呪術廻戦121話最新ネタバレ確定|虎杖は真人をフルボッコ!

呪術廻戦121話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

七海が虎杖の目の前で死亡してしまいました。

虎杖はすごく怒っていましたね

宿儺がやってしまったことは虎杖にとってみんなに申し訳ないと思っているでしょう。

しかし、真人に関してはこれまでのこともあり、虎杖の怒りは大きい。

しかも今回目の前で殺されたのは仲間であり先輩。

虎杖は、真人は人間ではないため、早く真人を殺して全てを終わらせたいと思います。

しかし、宿儺の戦いのせいで虎杖の体はかなり弱っているのではないでしょうか

そこで、今回は、呪術廻戦121話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

五条先生は伏黒を自分と同レベルの術師になるようけしかけてるけど
魔虚羅はいわば自爆技で、特にデメリットのない(よね?)六眼+無下限と比べるといまいちのような…
五条先生はどちらかというと魔虚羅そのものよりは十種影法術の応用のしやすさとかを評価してるのかな。

呪術廻戦122話ネタバレ>>

 

呪術廻戦121話展開考察

『呪術廻戦』121話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

虎杖には重い?

宿儺からやっと虎杖に戻ってきました。

しかし、虎杖は喜ぶことはできないですね。

宿儺のしたことを考えると・・

さらに、宿儺は虎杖と交代する間際、噛み締めろと言い残しました。

それを理解できるときに、宿儺が虎杖に代わったのもそのことを考えてのことでしょう。

宿儺のせいで死んだ人たちのことを思うと、やりきれない気持ちでは・・?

それも虎杖自身が関わっている以上、罪の意識にさいなまれることでしょう。

それを背負っていくのは虎杖には重いのではないでしょうか?

 

虎杖に生まれた何か

虎杖は宿儺が行っていた全ての行動を知っていたようですね。

絶対に人間を殺したくない虎杖。

しかし、宿儺が自分の体を使って人を殺してしまったことは大きなショックです。

死にたいとまで思いました。

しかし突如正気に戻り、戦わなければいけないと移動を始めました。

それは、単なる罪悪感や罪滅ぼしのためではなく、虎杖に芽生えた何かがあったのでしょう。

新しい意識や想い。

それによって、虎杖は行動できるのでしょう。

 

宿儺と裏梅

裏梅に準備をしておくように命じた宿儺。

宿儺と裏梅の目的は一体何なのでしょうか?

裏梅は偽夏油と行動を共にしていましたが、目的は異なりました。

また、偽夏油と呪霊たちの目的も異なります。

偽夏油の最大の目的は五条悟の封印で、宿儺の復活には重きを置いていません。

呪霊たちの目的は、呪霊が今の人間にとって代わること、そのために宿儺の復活を目指しているというところ。

ですが裏梅の目的は、ただ純粋に宿儺の復活です。

それぞれ真の目的は異なりますが、利害の一致で行動を共にしているだけ。

今の宿儺は指を15本飲んでいる状態となり、残る指はあと5本なので、宿儺完全復活も遠い話ではありません。

宿儺本人も、自分が自由になるのはそう遠くはないと発言していることから、宿儺と裏梅の目的は、宿儺完全復活でしょう。

 

呪術廻戦121話展開予想

呪術廻戦121話以降に起こりそうなことについて予想していきます。

真人と虎杖が戦う?

七海を殺されて、怒っている虎杖ですが、精神的なショックもあって戦うことはできるのでしょうか?

さらに、宿儺は虎杖の体を好きに使っていましたね。

宿儺は、八握剣異戒神将魔虚羅と戦って、虎杖の体のダメージは相当なものだと思います。

真人と虎杖は戦いにはならないような気がします。

しかし、七海に後を頼むと呪いの言葉をかけられた虎杖。

爆発的な強さを見せるのでは?

 

偽夏油VS冥冥

夏油の偽物と冥冥との戦いはどうなっているのでしょうか?

夏油の偽物は今回の主犯格。

宿儺を知っている裏梅も仲間でした。

冥冥には夏油の偽物を倒すことは無理でしょう。

冥冥がいくら強くても勝てる相手ではないと思います。

しかし、夏油の偽物のそこまで倒しておきたい相手ではないので、2人の戦いはあっさりと終了するでしょう。

 

呪術廻戦121話ネット上の考察

呪術廻戦121話最新ネタバレ確定

呪術廻戦121話最新ネタバレ判明したので追記します。

虎杖のダッシュ

虎杖は真人に向かって走り出す。

その足元には大量の真人が作った改造人間たちが転がる

真人は向かってくる虎杖に向かって、改造人間で迎えた。

助けを求める改造人間!

形を変えた改造人間をかわす虎杖。

しかし、その後ろには真人が・・・

 

真人の攻撃

真人の攻撃は

複数の魂を融合させる「多重魂」

融合に生じた拒絶反応を攻撃へ応用する「撥体」で虎杖に迫る。

どうにか融合された改造人間の攻撃を止めた虎杖。

その瞬間、大きく開かれた改造人間の口から真人が現れた。

 

激おこ

真人の攻撃を受け、額から血を流す虎杖。

さらに、真人の放った改造人間が悲鳴を上げる。

目の前で七海を殺された虎杖は、真人が人間の命を弄ぶことに激怒

簡単に殺すのがダメなら、苦しめてから殺す方がいいのかと、という真人。

そして、真人の正体を知りたがる虎杖に向かい、「虎杖は自分である」と言った。

この態度にさらに怒りを覚える虎杖。

真人は、いちいち怒るな、と言う。

 

呪術師は感情をコントロール

さらに、この事実を認めなければ虎杖は勝てないと・・

真人の行いに激怒する虎杖。

しかし、呪術師は感情をコントロールしなければ勤まらないでしょう。

自分が呪術師であることを証明するために怒りを抑える虎杖。

そして、真人に向かう・・

 

無為転変

真人は、虎杖に自分の術式・無為転変は無効だと思っていた。

「真人は強度を落とすことなく、削られても大丈夫な範囲内で魂の形を変えて戦うだろう。」

虎杖がそう考えていると予想した真人。

そして、魂の形を変えることなく、強度を高め、虎杖の心臓を狙うことに。

接近戦が開始されるかと思った次の瞬間、真人の前にいたはずの虎杖が消えた。

何と虎杖は、股関節や肩の関節を外すことで、瞬時に真人の足元に移動。

さらに真人の頭を狙って卍蹴り。

続けざまに蹴りを入れられる真人・・・・・

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』

七海が虎杖の目の前で死亡してしまいました。

虎杖はすごく怒っていましたね

宿儺がやってしまったことは虎杖にとってみんなに申し訳ないと思っているでしょう。

しかし、真人に関してはこれまでのこともあり、虎杖の怒りは大きい。

しかも今回目の前で殺されたのは仲間であり先輩。

虎杖は、真人は人間ではないため、早く真人を殺して全てを終わらせたいと思います。

しかし、宿儺の戦いのせいで虎杖の体はかなり弱っているのではないでしょうか

そこで、今回は、呪術廻戦121話最新ネタバレ確定をお送りいたしました。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP