ヒロアカ292話最新ネタバレ確定!私“たち”は紡ぐ、一縷の希望を!!

ヒロアカ292話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『僕のヒーローアカデミア』

エンデヴァーの人生を終わらせようとした荼毘。

しかしベストジーニストにより阻止!

ベストジーニストは生きていた。

電波ジャックからか、街では荼毘の映像が流れているため市民はエンデヴァーやヒーローへの信頼を失いつつある。

この先、どのような戦いが展開されるか・・・?

 

そこで、今回は、ヒロアカ292話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

ヒロアカ読んだら  悲しくなった 出久には  頑張って欲しいな

ヒロアカ293話ネタバレ>>

 

ヒロアカ292話展開考察

『ヒロアカ』292話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

殺さないお茶子

トガはトゥワイスがホークスに殺されてしまったことに怒り、ヒーローを憎んでいますね。

元々ヴィランは人を殺しています。

しかし、ヒーローは人を守る大前提があり、極力ヴィランであっても殺すことはありません。

だが、ホークスは覆した。

そこで、トガはそれに対して、麗日にも殺すのかどうかを質問したのでしょうか?

麗日は「捕まえる」と答えました。

それでもトガは納得しないでしょう。

そこで、麗日を殺すつもりで襲ってしまうのか?

 

オールフォーワンの器

死柄木は自身の中に植え付けられたオールフォーワンと話しています。

デクのワンフォーオールでも見られるのですが、明らかに違うのがオールフォーワンは宿主である死柄木に自分の言うことを聞かせようとしている。

執拗に「ワンフォーオールを奪え」と繰り返しており、死柄木はそれを無視して力を制御しようとしています。

しかし、無意識にオールフォーワンに従っているようです。

そして285話では、エンデヴァーの攻撃で大ダメージを負った死柄木が失神した瞬間に、オールフォーワンが死柄木の体を動かし、ワンフォーオールを奪おうとします。

かつてオールマイトが最後に戦ったときに捕まったオールフォーワンは、死柄木という別の器をすでに手に入れていたからこそ、おとなしく捕まったのではないでしょうか。

 

志村菜奈の個性

死柄木の体に異変が起こったその時、デクの体にも異変が起きました。

ワンフォーオールの歴代後継者の個性の一つである、「浮遊」の個性が覚醒したのです。

「浮遊」の個性を持っていたのは、先々代ワンフォーオール後継者であり、オールマイトの師匠であり、そして死柄木の祖母であった志村菜奈の個性でした。

志村菜奈は孫の死柄木を止めてほしいと思っているのでしょうか?

ただ、デクが「浮遊」を使えるようになったのもその理由からなのでしょうか?

また、歴代ワンフォーオール後継者の個性持ちは7人で、そのうち判明し使えるようになっているのが

  1. 「ワンフォーオール」
  2. 「黒鞭」
  3. 「浮遊」

です。

まだ4つも残っていますね。

この戦いで覚醒するのでしょうか?

 

壊理

壊理の個性はイレイザーヘッドが見守り管理したことで発動可能でした。

しかし、イレイザーヘッドがもし力を失ってしまったら、取り戻すためには壊理の個性が必要です。

壊理は、八斎會組長の孫娘。

母親である組長の娘は結婚の際に組長と揉めて絶縁。

自らの“個性”で父親を消滅させたことで母親に捨てられ、組長に引き取られた。

その後、オーバーホールによって八斎會の地下に幽閉されていたが、脱走して出久がインターン初日のパトロール中に出会う。

この際オーバーホールが娘とごまかしたため、ヒーロー側には彼の娘と誤解される。

八斎會突入作戦終盤で出久たちに救出される。

出久・通形と病院で面会した際、笑顔の作り方が分からないと語り、そこで出久が壊理を文化祭に招待、1-Aのパフォーマンスを見て興奮し笑顔を見せる。

 

出久は個性を使いこなせるか?

死柄木はイレイザーヘッドにとどめを刺そうとしています。

エンデヴァーや出久たちが止めようとしていますが、全く歯が立たないようでした。

そのとき、デクが自分の個性を発揮させようとしていました。

しかし、この新しい個性を出久はコントロールできないようです。

そのため、暴走する可能性もあります。

しかし、デクが個性を発揮しない限り、死柄木を止めることはできないでしょう。

 

ギガントマキア

ギガントマキアの姿は異形の巨人。

森の上から頭が突き抜けるほどのデカい!!

そのうえ、とてつもない威圧感!!

ギガントマキアはオールフォーワンの忠実なる下僕で、彼の身辺警護をしていました。

ギガントマキアは144話の切島の回想シーンに一度登場しています。

切島の中学時代、街中で女子中学生に執拗に「スプリンガーのヒーロー事務所の場所」を尋ねている巨体の男。

その時には頭からフードを被り、顔はよく見えない状態でしたが、口や鼻などの特徴から分かりました。

 

崩壊

死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていました

死柄木が、ネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと・・

つまり、ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールも可能だということ。

味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。

崩壊の個性をコントロールできる死柄木。

 

トガヒミコ!?

進行を続けるギガントマキアの背に乗って、敵連合は死柄木の元に向かっています。

そんな中、いつも不敵な笑みを浮かべているトガヒミコが、一人真顔で遠くを見ています。

そんなトガをMr.コンプレスが「雄英生を探しているのか?」と尋ね、トガも肯定していました。

そして「その答えによっては──…大丈夫です」と、怪しげな言葉

そしてやはり狙いはデクとお茶子に向けられているようですが、以前とは違い、目つきが悪くなっていますね。。

仲間想いのトガは目の前でトゥワイスが死んで、なにか心の心境があったのでしょうか?

 

エンデヴァーが燈矢を焼き殺した?

荼毘の正体がついに明かされた!

燈矢でした

エンデヴァーがトップヒーローになって、段々と認められて、家族とも少しずつ和解して、それを待ってから叩き落とす算段だった

まあエンデヴァーが燈矢にした仕打ちも許されるもんじゃない。

燈矢は誰を焼いて、どう報じられてる?

家族はそれをどう受け止めてる?

 

ヒロアカ292話展開予想

『ヒロアカ』292話以降に起こりそうな展開を予想していきます。

 

ギガントマキアを止める!

ギガントマキアを止めるために、山の中ギガントマキアに麻酔を打とうと頑張っていた生徒たち。

しかし、ギガントマキアに相手にされていませんでした。。

さらに、プロヒーローたちは、邪魔なハエというレベル。

もう立ち上がれないようにとかなり強い攻撃を受けました。

逃げることも正しい行動だと言われても、ヒーローとしてギガントマキアに奇襲を仕掛けられるのは、相手にされていない生徒たちです。

相手にされていないからこその攻撃ができるでしょう。

意外な伏兵がギガントマキアを止めるでしょう。

 

グラントリノの死

死柄木は狂気の笑みを浮かべたまま身を翻し、グラントリノの左足を掴んでそのまま握り潰してしまいます。

痛みに耐える最中、グラントリノは自身のバディであり先々代のワンフォーオール継承者、そして死柄木の実の祖母である志村菜奈のことを思い出します。

彼女の想いと行動が最悪の形で裏目に出た結果の、大事なバディだった彼女の孫である死柄木にによって、グラントリノは地面に叩きつけられました。

グラントリノを掴む死柄木のその手からは、大量の血が噴き出しています。

グラントリノは戦闘不能であり、重傷を負っているでしょう。

デク達と一緒に前線に出てはいますが、同世代の志村菜奈が死柄木の祖母であることから、グラントリノ自身もそこそこの高齢だと思われます。

グラントリノはこのまま死んでしまうか、再起不能でもう戦うことはできないでしょう。

 

ギガントマキアを止める

和歌山から京都までまっすぐに進んできているギガントマキア。

ヒーローたちは血まみれで倒れている。

八百万に何か考えがありそうですね。

最後の希望だと言っているので期待できそうです。

少しでも時間を稼げば、睡眠薬が効いてきそうです。

八百万の作戦で足止めを狙うが、うまくいかなかった・・しかし、そのおかげで麻酔薬が効いてきた・・という展開を予想しました。

 

出久の個性

死柄木はイレイザーヘッドにとどめを刺そうとしています。

そのとき、デクが自分の個性を発揮させようとしていました。

しかし、この新しい個性を出久はコントロールできないようです。

このまま暴走してしまうかもしれませんが、デクは個性を使い死柄木を止めてくれると思います。

 

崩壊

死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていました。

ネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと発言しました。

ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールもできる。

味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。

崩壊の個性をコントロールできる死柄木は、イレイザーの抹消さえなければ、躊躇することなく個性を使用してくるでしょう。

 

オールフォーワンが死柄木を乗っ取る

死柄木は自身の中のオールフォーワンと話しています。

デクのワンフォーオールでも見られるのですが、明らかに違うのがオールフォーワンは宿主である死柄木に自分の言うことを聞かせようとしている。

執拗に「ワンフォーオールを奪え」と繰り返しており、死柄木はそれを無視して力を制御しようとしています。

しかし、無意識にオールフォーワンに従っているようです。

エンデヴァーの攻撃で大ダメージを負った死柄木が失神した瞬間に、オールフォーワンが死柄木の体を動かし、ワンフォーオールを奪おうとします。

ギガントマキアは爆走する中で、死柄木の中のオールフォーワンの気配を感じ取っていましたので、さらに死柄木の中に精神を移らせたのでしょう。

 

ヒロアカ292話考察ネットの声

 

ヒロアカ292話最新ネタバレ確定

ヒロアカ292話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

 

ヒーローへの信頼が揺らぎ、自分の言い分が世の中にしっかりと伝わるタイミングを狙っていた荼毘。

しかし、その思い通りにはいかせない、とこのタイミングで参戦したベストジーニスト。

かつて見たベストジーニストが本当に死んでいたことを確認していた荼毘ですが、ベストジーニストは蘇ったのだ。

ベストジーニストは、自分たちが一縷の希望を紡ぐのだ、とギガントマキアおよび周りにいたヴィランたちを繊維で縛り上げました。

指示のない上に体力もかなり消耗しているギガントマキアは、このまま死柄木の指示がなければやられてしまうとスピナーは判断し、死柄木を起こそうとします。

死柄木に声をかけ続けるスピナーを止めようと波動が飛んだ時、強力な荼毘の攻撃に波動が攻撃を食らってしまい、戦闘不能に・・

荼毘が「エンデヴァーの炎」を使ったのだ。

涙目の轟は荼毘がこれ以上被害を増やすことを止めたくて叫びます。

その時、死柄木が痒さを感じ始めました。

痒さを止めるための破壊、死柄木はかすれる声でギガントマキアに破壊の指示を出します。

力をますギガントマキアは唸り声をあげ、ベストジーニストの糸をちぎり始めます。ギガントマキアが起き上がろうとします。

その時轟は荼毘と衝突。

エンデヴァーを苦しめたいと言う想いのみで大切にしてくれた夏雄までも殺そうとした荼毘は、もう何も感じないと言って笑うと轟を焼き殺そうとします。

まだギリギリギガントマキアとヴィランを止めることが出来ているベストジーニスト。

ここで脳無たちがベストジーニストに迫ってきます。

ベストジーニストの集中が途切れてしまえばギガントマキアが立ち上がることは確実です。

援護しなければいけない、と出久は動かない体を必死に動かそうとします。それでも体は動きません。

「ベストジーニストを援護しろ」と叱咤する最中、ベストジーニストに迫りくるニアハイエンドたちを一掃する影が現れたのです。

それは雄英高校三年生、かつてオールマイトの後継者にふさわしい男と呼ばれた、デクの兄弟子ともいえるミリオ・・・

 

 

 

 

ネタバレは作品の楽しみを奪うのか否か

一般的に、ネタバレはこれから作品を鑑賞しようとしている人の楽しみを奪い、作品の魅力を台無しにしてしまのでしょうか?

あるネタバレの研究がある。

2011年にカリフォルニア州立大学心理学部が学生30人を対象に行ったネタバレ実験では、これから読む推理小説の結末ネタバレを知らされずに読んだ読者よりも、結末に関するネタバレを知らされていた読者の方が、作品を楽しめたという評価が高くなるという結果が得られた。

研究者はこの実験結果を、あらかじめ結末ネタバレを知ることによって作品のプロットや散りばめられた伏線に対する理解が深まり、その結果として自分が理解しやすい内容を好ましく感じる脳の作用が反映された結果だと推測している。

ということは、ネタバレにより作品の魅力をより楽しめるということでしょう。

 

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『僕のヒーローアカデミア』

エンデヴァーの人生を終わらせようとした荼毘。

しかしベストジーニストにより阻止!

ベストジーニストは生きていた。

電波ジャックからか、街では荼毘の映像が流れているため市民はエンデヴァーやヒーローへの信頼を失いつつある。

敵の数と比較すると圧倒的にヒーロー側が劣勢。

どのような戦いが展開されるか・・・?

そこで、今回は、ヒロアカ292話最新ネタバレしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『ヒロアカ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP

(Visited 102 times, 3 visits today)