ヒロアカ282話最新ネタバレ確定|ワンフォーオールの力の制御

ヒロアカ283話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『僕のヒーローアカデミア』

イレイザーヘッドの右足に死柄木の放った個性消失弾が命中。

個性消失が全身に及ばないように自ら右足を切断。

これには死柄木もかっこいいと思った様でした。

しかし、ヒーロー側はすでにボロボロの状態です。

轟の参戦によって逆転をすることができるのでしょうか?

そこで、今回は、ヒロアカ282話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

ヒロアカ読んだら  悲しくなった 出久には  頑張って欲しいな

 

ヒロアカ282話展開考察

『ヒロアカ』281話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

個性消失弾

ヒロアカ270話でエクスレスが見つけた装置は、壊理の個性から作られた個性消失弾だったことが判明しました。

その一発が、死柄木のポケットの中から取り出されました。

その狙いはまっすぐに、死柄木の個性である「崩壊」を抹消しているイレイザーヘッドを狙っています。

やはりオールフォーワンにとっても相性が悪い個性を、ここでイレイザーヘッドの個性を消しておきたい気持ちはあるでしょう。

ドクターは「欲しかった」と言っていました。

イレイザーヘッドはこのまま個性消失弾によって、個性の「抹消」を消されてしまうのでしょう。

 

壊理

壊理の個性はイレイザーヘッドが見守り管理したことで発動可能でした。

しかし、イレイザーヘッドがもし力を失ってしまったら、取り戻すためには壊理の個性が必要です。

壊理は、八斎會組長の孫娘。

母親である組長の娘は結婚の際に組長と揉めて絶縁。

自らの“個性”で父親を消滅させたことで母親に捨てられ、組長に引き取られた。

その後、オーバーホールによって八斎會の地下に幽閉されていたが、脱走して出久がインターン初日のパトロール中に出会う。

この際オーバーホールが娘とごまかしたため、ヒーロー側には彼の娘と誤解される。

八斎會突入作戦終盤で出久たちに救出される。

出久・通形と病院で面会した際、笑顔の作り方が分からないと語り、そこで出久が壊理を文化祭に招待、1-Aのパフォーマンスを見て興奮し笑顔を見せる。

 

ギガントマキアの進行先

ギガントマキアの進路をニュースで流していましたね。

「現在、超大型の敵が、和歌山県群訝山から、京都府蛇腔まで、まっすぐ北上しています」

「予想進路、未野市、香薫市、根羽呂市、播戸市、藻周市、堀巣市、蔵人市、仮妥市、唐鞠市、維奈良市、波羽市、砂色市」

と発表しています。

しかし、ヒーローたちは、今回の作戦でほとんど残っていない状況です。

誰が止めることができるのでしょうか?

ギガントマキアは山を下り、住宅街へと突進しています。

これってやばくないですか??

 

ヒロアカ282話展開予想

 

グラントリノの死

死柄木は狂気の笑みを浮かべたまま身を翻し、グラントリノの左足を掴んでそのまま握り潰してしまいます。

痛みに耐える最中、グラントリノは自身のバディであり先々代のワンフォーオール継承者、そして死柄木の実の祖母である志村菜奈のことを思い出します。

彼女の想いと行動が最悪の形で裏目に出た結果の、大事なバディだった彼女の孫である死柄木にによって、グラントリノは地面に叩きつけられました。

グラントリノを掴む死柄木のその手からは、大量の血が噴き出しています。

グラントリノは戦闘不能であり、重傷を負っているでしょう。

デク達と一緒に前線に出てはいますが、同世代の志村菜奈が死柄木の祖母であることから、グラントリノ自身もそこそこの高齢だと思われます。

グラントリノはこのまま死んでしまうか、再起不能でもう戦うことはできないでしょう。

 

ギガントマキアを止める

和歌山から京都までまっすぐに進んできているギガントマキア。

ヒーローたちは血まみれで倒れている。

八百万に何か考えがありそうですね。

最後の希望だと言っているので期待できそうです。

少しでも時間を稼げば、睡眠薬が効いてきそうです。

八百万の作戦で足止めを狙うが、うまくいかなかった・・しかし、そのおかげで麻酔薬が効いてきた・・という展開を予想しました。

 

 

ヒロアカ282話考察ネットの声

 

ヒロアカ282話最新ネタバレ確定

ヒロアカ282話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

 

ギガントマキアは止まらない

ギガントマキアが通った後の群訝山は地面が抉れて地形が変わったようだった。

麻酔薬をギガントマキアに飲ませたが、ギガントマキアは止まらず暴走を続けていた。

ギガントマキアに麻酔は効かないようだ。

ギガントマキアを食い止めようとプロヒーローたちは奮闘していた。

しかし、ヒーローたちになすすべはなく、それでも生徒だけでも守ろうとヒーローの手によって合同チームは九死に一生を得ます。

ヒーローたちがどうなったのかの確認も出来ない中、八百万は今自分たちが無事に生きているのは自分たちが「敵」とみなされていないと感じた。

脳無にマキア、王である死柄木のために動く強い兵たちによって、ヒーロー飽和社会は終わりを告げることが殻木にとってとてつもなく嬉しいものだった。

 

出久の必死の怒り

死柄木の近くでは、轟が熱くなりすぎたエンデヴァー冷ましている。

ロックロックとマニュアルがイレイザーヘッドの止血をしている。

その時にも、出久のことは逃がそうとしている。

しかし、涙を流し、口で息をする出久は必死に怒りから自分の精神を保っている。

そのため、死柄木をこのままにして逃げることはできないと思っている。

 

死柄木に変化が

死柄木は逃げない出久を殺そうと思い立ち上がる。

しかし直後、右腕が折れて血が噴き出してきた。

死柄木は自分に何が起きたのかわかっていないようだ

調回復が機能している今、たとえ体の限界を超えようともすぐに再生するはず。

死柄木は今がいつなのかと疑問を感じている。

出久は死柄木の体が壊れた理由に気づいているようだ。

過去の自分と同じように、オール・フォー・ワンを移植したばかりの死柄木の体は力に追いついていないようだった。

死柄木がまだ75%で目覚めたが故の弊害。

きっかけを作ったミルコは今も必死に生きようとしている。

 

志村菜奈の個性

深手を負うもののそれでも動こうとして、死柄木は一度体勢を立て直そうと距離を取る。

その隙を出久は見逃さない・・・。

デクは、ワンフォーオールの力をまた振り絞り、黒鞭を使って死柄木を捕まえようとした瞬間、デクの体に変化が起きた。

黒鞭を発動させながら、フルカウルの電撃のようなオーラを身に纏ったデクは、死柄木とともに空へ。

そう、この瞬間に先々代ワンフォーオールである志村菜奈の個性「浮遊」が、デクに継承されて発動したのだった。

これ以上被害を増やさないよう、「空(ここ)で」と口にしながら、デクは拳を握り、構えた。

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『僕のヒーローアカデミア』

イレイザーヘッドの右足に死柄木の放った個性消失弾が命中。

個性消失が全身に及ばないように自ら右足を切断。

これには死柄木もかっこいいと思った様でした。

しかし、ヒーロー側はすでにボロボロの状態です。

轟の参戦によって逆転をすることができるのでしょうか?

そこで、今回は、ヒロアカ282話最新ネタバレ確定をお送りいたしました。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきました『ヒロアカ』(⌒∇⌒)

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP