【東リべ】ドラケンが撃たれた!本当に死んだのか展開を解説(ネタバレ注意)

【東リべ】ドラケンが撃たれた!本当に死んだ
Pocket

東リべ(東京リベンジャーズ)のドラケン(龍宮寺堅)が撃たれて本当に死んだという噂があります。

その噂のきっかけは原作第220話のタケミチ(花垣武道)と瓦城千咒との遊園地デートの話からになります。

そこになぜタケミチが関わっているのでしょうか?

そしてドラケンは撃たれて本当に死んだのか?

誰に撃たれたのか?

今回はその噂の真相を解説していきます。

※東リべ(東京リベンジャーズ)のネタバレになるのでご注意ください。

 

 

[東リべ]ドラケンが登場するまでの流れ


タケミチが千咒とデートをしている中、タケミチは千咒が死んでしまうという未来視をしていたので不安が募り、デートどころではありませんでした。

購入したご飯も喉が通らないほどにタケミチはデートに集中できませんでした。

そして雨が降っていたので雨宿りをしていたタケミチと千咒。

「ちょっとトイレいってくる!」と言いその場を離れた千咒にタケミチは何気ない返事をしました。

しかしこの直後にタケミチは千咒はタケミチを庇って死んでしまうことを思い出し、このままでは危ないと思い、タケミチは千咒を探しに行きます。

目を離さなきゃよかったと気づき、タケミチは急いで千咒を見つけ出そうとします。

「千咒は俺を庇って死ぬ」と予測したタケミチは、自分が狙われているのだと思い、追いかけ続けていましたがその時でした・・・。

 

襲撃者に遭遇

黒ずくめの集団がタケミチの前に現れます。

その連中は、タケミチをいきなり攻撃せず、「弱そう」、「でも千咒と一緒にいたから本人だ」、「サウスさんに相談するべきだ」などと言い合っていました。

サウス(寺野南)は六波羅単代の総代なので、この襲撃者たちは六波羅の連中だということが分かります。

そして一人の男が「サウスさんならわかってくれる」と言うと男はタケミチに銃口を向けました。

タケミチは千咒はこの襲撃で自分から守ろうとして死ぬんだと気づきました。

そしれ千咒はタケミチが襲われているのに気づき走り出してきました。

タケミチは止まるよう叫びますが、千咒は止まろうとしません。

タケミチは襲撃者に背中を向けて千咒へと走り、銃を庇うために抱きついて押し倒しました。

その時、男が発砲しました。

 

ドラケンが登場!

男がタケミチに向けて発砲し、ドンドンドンという音が響きました。

しかしタケミチは無傷でした。

そして何者かが襲撃者を殴る音が聞こえ、タケミチが恐る恐る目を向けるとそこにはドラケンの姿がありました。

ドラケンはタケミチを振り返りこう言いました。

「大丈夫か?タケミっち」

 

[東リべ]ドラケンは本当に撃たれたのか?

襲撃者を撃退したドラケンに対しタケミチは「ありがとうございます。ドラケン君」と礼を言い、ドラケンは「ああ・・・」「物騒なモン持ち歩きやがって・・・」と落ちている銃を蹴飛ばしました。

タケミチは千咒に「大丈夫!?ケガない!?」と聞くと千咒は「う・・・うん」と答え、千咒の死を防ぐことができました。

一方別の場所にいたマイキー(佐野万次郎)は雨が降っているのを眺めながら「嫌な予感がする」とつぶやいていました。

タケミチはこの先どうなるのかを聞くとドラケンは「“マイキー”はこうなる事を見越してたかもしれないな」と言い、タケミチは本当は千咒が死ぬはずで、それを防げたのはドラケンのおかげだと感謝の意を伝えました。

するとドラケンは「そうか・・・よかった」とほほ笑んでいました。

ところがこの直後ドラケンはこう言います。

「オレは、ここまでだ」

 

ドラケンが倒れた!

ドラケンは地面に仰向けで倒れ、服には赤いシミが3か所ありました。

つまりドラケンは3発撃たれたと思われます。

タケミチは「ドラケン君!」と叫び、すぐ救急車を呼びました。

絶対助かると信じているタケミチ。

しかしドラケンは「そうか…オレは死ぬんだな…」と自分の死を悟りはじめました。

 

[東リべ]ドラケンは本当に死んだのか?

自分の死を悟るドラケンに否定をするタケミチは絶対助かると信じ、救急車が来るのを待ちます。

その間にドラケンは自分の死はタケミチのせいじゃない、タケミチのために死ぬと告げます。

そしてドラケンは自分の過去を振り返り、自分は小学生の時はよく喧嘩をして負けていたと告白します。

それにタケミチは驚きを見せます。

ドラケンは喧嘩に負けて地面に仰向けになって空を見上げると「なんか全部がどうでもよくなって気持ちが晴れた」と言います。

さらに「マイキーは知らねえんだ、この空を」「負けたことがねぇって…やっかいだよな」とマイキーのことを言及し始めます。

ドラケンはマイキーが好きだと伝え、涙ながらに「マイキーを頼む」と言い残し、それに対しタケミチは「…はい!」と返事しました。

そしてドラケンは救急車に運ばれました。

 

「初日の出暴走」の回想

ドラケンの脳裏に浮かんだものは2005年元日の「初日の出暴走」でした。

東卍の幹部のメンバーで初日の出を見にバイクを走らせ海に向かうシーンで、東卍が力が大きくなっていることでパーちんが「やっぱボスが最強だかんな」、それに対しドラケンは「オレら東卍の看板“無敵”のマイキーだぜ!?」とマイキーを褒めていました。

そして砂浜でマイキーが初日の出の方向に手をかざし「つかめんぞ天下!」といい握りしめ、ドラケンは「ああ!今年は全国制覇だ」と賛成しました。

そして回想が終わった後、ドラケンは「今行くぜ…エマ」と言いエマに手を引かれる姿がありました。

 

最終的にドラケンはどうなった?

タケミチは救急隊員に助かるかを聞きましたが、救急隊員はこう言いました。

「残念ながら…もう亡くなっています」

ドラケンの死亡は確定になったのです…。

タケミチはショックのあまり茫然自失になり、千咒が何度も話しかけますが、タケミチは全く耳に入らないで廃人のような状態になってしまいました。

 

まとめ

以上、東リべ(東京リベンジャーズ)のドラケン(龍宮寺堅)は撃たれて本当に死んだのかの真相でした。

襲撃者に襲われ、千咒が来るのを止めて庇うために押し倒すと銃声が鳴り響き、その後襲撃者が殴られる音が聞こえ、そこにはドラケンの姿がありました。

襲撃者を撃退したのち、千咒が死なずに済んだとドラケンに感謝するタケミチ、しかしドラケンは倒れ、服には撃たれた跡が3カ所も。

ドラケンは自分の死を悟り、マイキーを頼むとタケミチにお願いし、救急車に運ばれ、「初日の出暴走」が脳裏によぎります。

そしてエマの手に引かれる姿が描かれ、ドラケンは息を引き取りました。

ドラケンは本当に死んだということでとてもショックな話でしたが、これから東リべはどうなっていくのでしょうか?

 

是非続きも読んでみてくださいね!

(Visited 37 times, 1 visits today)