チェンソーマン82話最新ネタバレ確定|涙を流しながら笑い始めたマキマ

チェンソーマン82話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』

81話は衝撃でした。

マキマさんいったい何を考えているのかわかりません。

しかもこのタイミングでパワーを殺してしまうなんて・・

こんな展開予想できませんでした。

どうしてパワーは死ななければいけなかったのでしょうか。

犬になりたいと言うデンジの選択は正しかったのでしょうか・・・?

このままでいいのか・・・?

そこで、今回は、チェンソーマン82話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

どうしてパワーは死ななければいけなかったのでしょうか。あまりに突然の出来事に頭がついていきません。

 

チェンソーマン82話展開考察

『チェンソーマン』81話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

パワーを殺したのはマキマ?

未来の悪魔の予言では早川と同じで、パワーはデンジに殺されるはずでした。

パワーはマキマの家に来た時点で様子がおかしかったです。

これはマキマに自分の身の危険を感じたのでしょうか?

パワーはこれから殺されると悟ったのでしょう。

しかし、パワーを殺したのがマキマで、デンジではありませんでした。

多分、この後パワーも死体を利用され、早川のように暴走した状態で直接デンジに殺されてしまうのではないかと思っています。

 

デンジの手が冷たいのは

マキマが「パン」と銃を撃つポーズをするとパワーの上半身(首から下と腰から上)部分が吹き飛ばされ、首と下半身のみ残った。

パワーの死を目の前で見たデンジ。

マキマはデンジの手をつかんだ。

マキマ「また手が冷たくなっちゃったね。家に入ろう」

銃の魔人になった早川を倒した後、デンジの手は冷たくなっていました。

手足が冷たくなるのはストレスによるものだと言われています。

「手足などの末端に集まる毛細血管は、自律神経がコントロールしています。ストレスなどによって自律神経が乱れると、毛細血管が収縮し、血流が悪くなって熱が運ばれません。ストレスフリーな生活を心がけることも、冷えの改善・予防に大切です」

また東洋医学では、怒ったりイライラしたりすると頭に血が上り、下半身に血が足りなくなると考えられているのだそうです。

デンジは訳の分からないことが起こりすぎて、ストレスだらけだったのでしょう。

チェンソーマン82話展開予想

パワーは生きている?

マキマによって体が吹き飛ばされてしまったパワー。

これが事実なら死んでしまったようですが、あっけなさすぎです。

未来の悪魔の予言ではパワー話デンジによって殺されるとのこと。

この未来は絶対変わらないと言います。

しかし、パワーはマキマに殺されたように見えました。

やはり、パワーは死んでいないで、早川のようにマキマに利用されて再登場し、それをデンジが殺すと言う展開が考えられます。

 

チェンソーマン考察ネットの声

チェンソーマン82話最新ネタバレ確定

チェンソーマン82話最新ネタバレ確定したので追記していきます。

 

マキマ

死んだパワーの死体を見つめるデンジ。

部屋に戻るとマキマは何事もなかったかのように犬と戯れる。

デンジは何がなんだがわからない様子。

お茶が冷めてしまったとお茶を入れなおすマキマ。

デンジは今着ていることは夢なのかと尋ねる

マキマは何も答えない。

そのうえデンジの膝の上に頭を載せるマキマ。

デンジはますます訳が分からない

すると、マキマは涙を流しながら笑い始めた。

はぁ笑った笑ったと涙を拭いて落ち着いた。

 

マキマの命令

デンジに上を脱いでと命令するマキマ

デンジは焦りすぐにシャツを脱ぐことができない。

すると、返事は?というマキマ

デンジは慌ててシャツを脱ぐ

シャツを脱ぎ終わったデンジの膝の上に頭を載せるマキマ。

マキマはデンジの胸の紐を触りながら、デンジとポチタの約束について語りだした。

 

デンジとポチタの契約

デンジが望む普通の生活をするかわり、ポチタはデンジに心臓を上げる

これは単なる約束ではなくれっきとした契約だとマキマは言った。

マキマにとってポチタとデンジの契約や邪魔だった。

マキマは考えた、

どうすれば邪魔な契約を破棄できるかと・・。

それは、デンジが普通の生活を送れなくなるくらい、一生立ち直れなくなるくらい傷つけることだと・・・・。

しかし、デンジはマキマと出会った頃は、最底辺の暮らしをしていた。

それでも彼は、十分に幸せを感じていた。

 

マキマの思惑

そこでマキマはデンジの幸せの度合いを上げることにした。

仕事を用意し、給料をあげ、おいしいものをたくさん食べさせ、デンジと仲良く暮らせそうな家族を用意した。

マキマの予想通り、早川はデンジの良きお兄ちゃんになり、パワーは世話の焼ける妹になった。

何でもない普通の暮らしをデンジに体験させ、幸せの基準値が上がったところですべてを破壊することにしたと言うマキマ。

これから先、デンジに普通の暮らしやさらなる幸せが訪れても、それらはすべてマキマが作ったものだと・・。

友人を作ってもすぐ殺し、結婚して家庭を持ったとしてもその生活は長く続かせない。

すべてマキマの思惑通りにいっていた。

 

デンジの罪

まだデンジは理解できない

マキマになぜこんなことをしたのかと聞いた。

デンジが過去の罪を償う時が来たというマキマ

しかし、デンジは過去の罪とは??と理解できない

するとマキマはデンジの過去を調べたという。

 

デンジの心の扉

そしてデンジの心の扉について語った。

デンジの心の扉は、デンジの子供のころの思い出したくないイヤな秘密が隠してあった。

生き延びるためにイヤな記憶を扉の中に隠していた。

デンジは、そうでもしないと普通の生活を送ることはできなかった。

自殺したと思われていたデンジの父親は、実はデンジが殺していた

そしてデンジは心の扉を開けてしまう。

 

デンジを追い詰めるマキマ

デンジの心の扉の先にはデンジの父親の死体があった。

酔った父親に殺されそうになったから殺したと言う。

しかし、それで借金が帰ってくるわけではないと考えて大人たちによって、事実が捻じ曲げられていた。

マキマはさらにデンジを追い詰めます

助けられたかもしれない早川を殺し、パワーの死にも手を貸した。

さらに実の父親を殺した。

そんなデンジに、普通の生活を望んでいいわけないよねとマキマは言った。

デンジの精神世界では幼いデンジがうなだれながらもマキマの言葉に同意していた。

翌朝、ソファにぐったりとしているデンジを横目に、マキマは優雅に朝食を食べるのだった。

 

 

まとめ


81話は衝撃でした。

マキマさんいったい何を考えているのかわかりません。

しかもこのタイミングでパワーを殺してしまうなんて・・

こんな展開予想できませんでした。

どうしてパワーは死ななければいけなかったのでしょうか。

犬になりたいと言うデンジの選択は正しかったのでしょうか・・・?

このままでいいのか・・・?

そこで、今回は、チェンソーマン82話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

『チェンソーマン』

(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP