ドクターストーン166話最新ネタバレ確定|最強のナイトでエレガントな詰み、チェックメイト

ドクターストーン166話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『ドクターストーン』

マシンガンをもって船内に入ってきた敵を1人制圧。

しかしペルセウスに乗っている皆が捕まってしまっている状況は最悪。

ゼノの王国の人たちは、躊躇なく人を殺すと思います。

その中で、人質を取られているのは危険ですね。

さらに船内に乗り込んできたのは森から出てきた敵なので潜水艦の中にはまだ敵がいる模様。

ゼノは乗っていないのでしょうか?

指示を出す人は必要だと思いますが・・

そこで、今回は、ドクターストーン166話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

ドクターストーン毎週毎週気になる、感動、考え、考察 させる要素が多すぎる

ドクターストーン167話ネタバレ>>

 

ドクターストーン166話展開考察

『ドクターストーン』164話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

千空の体調が気になります

龍水の操縦する飛行機に千空も乗り込んでいました。

千空がスタンリーに撃たれたのは2週間前のこと、

千空のけがの具合が気になります。

見た感じ、顔色は冴えないですが、何とか立ち上がることができるくらい回復したようです。

しかし、揺れの大きな飛行機に乗るのは心配です。

なるべく、早めの決着をつけてもらいたいです。

龍水の操縦のテクニックには問題はなさそうですが・・・・

やはり、千空が乗っている以上何かしら科学の武器を積んでいると思われますね。

 

小さな飛行機と大きい飛行機

現代における小さい飛行機と大きな飛行機について考察していきます。

大きな飛行機と小さい飛行機を安全性について比べてみます

イメージとして、
・小さい飛行機→小さい、弱い、落ちやすい、怖い。
・大きな飛行機→大きい、強い、落ちない、安心。
とたいていの人は想像するでしょう。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

飛行機の機体の料は、ジュラルミンなどのアルミ合金であり、最近ではかなりの部分が複合材で出来ています。

それは大きい飛行機でも小さな飛行機でも、ほとんど同じで、同じ強度を持った材料で構成されています。

同じ強さの材料で造られているなら、大きな構造物より小さな構造物の方が構造物全体として頑丈であることは容易に想像できます。

根本的に、小さな構造物である小さな飛行機の方が、大きな構造物である大きな飛行機よりも構造物全体としての強度は高いのが当然です。

飛行機が空を飛ぶための方法である翼による揚力の発生は、同じベルヌーイの法則から成っており、何も変わりません。

また、小さなプロペラ機は、万が一、エンジンが止まってしまっても、細長い主翼で滑空しグライダーのように着陸する事もできます。

しかし、大きなジェット機は、高速が出るように空気抵抗の少ない翼でエンジンが止まれば、真っ逆さまです。

 

ドリル&筋肉

クロムの作ったドリルは、一つのドリル。

司たち500人分の力はあるのではないでしょうか?

ただ、トンネルを掘って進むのは時間がかかるでしょう。

現代のトンネルを掘る機械だと、毎分2センチから10センチ、従って時速1メートルから6メートル、キロであらわすと時速0.001~0.006キロです。

クロムの作ったドリルではゼノのアジトにたどり着くまでどのくらいかかるのでしょうね。

 

潜水艦は簡単に作れるのか?

ゼノの潜水艦は深海に潜ることを目的としていないため、作るのは難しいことはないようですね。

既存のボートに蓋をしてある程度の簡易的な構造になっています。

しかし、爆弾を積むこともできるので、考えられた設計ですね。

 

ドクターストーン166話展開予想

『ドクターストーン』166話以降の起こりそうなことを予想していきます。

 

ゼノたちが作っているもの


ゼノとスタンリーの会話の中で「例のアレ」という言葉が出ました。

それは石化装置を使う間もなく科学王国を制圧できるものらしいですね。

作るブロディは天才メカニックです。

ブロディは石化直前に集まっていた軍人たちを見てスーパーヒーローといっていました。

軍のメカニックのようですね。

そのため、武器の製造はお手の物でしょう。

このシーンに出てくるシルエットからかなりの大物のようで、ミサイルのようなものでしょうか?

また、これをゲンに見せたのは、仲間たちと連絡を取っているだろうということで、けん制の意味もあったのではないでしょうか?

 

ルーナの恋の行方

カルロスは石化前に、プラチナの指輪をルーナに渡すつもりでしたね。

しかし、石化が解けた今、その指輪はゼノに発明の道具として使われてしまっています。

カルロスがルーナに指輪を渡すことはできなくなりました。

さらに、千空がルーナの彼氏に・・・?

かなりショックを受けたと思いますが、ルーナの味方だということで大樹たちに協力をしてくれました。

カルロスはルーナが幸せならそれでいいと思っているようですね。

ルーナが選んだ人だからと、二人の仲を認めているようです。

しかし、千空にとって恋愛には興味がなく、ルーナを利用したという結果になる出そう。

そうなると、カルロスは怒るでしょう。

だが、ルーナにとっては千空を憎むことはないと思います。

最終的にはカルロスの気持ちを受け入れるのではないでしょうか?

カルロスならルーナのことを大切にしてくれそうですね(^▽^)/

 

ドクターストーンネットの声考察

 

ドクターストーン166話最新ネタバレ確定

『ドクターストーン』166話最新ネタバレが確定したので追記していきます。

ペルセウス制圧

ペルセウス制圧はすぐにゼノに伝わった。

ゼノたちの科学王国は、たとえ空中では負けたとしても着陸地をなくせば勝ちだと思っていた。

しかし報告後に状況は一変、船内からモズや松風が出てきた。

氷月から管槍の使い方を伝授されていたモズはその使い勝手の良さに大満足の様子。

マシンガンを持った戦闘員たちは逃げようとしている。

すると、今度は手りゅう弾を装備した男が現れた。

無数の手りゅう弾が投げ込まれ、モズの眼前に来ると今度は松風が前に・・

 

モズはサイテーだけど頼もしい

松風は手りゅう弾を一瞥し、忌まわしい石化装置のような範囲攻撃だと見切り、数百年前から投擲対策は磨いているといった。

次の瞬間、松風は居合によって手りゅう弾を全弾潜水艦の方に打ち返えす。

潜水艦上で大爆発が起こると、松風に現代と古代の合わせ技はいいとモズが言った。

手りゅう弾の戦士がさらに強力な爆弾を取り出した。

しかし、こんなに狭い所で使うものじゃないと止められていた。

するとモズが、そんな爆弾を使えばかわいい子も巻き込まれて死ぬ、生きた奴隷が欲しいのに無茶してはだめだとと言う。

すでに捕らわれている南とキリサメがいやらしい、サイテーだけど味方だと頼もしいと言っていた。

空中戦終了

その時空中戦も終了

アセチレンガスを吸い込んだ機体は爆発を起こし、墜落。

ただ誤って千空たちの機体も吸い込んでしまい、一緒に墜落を始めた。

森に落ちた千空たちはスタンリーの身柄を確保しようとする。

しかし、そこで銃撃が・・

銃弾は二人の横をかすめただけだった。

龍水はスタンリーならこの至近距離で外す訳がない、パイロットはスタンリーでないことに気が付く。

 

かくれんぼはおしまい

その予感は当たり、戦闘機から小柄な女戦士が這い出てきたのだった。

戦士は、神腕スナイパーが張っているとなれば千空たちは船内にこもる、制圧を楽にするためにスタンリーのフリをしたのだと・・・。

同じころ、空中戦が終わったことを見届けた女性が手を叩き、かくれんぼはおしまいだと言う。

次の瞬間、潜水艦からスタンリーが飛び出してきたのだった。

 

チェックメイト

スタンリーは甲板に着地し、モズと松風の武器と利き腕を正確に撃ち抜いた。

潜水艦にいるゼノはチェス盤にナイトの駒を置いていた。

満足そうな顔をしたゼノは、最強のナイトでエレガントな詰み、チェックメイトだとゼノは言った。

ゼノの前にはすでに司が現れた。

 

まとめ


少年ジャンプ連載漫画『ドクターストーン』

スタンリーに銃を向ける龍水。

ヘルメットとゴーグルを空に捨てたしぐさがかっこよかったです(^▽^)/

ゼノを捕まえたいと思っていた千空はここでスタンリーを殺すつもりはありません。

スタンリーがパラシュート等などの装備はしていると思うので、死ぬことはないでしょう。

また、司たちトンネル堀チームも気になります。

そこで、今回は、ドクターストーン166話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

『ドクターストーン』

(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPアニメ公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP