チェンソーマン84話最新ネタバレ確定|マキマの目的はより良い世界を作りたい!

チェンソーマン84話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』

天使の悪魔は、「悪魔は地獄で死ぬと人間の世界に転生してくる」って言っていましたね。

さらに、地獄から現世に行く時は、チェンソーの音を聞くとも・・。

地獄の悪魔にならマキマを殺せると岸辺は考えたのでしょうが、デンジは地獄の悪魔を上回りマキマを助けました。

まるで、小さい頃憧れたヒーローみたいでしたね(笑)

そこで、今回は、チェンソーマン84話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

マキマさんデンジに入れ込んでいるのはポチタ狙い??

あまりに突然の出来事に頭がついていきません。

チェンソーマン85話ネタバレ>>

 

チェンソーマン84話展開考察

『チェンソーマン』83話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

 

未来の悪魔予言

早川の死亡、そして今回のパワーの死、これで未来の悪魔の預言は二つ実現しています。

そして、悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる。

パワーはデンジじゃなくマキマに殺されたのが気になるところだけど、早川とパワーが死亡した後に、悪魔に恐れられる悪魔が現れる。

マキマは、チェンソーの悪魔(の心臓)の力を手に入れるために、デンジを特別扱いした。

それは、「一生立ち直れないくらい傷ついてくれるか・?」

マキマはデンジに普通の生活が送れないくらい不幸になればいいのだと考えたマキマ。

しかしデンジは、もともとポチタと最底辺の生活にも幸せを感じていた。

それを超えるほどの不幸はなかなかありません。

そこでマキマは1度デンジに最高の幸せを与え、全てを壊すことでデンジが不幸になるとマキマは思ったのです。

マキマはこれからもデンジを幸せにして不幸にするといっています。

デンジに何かうらみでもあるの??ってくらいひどいことをしているマキマ・・。

 

地獄の悪魔

地獄の悪魔は、サンタクロースが契約していた悪魔。

前回登場したときは、恐怖を感じた地獄の悪魔でしたが、今回地獄の悪魔は、体をばらばらに切られあっさりとチェンソーマンに殺されてしまいました。

 

悪魔が生まれる

天使の悪魔は、「悪魔は地獄で死ぬと人間の世界に転生してくる」って言っていましたね。

恐らく悪魔は地獄で生まれるのだと自分は思います。人間の恐怖をエネルギーとして。

何故なら人形の悪魔が闇の悪魔にチェンソーの心臓を渡すためにわざわざ地獄までいきました。

これはつまり根源的恐怖の名前を持つ死を経験していない悪魔達は地獄にいて、そこから出られないということなのでしょう。

悪魔は地獄で死なないと現世には行けないのだと天使の悪魔は言っていました。

 

チェンソーの音が聞こえる理由

天使の悪魔は、「悪魔は地獄で死ぬと人間の世界に転生してくる」って言っていましたね。

さらに、地獄から現世に行く時は、チェンソーの音を聞くともいっていました。

チェンソーの悪魔は地獄で何をやっているのでしょうか。

もし、チェンソーの悪魔が悪魔から恐れられるものなら、チェンソーの悪魔は、地獄で悪魔を殺していたと考えられます。

これは、「悪魔は地獄で死ぬと人間の世界に転生してくる」ということなら、チェンソーの悪魔は地獄から人間の世界へ悪魔を送る役目があったとも考えられますね。

 

チェンソーマン84話展開予想

『チェンソーマン』84話以降に起こりそうな展開を考察していきます。

 

最も恐れられる悪魔の出現

未来の悪魔によると

早川とパワーはデンジに殺される

その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる

というのもです。

早川のデンジに殺されるというのは当たりました。

そしてパワー・・も死んだら最も恐れられる悪魔が出現します。

これがチェンソーの悪魔のことでしょうか?

天使の悪魔によると、地獄で死ぬ直前にチェンソーの音がしたと言っていて、その音はデンジのエンジン音だと言っていました。

これはポチタが関わっているのには間違いないでしょう。

もしかしたら、最も恐れられる悪魔がポチタなのではないでしょうか?

 

闇の悪魔

地獄の悪魔も死んでしまって次は闇の悪魔が出てくるのではないでしょうか?

闇の悪魔は、サンタクロースが契約していた悪魔。

体が複数のミイラで組み上げられた人型の異形がマントを羽織ったような姿をしていました。

地獄の上空にある無数のドアの一つから、両断された宇宙飛行士で作られた花道とともに現れた。

ピンツィによれば「一度も死を経験したことのない超越者」「銃なんかよりもずっとヤバい根源的恐怖の名前を持つ悪魔」の一角であり、何もせずとも魔人や悪魔たちが揃って恐慌をきたすほどの存在。

  • 一瞬で周囲を闇で覆う
  • 一瞬で対象に風穴を開けたりバラバラにしたりする
  • 覗き込むだけで血を噴出させる

など、驚異的な力を持っている。

 

チェンソーマン考察ネットの声

 

チェンソーマン84話最新ネタバレ確定

チェンソーマン84話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

 

地獄の悪魔の腕

デンジに切り刻また地獄の悪魔は、燃えて消えようとしている。

対マキマ対策部隊の一人は自分の血を集め、地獄の悪魔の口に入れた。

これにより上空に一枚の扉が現れた。

そして、その扉から手が出てきた。

その手はチェンソーマンを押しつぶしたのだった、

 

マキマへの攻撃は・・

岸部はマキマに銃口を向けていた。

デンジが地獄に落ちていく様子を後ろで腕を組みながら見ていたマキマ。

窓の外を見ていたマキマは「撃っても無駄だ」

と岸辺に言った。。

マキマへの攻撃は無作為に選ばれた国民の不幸に変えられるとのこと。

しかも、これは内閣総理大臣との契約に基づくものだと・・・

しかし、これを聞いた岸辺だったが、銃の構えを解く様子はない。

 

チェンソーマンのファン

マキマはデンジが地獄に連れ去られても動揺している様子はない。

そんなマキマの様子に疑問を抱く岸辺。

マキマは自分がデンジに助けを求めた、だからデンジは戻ってくると信じている、と言うのだった。

さらに、岸辺がマキマの正体について問いかけると、だと答えた。

チェンソーマンは地獄のヒーローであり、助けを求めると姿を現し、その場にいる悪魔を敵味方関係なく皆殺しにすると…。

さらに、チェンソーマンは殺されたとしても、何度でも立ち上がるのだと・・

 

恐れられるチェンソーマン

その頃、地獄に連れ去られたデンジは、周囲の悪魔を切り刻んでいました。

悪魔に憎まれ、恨まれ、恐れられ、崇拝されるチェンソーマン。

なぜこんなにもチェンソーマンが恐れられるのか?

それは、チェンソーマンに食べられた悪魔は、過去、現在、未来、どの時点においてもこの世からその名が消え去ってしまうのだ。

岸辺は、マキマからこの話を聞いても、その力の作用を信じられない。

岸辺がこの話を信じられないのは、これまで消されたものの名前を憶えていないから。

ナチスやエイズ、核兵器…

この世で最も憎まれ、恐れられたものはチェンソーマンに食べられることでその名が消滅し、マキマは以外のその名前を思い出せなくなるというのだ。

マキマの目的

恐怖の対象であったものたちの名前を思い出せない岸辺。

この説明を聞いても全く理解できない様子。

それでも、マキマに何か隠された目的があることだけはわかったようだった。

岸辺は、マキマがチェンソーマンを支配し、腐った世界を作ることが目的なのだと思っていたが、マキマの目的は違っていた。

チェンソーマンを支配したときには、より良い世界を作りたいのだと。

死や戦争といった人間が恐れるものが消え去れば、幸せが訪れるというマキマ。

 

チェンソーマンが戻ってきた

そんな理想の世界を追い求めるマキマ。

岸辺はマキマがチェンソーマンを支配できない可能性があると言うのだった。

しかし、自分が食べられることになっても、それはそれで本望だというマキマ。

崇拝するチェンソーマンに食べられることで、自分がチェンソーマンの血となり肉となることも幸せだと感じていた。

そんなマキマに岸辺が何も言えなくなった。

その時、ようやく地獄の扉が開いた。

そして、大量の血と共にチェンソーマンが出てきた。

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』

天使の悪魔は、「悪魔は地獄で死ぬと人間の世界に転生してくる」って言っていましたね。

さらに、地獄から現世に行く時は、チェンソーの音を聞くとも・・。

地獄の悪魔にならマキマを殺せると岸辺は考えたのでしょうが、デンジは地獄の悪魔を上回りマキマを助けました。

まるで、小さい頃憧れたヒーローみたいでしたね(笑)

そこで、今回は、チェンソーマン84話最新ネタバレ確定をお送りしてきましたがいかがでしたか?

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

『チェンソーマン』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP