呪術廻戦117話最新ネタバレ確定|布瑠部由良由良

呪術廻戦117話最新ネタバレ確定|
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』117話最新ネタバレです。

宿儺は予想を超える強さでした。

戦いの後、宿儺の前に現れた裏梅は何者なのでしょうか。

そして最後は伏黒が負傷して意識を失っているようでしたが、その負傷させた呪詛師が慌てている様子だったのが気になりますね。

一体何が起こっていたのでしょうか。

次の展開が気になります。

そこで、展開予想と気なるところを考察していきます。

最後までお読みください(^▽^)/

最後にネタバレを載せています。

 

呪術廻戦117話展開考察

『呪術廻戦』117話につながる展開を考察します。

 

宿儺の術式

宿儺はこれまでに使った術式は切断と斬撃。

相手を斬ったり切り刻んだりするシーンが多かったので、宿儺の術式はこれだと思って言いました。

ところが今回披露したのが「炎」

宿儺は複数の術式を持っているようですね。

それも、宿儺の指を見ると納得できます。

宿儺の指は、木が生えている指、岩のような感じの指、タコの足が絡みついた指、といろいろありました。

今回は「炎」でしたが、花御のような「大地」「植物」、陀艮のような「水」などの術式を使えるのでしょう。

 

裏梅の正体

漏瑚との戦いの後で、突然、宿儺の前に現れたオカッパの術師。

たしか夏油組の一人として活動していたはず。

宿儺が裏梅と名前を呼んでいた。

それだけ重要な役柄・

梅というと、菅原道真が好んだということで有名です。

ということは、裏梅と菅原道真に関わりがありそうですね。

ネットでは、裏梅は菅原家の血筋だという予想が出ていました。

五条悟も菅原道真の子孫。

乙骨も菅原家の遠縁にあたります。

彼らと裏梅は関係があるということになります。

しかし、裏梅は宿儺のことを「宿儺様」と呼んでいること、宿儺の裏梅を見た反応が驚いているように見えたことから、宿儺とは昔からの因縁がありそうです。

 

恵を襲った髪の長い呪詛師

この呪詛師ですが、初登場では左右の目の下に黒い線が3本ずつでした。

以前七海と対戦した時、攻撃を受けるたびに目の下の黒い線が白い線に代わっていました。

今回再登場したとき、目の下の線がが全部白かったです。

これは何を意味するのでしょうか?

新たな進化をするということもあり得る?

それとも、次に攻撃を受けると死んでしまうとも考えられますね。

 

真希、七海、直毘人は?

漏湖によって黒焦げにされてしまった真希、七海、直毘人。

そのまま死んでしまったということはないと思います。

重傷を負っていることは間違いないです。

反転術式を使える家入硝子が渋谷に来ているので、治療してもらうでしょう。

家入硝子は、呪術高専東京校所属の医師で、反転術式による傷の治療が出来る数少ない人物。

28歳。

長い髪と濃い隈、右目に泣きぼくろを持つ気怠げな雰囲気の女性。

 

呪術廻戦117話展開予想

『呪術廻戦』117話以降に起こりそうな展開を予想していきます。

 

真人の登場

宿儺と漏瑚の戦いで、一撃どころかキズ一つつけることすらできなかった漏瑚。

『宿儺の炎で燃え尽きる直前、ともに戦ってきた花御(はなみ)と陀艮(だごん)が目の前に現れた。

二人にかけた最初の言葉は謝罪。

すまないと、

しかし、真人がいますよ、と花御は返答する。』

これが、漏瑚の最後でした。

それが真人の登場につながるでしょう。

真人の呪いの正体がわかってきました。

それこそが、生を受けた人間がすべからく持っている恐怖。

そう考えたとき、行きつく先が「死」への恐怖となるでしょう。

真人は、自分の呪いをさらに理解することで強くなれる、漏瑚よりも強いと思われます。

 

伏黒恵の力が覚醒か?

恵を襲った髪の長い呪詛師の様子が変でしたね。

何に怯えているというのでしょうか?

まず可能性としてあげられるのは、伏黒の切り札・布瑠部由良由良。

これまでも何度か使おうとした場面はありますが、その全貌が明かされることはありませんでした。

その布瑠部由良由良がこの時出てきたのではないでしょうか。

しかし、布瑠部由良由良は、その言葉を唱えることで死者をも蘇らせるほどの呪力を得られると考えられています。

式神のように具現化するとは考えにくいのです。

次に考えたいのが、伏黒の式神が暴走した可能性です。

以前伏黒の父と夏油が対峙した際、伏黒父は、夏油を殺せば取り込んでいる呪霊がどうなるかわからないと言っていました。

夏油の取り込んでいる呪霊には自我があり、その呪霊が暴走する可能性を心配したと思います。

それが伏黒の式神にも起きたとしたらどうでしょう。

制御する人物がいなくなった式神が暴走する可能性は十分にありますよね。

また、恵が新たに覚醒したとは、考えられないでしょうか?

 

呪術廻戦ネットの反応

 

呪術廻戦117話最新ネタバレ確定

『呪術廻戦』117話最新ネタバレ確定していきます。

情報が入り次第追記していきます

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』117話最新ネタバレです。

宿儺は予想を超える強さでした。

戦いの後、宿儺の前に現れた裏梅は何者なのでしょうか。

そして最後は伏黒が負傷して意識を失っているようでしたが、その負傷させた呪詛師が慌てている様子だったのが気になりますね。

一体何が起こっていたのでしょうか。

次の展開が気になります。

そこで、展開予想と気なるところを考察して来ましたがいかがでしたか?

『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP

(Visited 1 times, 1 visits today)