チェンソーマン81話最新ネタバレ確定|マキマへの恐怖

チェンソーマン81話最新ネタバレ確定
Pocket

少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』

デンジは早川を殺したことでずいぶんと落ち込んでいました。

そこへ、マキマの登場。

偶然なのか、意図的なのか?

デンジは癒されました。

しかし、どれもこれもマキマの策略のような気が・・

チェンソーの悪魔に関することだとは思うも、デンジの前ではいまだ正体を明かさないマキマさん。

デンジに異常に優しいのもなんか恐い(笑)。

そこで、今回は、チェンソーマン81話最新ネタバレ確定をお送りいたします。

また、気になったところを考察し、今後の展開を予想していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

 

チェンソーマン81話展開考察

『チェンソーマン』80話までに起こったことや気になるところを考察していきます。

深夜の出会い

デンジと深夜のマキマとの出会い。

偶然を装って近づいた感じだけど、まさか偶然ではないですよね。

マキマなら簡単にそういうことができそう。

マキマがデンジを家に誘ったのも何か不自然に感じる。

デンジがひどく落ち込んでいたから慰める意味でなのか?

おかげでデンジは元気になったようだが、それもマキマに何か別に目的があるように思われる。

 

最も恐れられる悪魔は誰

未来の悪魔によると

早川とパワーはデンジに殺される

その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる

というのもです。

早川のデンジに殺されるというのは当たりました。

次に死ぬのはパワーということになりますね。

そのあとに最悪の悪魔が現れると言っています。

それがチェンソーの悪魔であって、それを倒すのがマキマなのでしょうか?

 

チェンソーの心臓

そもそも、悪魔たちはなぜチェンソーの心臓を欲しがる?

チェンソーの悪魔が最強の悪魔なら、その心臓を得たら最強になれるってこと?

銃の悪魔が多くの悪魔に支持されているのは、チェンソーの悪魔を倒したからと考えられています。

デンジとポチタの最初の出会いの時、ポチタは撃たれてました。

これが銃の悪魔の仕業なのでしょうね。

 

早川の死に方


「未来の悪魔」は契約の際に「寿命の半分」「両目と味覚、嗅覚」など、非常に厳しい代償を支払わせることで有名な悪魔でした。

しかし早川アキとの契約の際に「未来の悪魔」が提示したのは「オマエの右目に住まわせろ」たったこれだけ。

しかしその理由が「将来、早川アキが最悪な死に方をするため、それを見届けたいから」というものだったのです!

死の未来の悪魔は今どこにいる?

確かマキマさんによって死んでいます。

死体を銃の悪魔の使われたのでした。

そこが最悪な死に方だったのでしょうか?

 

チェンソーマン81話展開予想

『チェンソーマン』81話以降に起こりそうな展開を予想していきます。

パワーの死

未来の悪魔の予言で早川とパワーがデンジによって殺されるのですね。

早川が死んだ今、パワーも死ぬのは絶対なのでしょう。

デンジが早川を殺した事実に押しつぶされるのも容易に想像できますよね。

そこへマキマが現れ、デンジに優しく接する。

デンジは元気になったようですが、これで完全にマキマに支配されました。

しかし、早川はマキマに「デンジとパワーだけは生きて幸せになってほしい」とお願いしていました。

そのためにはどんな悪魔と、どんな契約でもすると。

これにより早川はマキマにその身を捧げ、死んでいきました。

マキマが早川との契約を守るならば、デンジとパワーは死ぬはずがありません。

しかし、未来の悪魔によれば、早川とパワーがぐちゃぐちゃに殺されるのは絶対に変えられない未来だというのです。

やはりパワーは死ぬ。

 

チェンソーマン81話ツイッターの感想・考察

 

チェンソーマン81話ネタバレ確定

「チェンソーマン」81話ネタバレ確定後に追加していきます。

マキマさんの犬になりたい

マキマはその言葉の意味をデンジに尋ねた・・

デンジは犬の頭をなでながら、

「もう何も考えたくなくなった」

と答え、今までのことを語り始めるのだった。

マキマと出会う前は、ポチタと二人でただ死なないために最低限のことだけを考えていればよかった。

しかし、マキマとの出会いをきっかけに、たくさんの人との出会いによって、今は考えなければならないことが無数にあると

考えることが多すぎて、今はだるくなってしまったのだと・・

 

早川の死

デンジは早川の死についても悩んでいた。

銃の魔人になった早川を止めなければ多くの人が死んでいただろう

たくさんの人が殺されないよに銃の悪魔と戦った。

しかし、早川が死なないで済む方法があったのかもしれないと悩むデンジ。

デンジは、自分がバカだから早川が死んだ。

そもそも早川と仲良くならなければ、こんなことにはならなかったのか。

デンジはこれまでのことをすべて否定しようとしていた。

 

何も考えない

デンジはマキマを見ながら、自分より頭のいいマキマの言うことだけを聞いていれば、何も考えなくていいし疲れないという。

銃の魔人となった早川との戦いの後、何もかもが嫌になってしまったデンジ。

マキマの部屋でマキマの言うことだけを聞いている犬たちを見てデンジは、マキマに従うだけなら何も考えることはないと・・

お手

マキマはデンジに本気で言っているのかと尋ねると、彼はピースサインで答える。

マキマは、私の犬は命令は絶対聞かなくてはなないというと、デンジは親指を立てて答える

マキマが「お手」と言えば手を出し、「ゴロン」言えばデンジはソファに寝っ転がる。

デンジはこの生き方が自分にとって最良だと思った様だった。

 

チャイムが鳴った

その時、玄関のチャイムが鳴った。

パワーも家に呼んだのだとマキマは言った。

なぜパワーを読んだのかと聞くデンジにマキマは犬は考えてはいけないといった。

デンジは考えるのをやめた。

マキマとともに玄関に向かう

マキマはデンジにドアを開けるように指示。

マキマはパワーを殺すと言う。

デンジは「ワン」と答えたが、混乱している様子。

 

マキマを信じる

デンジの心の扉を開けちゃだめだというポチタの声

マキマはデンジにドアを開けるように命令する。

マキマはデンジに、「何も考えなくていい・・私を信じて」と言った。

デンジはドアを開けるとき、ドアの向こうでパワーがケーキを持ちながらクラッカーを鳴らしている絵を想像している。

デンジは、パワーがなぜケーキを持っているのだろうと考えると、明日は自分の誕生日だったことを思い出した。

 

パワーが死んだ

デンジがドアを開けると、パワーがろうそくのついたケーキを持って立っていた。

しかし、パワーの表情はおびえたようだった。

デンジは呆然と立ち尽くす

その時、「パンっ」何かが破裂したような音がした。

マキマがパワーに人差し指を向けて立っていた。

パワーの胴体が吹き飛ばされた・・

 

マキマへの恐怖

マキマはデンジの手を握った。

また冷たくなってしまったと言うマキマ。

デンジは目の前で起こったことに混乱して大量の冷や汗を流している

デンジはマキマに恐怖を感じた

マキマはデンジに家に入ろうかと笑顔で誘った・・・・・。

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』

デンジは早川を殺したことでずいぶんと落ち込んでいました。

そこへ、マキマの登場。

偶然なのか、意図的なのか?

デンジは癒されました。

しかし、どれもこれもマキマの策略のような気が・・

チェンソーの悪魔に関することだとは思うも、デンジの前ではいまだ正体を明かさないマキマさん。

マキマ、にっこり笑って人を斬る・・

デンジに異常に優しいのもなんか恐い(笑)。

『チェンソーマン』

(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP