカを今すぐ読む<<

 

ヒロアカ313話展開考察

『ヒロアカ』313話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

死柄木が目指す世界

憎しみや妬みなどの不の感情がマイナスの影響を与えたと話した死柄木

デクは死柄木の心の中を見透かしていましたね。

死柄木が小さい姿で泣いていました。

デクは感情移入しそうだったが、前任者に阻止されました。

デクの隙を狙ってオール・フォー・ワンがワン・フォー・オールを奪おうとしたとき、死柄木が止めたのです。

エンデヴァー達でなく、死柄木が止めたことに意味があるようですね。

死柄木が目指す世界とは?

 

殺さないお茶子

トガはトゥワイスがホークスに殺されてしまったことに怒り、ヒーローを憎んでいますね。

元々ヴィランは人を殺しています。

しかし、ヒーローは人を守る大前提があり、極力ヴィランであっても殺すことはありません。

だが、ホークスは覆した。

そこで、トガはそれに対して、麗日にも殺すのかどうかを質問したのでしょうか?

麗日は「捕まえる」と答えました。

それでもトガは納得しないでしょう。

そこで、麗日を殺すつもりで襲ってしまうのか?

 

オールフォーワンの器

死柄木は自身の中に植え付けられたオールフォーワンと話しています。

デクのワンフォーオールでも見られるのですが、明らかに違うのがオールフォーワンは宿主である死柄木に自分の言うことを聞かせようとしている。

執拗に「ワンフォーオールを奪え」と繰り返しており、死柄木はそれを無視して力を制御しようとしています。

しかし、無意識にオールフォーワンに従っているようです。

そして285話では、エンデヴァーの攻撃で大ダメージを負った死柄木が失神した瞬間に、オールフォーワンが死柄木の体を動かし、ワンフォーオールを奪おうとします。

かつてオールマイトが最後に戦ったときに捕まったオールフォーワンは、死柄木という別の器をすでに手に入れていたからこそ、おとなしく捕まったのではないでしょうか。

 

志村菜奈の個性

死柄木の体に異変が起こったその時、デクの体にも異変が起きました。

ワンフォーオールの歴代後継者の個性の一つである、「浮遊」の個性が覚醒したのです。

「浮遊」の個性を持っていたのは、先々代ワンフォーオール後継者であり、オールマイトの師匠であり、そして死柄木の祖母であった志村菜奈の個性でした。

志村菜奈は孫の死柄木を止めてほしいと思っているのでしょうか?

ただ、デクが「浮遊」を使えるようになったのもその理由からなのでしょうか?

また、歴代ワンフォーオール後継者の個性持ちは7人で、そのうち判明し使えるようになっているのが

  1. 「ワンフォーオール」
  2. 「黒鞭」
  3. 「浮遊」

です。

まだ4つも残っていますね。

この戦いで覚醒するのでしょうか?

 

壊理

壊理の個性はイレイザーヘッドが見守り管理したことで発動可能でした。

しかし、イレイザーヘッドがもし力を失ってしまったら、取り戻すためには壊理の個性が必要です。

壊理は、八斎會組長の孫娘。

母親である組長の娘は結婚の際に組長と揉めて絶縁。

自らの“個性”で父親を消滅させたことで母親に捨てられ、組長に引き取られた。

その後、オーバーホールによって八斎會の地下に幽閉されていたが、脱走して出久がインターン初日のパトロール中に出会う。

この際オーバーホールが娘とごまかしたため、ヒーロー側には彼の娘と誤解される。

八斎會突入作戦終盤で出久たちに救出される。

出久・通形と病院で面会した際、笑顔の作り方が分からないと語り、そこで出久が壊理を文化祭に招待、1-Aのパフォーマンスを見て興奮し笑顔を見せる。

 

出久は個性を使いこなせるか?

死柄木はイレイザーヘッドにとどめを刺そうとしています。

エンデヴァーや出久たちが止めようとしていますが、全く歯が立たないようでした。

そのとき、デクが自分の個性を発揮させようとしていました。

しかし、この新しい個性を出久はコントロールできないようです。

そのため、暴走する可能性もあります。

しかし、デクが個性を発揮しない限り、死柄木を止めることはできないでしょう。

 

ギガントマキア

ギガントマキアの姿は異形の巨人。

森の上から頭が突き抜けるほどのデカい!!

そのうえ、とてつもない威圧感!!

ギガントマキアはオールフォーワンの忠実なる下僕で、彼の身辺警護をしていました。

ギガントマキアは144話の切島の回想シーンに一度登場しています。

切島の中学時代、街中で女子中学生に執拗に「スプリンガーのヒーロー事務所の場所」を尋ねている巨体の男。

その時には頭からフードを被り、顔はよく見えない状態でしたが、口や鼻などの特徴から分かりました。

 

崩壊

死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていました

死柄木が、ネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと・・

つまり、ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールも可能だということ。

味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。

崩壊の個性をコントロールできる死柄木。

 

トガヒミコ!?

進行を続けるギガントマキアの背に乗って、敵連合は死柄木の元に向かっています。

そんな中、いつも不敵な笑みを浮かべているトガヒミコが、一人真顔で遠くを見ています。

そんなトガをMr.コンプレスが「雄英生を探しているのか?」と尋ね、トガも肯定していました。

そして「その答えによっては──…大丈夫です」と、怪しげな言葉

そしてやはり狙いはデクとお茶子に向けられているようですが、以前とは違い、目つきが悪くなっていますね。。

仲間想いのトガは目の前でトゥワイスが死んで、なにか心の心境があったのでしょうか?

 

エンデヴァーが燈矢を焼き殺した?

荼毘の正体がついに明かされた!

燈矢でした

エンデヴァーがトップヒーローになって、段々と認められて、家族とも少しずつ和解して、それを待ってから叩き落とす算段だった

まあエンデヴァーが燈矢にした仕打ちも許されるもんじゃない。

燈矢は誰を焼いて、どう報じられてる?

家族はそれをどう受け止めてる?

 

 

ヒロアカ313話考察ネットの声

 

ヒロアカ313話最新ネタバレ確定

ヒロアカ313話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

ヒロアカ313話最新ネタバレ

襲撃を受けたオールマイトは、寸前でで爆弾の直撃を避けることができた。

しかしその直後、前方から槍のような形の爆弾を持った2人組の男が向かってきた。

彼らは明らかに物盗りではなく殺意がある様子。

「刺客だ!少年が狙われている!」

しかし、オールマイトがデクの状況を把握した次の瞬間。

BOOM!BOOM!

車が爆発してしまった。

犯人の片方が狙った相手がオールマイトであることに気が付くと怖気ついてしまいます。

しかし、今の痩せ細った姿のオールマイトは、とても伝説のヒーローには見えません。

「オールマイトなんざもうとっくに死んでんだ。」

「・・・・・・へ・・・たしかに・・・!」

そこに、車から飛び出してきたオールマイトが立ちふさがった。

威圧感を感じ立ち竦む犯人に向かって、オールマイトは「自分は多くのものをあの子に背負わせてしまった」と口にした。

その脳裏にはデクの母親に頭を下げたことを思い出していた。

「あの子に何かあった時が私の死だ!!!!」

もう一度、怒気を孕んだ声で退くように犯人に言うと、犯人たちは逃げ出していた。

一方デクは、レディ・ナガンとの交戦中。

レディ・ナガンの狙撃を警戒しながら距離を詰めようと高速移動!

先ほどの狙撃ポイントに先にたどり着き、死柄木の居場所を吐いてもらおうと思っていた。

しかし、レディ・ナガンの放った銃弾が真後ろからデクに向かい飛んできました。

『感知』で察して慌てて避けようとしたが、デクは完全に避けきれずかすり傷を負ってしまった。

そのことに驚き、仲間がいるのかと怪しむデク。

そこでデクはレディ・ナガンがオールフォーワンから個性を与えられたのだと推測した。

レディ・ナガンが先ほどよりも近距離にいると感じ、デクは連射されれば4thでも防ぎきれないと考え、そして同時に「相手は僕を生け捕りにするつもりで動いている」とも思い出し、状況整理したデクは煙幕を使った。

レディ・ナガンはデクも複数個性持ちであることに驚きながら、

「・・・”個性”か!?あいつも複数持ち・・・!?闇が深ぇな。」

と口にした。

煙幕を張ったデクに対し、6代目がデクに

「ヘイヘイヘイ9代目!前に言ったのもう忘れた!?」

「煙りの出し過ぎはリスクがでかいって。」

しかしデクはそれを「時間稼ぎ」と称し、6代目が止めるにもかかわらず屈伸をし始めた。

「君のやろうとしていることは分かる。今はその域に達していない。」

そこに声をかけてきたのは3代目。

デク自身がまだできないと言っていた3代目の個性の使用を、しかもほかの個性と並列で行うのを制止したが、デクはやめない。

「遅いくらいです・・・!」

と言いながら、レディ・ナガンの次には死柄木たちと戦うことを念頭に入れているデクは、今ここで習得すると・・

そしてグラントリノからもらったマントに手をかざした。

レディ・ナガンは煙から飛び出したを何かを捕えた。

それはデコイのマントで、そしてさらに三か所同時に出てきたものを撃ち抜き、隠れても無駄だと言います。

その時、なんとデクはレディ・ナガンの足元にあるビルを突き破り、一直線に向かって来た。

そこからレディ・ナガンの左腕を掴み、遂に彼女を捕まえた!!

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『僕のヒーローアカデミア』

遂にデクが3thに目覚めました。

並行して個性を使うことになれていないデクですが、それでもここでレディ・ナガンから死柄木の情報を得なければならないと無茶をしていました。

エアウォークを使うレディ・ナガンを追い詰めるために、デクが3thの個性を習得すると宣言しました。

また秘匿回線デバイスはレディ·ナガンにより破壊されても、デクはオールマイト達が異常を察知していると考えていました。

そこで、今回は、ヒロアカ313話最新ネタバレしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『ヒロアカ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP

 

 

(Visited 39 times, 1 visits today)