チェンソーマン77話ネタバレ確定|早川?銃の悪魔?

チェンソーマン77話ネタバレ確定|早川?銃の悪魔?
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』77話ネタバレ確定していきます。

また、77話以降の展開予想や気になるところを考察していきます。

銃の悪魔が現れて、その間12秒。

多くの死者が出ました。

早川も銃の悪魔により死亡してしまいます。

死亡後もマキマに利用されて、銃の悪魔と戦うようです。

デンジの方は、家のチャイムが鳴ります。

出ようとするデンジに開けちゃダメというポチタの声・・・。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

沢渡ちゃんはいつの間に首が縫われて繋がってるのはともかく、Yシャツやネクタイ装備なのはなんで?わざわざ遺体にYシャツどころかネクタイもつけたの?

チェンソーマン77話展開考察

『チェンソーマン』展開を予想し、気になるところを考察していきます。

 

マキマの契約

マキマと契約していたのは早川や天使だけではなかったですね。

蜘蛛の悪魔や蛇の悪魔と契約していた沢渡もいました。

沢渡と言ったらデンジの心臓を狙っていた民間のデビルハンターでした。

銃の悪魔と契約して拳銃で公安を次々に殺していました。

その後、沢渡は蛇の悪魔に首を斬られて死んでいました。

マキマが利用した沢渡は首と胴体が縫われた状態で登場していました。

公安が襲撃されたとき、マキマと岸部隊長が話をしていました。

マキマがどんなに非道を尽くそうとも見逃すと言っていたということは、公安襲撃にもマキマが絡んでいるのでしょうか?

 

マキマの能力は死体でも有効

マキマが操る早川たちは死んでいます。

契約者が死んでいても、死体があれば契約は継続されているようです。

死亡リストに載っていた早川。

沢渡のも死んでいますね。

しかし、天使の悪魔や蜘蛛の悪魔の生死については判明されていないところです。

もしかすると、マキマとの契約には死ぬことが必要なのかもしれません。

 

デンジの家のチャイムを鳴らすのは誰?

76話のラストページに描かれていた扉。

そして開けちゃダメという謎の声。

これは53話でデンジが夢で見たシーンです。

この時は結局開けないという選択をしていました。

今回のこの光景は夢ではなく現実のようです。

開けたらやばいことになりそうです。

デンジは開けないがパワーが開けてしまいそうです。

 

マキマの能力はチートすぎる件

やはりマキマの正体が気になります。

支配の悪魔だということですが、それだけでは納得できないこともあります。

「悪魔が死んだら地獄で蘇る」って天使が言っていた言葉。

天使は言うには、悪魔は現世と地獄を輪廻転生し続ける存在。

悪魔が死んだら地獄に行くはず・・

しかし、マキマは銃の悪魔により死亡した。

それなのに地獄に行かず現世で生きている。

地獄の悪魔との契約でも「すべてを捧げる」として死んだはずが生きている。

マキマの支配は自分の生死も支配しているというのか?

 

チェンソーマン77話最新ネタバレ

『チェンソーマン』77話ネタバレをしていきます。

 

ドアは開けない

チャイムは鳴り続けている。

あまりのうるささにパワーも目を覚ました。

そのとき電話が鳴りデンジは電話に出ようとした。」

パワーはドアを開けないかと聞いてきた。

しかし、デンジは返事を濁してドアを開けないようにパワーに言った。

 

マキマからの電話

デンジが電話に出ると、パワーは電話の相手を聞いてきた。

デンジはマキマだと答える。

マキマはデンジにニュースを見たかと聞く。

デンジはさっきまで寝ていたのでニュースを見ていないと答える。

そこで、マキマは簡潔に用件を伝えた。

いまだチャイムは鳴り続けている。

 

戦うように

マキマが言うには、銃の悪魔が現れたが倒し損ねた。

そして、死体に乗り移った銃の悪魔は逃げてデンジの家のチャイムを鳴らしているのだと。

パワーは玄関の方を見ている。

デンジはマキマの言っていることは冗談だというが、マキマは何も答えない。

理解したデンジは、俺に任せてください、あっちから来てくれてラッキーだと言う。

マキマは今回は何も考えずに戦うようにと静かに言った。

 

早川

デンジが電話を切ると、パワーはドアを開けてはいけない理由を聞いてきた。

デンジはドアの外にいるのは、銃の魔人だとマキマが言っていたと答える。

パワーは何寝ぼけたことを言っているのだと、玄関に向かって早川の名前を呼ぶ。

するとチャイムの音が止まった。

 

誰?

パワーにニャーコを連れてベランダから逃げるようにデンジは言った。

いやそうな返事をするパワーだが深刻そうなデンジの様子を見て、ニャーコを連れてベランダから外へ・・。

デンジは玄関に向かった。

マキマの話は冗談だ、銃の悪魔が自分から来るはずがないと自分に言い聞かせながら、早川の名前を呼んでドアを開けた。

ドアの向こうはスーツ姿で頭から銃が飛び出した男が立っていた。

誰?と思ったがやはり早川じゃん。

 

銃の悪魔

銃の悪魔はデンジの名を呼んだ。

デンジはなんで俺の名を知ってんだと不思議がってる。
早川の意識の中ではそこは雪原。

自分か外にいる理由を考える早川は、デンジを見つけると、デンジ雪合戦だと雪の玉をなげると、デンジは銃の魔人の攻撃でベランダまで吹き飛ばされてしまう。

デンジは体が腹から真っ二つに。

 

早川の匂い

落ちてきたデンジに驚くパワー。

デンジは銃の魔人が来たから戦うというが、パワーはデンジの言葉を信じない。

玄関から早川の匂いがしたからだと言う。

こんな時ウソ言うかとデンジはスターターロープを引いてチェンソーの姿になった。

そして銃の魔人からパワーとニャーコを守る。

信じたくないないと思うが銃の魔人は早川だよ。

何も考えずに戦うべし!!

まとめ


少年ジャンプ連載漫画『チェンソーマン』77話ネタバレ確定していきます。

また、77話以降の展開予想や気になるところを考察していきます。

銃の悪魔が現れて、その間12秒。

多くの死者が出ました。

早川も銃の悪魔により死亡してしまいます。

死亡後もマキマに利用されて、銃の悪魔と戦うようです。

デンジの方は、家のチャイムが鳴ります。

出ようとするデンジに開けちゃダメというポチタの声・・・。

『チェンソーマン』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP