呪術廻戦112話最新ネタバレ確定|宿儺の圧倒的邪悪

呪術廻戦112話最新ネタバレ確定
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』112話の最新ネタバレです。

陀艮は術式により暴走した禪院甚爾が倒したが、恵を連れて外へ。

代わりに現れた漏瑚によって七海や真希、直毘人は殺されてしまいました。

漏瑚は宿儺の気配を感じ虎杖に宿儺の指を飲ませようとするのでした。

このまま宿儺復活になるのでしょうか?

そうなると地獄絵図が予想されます。

そこで、呪術廻戦112話最新ネタバレ確定として展開考察していきます。

最後までお読みください(^▽^)/

漏瑚は今まで五条が相手だったから「可哀想なマスコット」みたいになってたけど、実際のところは「超絶つよいマスコット」

こんなに強いなんて意外?!

 

呪術廻戦112話展開考察

『呪術廻戦』112話以降の怒りそうな展開予想と気になるところを考察していきます。

宿儺が復活したら渋谷崩壊は必至!

 

伏黒親子の感動の再会

伏黒親子の感動の再会にはなりませんでしたね。

しかし、禪院甚爾が恵を連れ出したことによって、漏瑚に焼かれずに済んだともいえます。

ここで気になるのが、禪院甚爾が恵を連れ出したことです。

あの場にいた強い者とは直毘人のはずなのに恵を選んだ・・なぜ?

たしかに、直毘人は片腕がなくなっていますが、恵よりは強いと思います。

ただ恵は領域展開をマスターできるほどの潜在能力の塊のようなもの。

そうなると恵を選んだことも納得できるかもしれません。

しかし、感動の親子の再会にはなりそうもありませんね。

もしかしたら、宿儺の復活のより親子の共闘もあり得ますね。

ただ、親子と理解した時点で死亡フラグでしょう。

 

直毘人、真希、七海の生存率

漏瑚に焼かれた七海や真希、直毘人の生死が気になります。

漏瑚の攻撃が強いからと言ってあっさりしすぎでは?

直毘人は焦げていましたし、真希も七海も上半身が吹き飛ばされていました。

普通なら死んだと思いますが・・どうなのでしょうか?

このままのリタイアはあり得ませんよね。

今回、真希の活躍が見れていないのでこのまま死んだのでは残念過ぎます。

 

ミミナナの生死

漏瑚に攻撃されていたミミナナこと美々子と菜々子。

攻撃を受ける前にスマホで何かしようとしていましたね。

なので、何らかの術で生きているでしょう。

夏油とつながりのある彼女らにはもっと活躍してほしいです。

偽夏油になった原因も彼女らに関係しているかも?

 

圧倒的悪宿儺

虎杖に宿儺の指を飲ませようとしている漏瑚ですが、宿儺が目覚めてしまうのでしょうか。

ここで宿儺が目覚めてしまうと渋谷だけに限らず東京全体がヤバいことになりそうです。

目覚めた宿儺は、まず目の前の漏瑚を瞬殺。

そして呪霊も術師も関係なしの皆殺しになりそうです。

こうなると渋谷は地獄と化すのは間違いなさそうです。

 

虎杖の意識

もし宿儺が復活しても、肉体は虎杖ですよね。

虎杖が気を失ったままなら、宿儺は自由に動けると思いますが・・。

いつまでも寝ているわけにはいかないですよね。

宿儺の中で虎杖が目覚め、宿儺と話し、この体は俺が使うを言われ、そんなことさせないと虎杖の意識との戦いが始まる展開になりそうです。

 

 

呪術廻戦112話最新ネタバレ

『呪術廻戦』112話最新ネタバレです。

 

宿儺の復活

漏瑚は宿儺の指を無理やり虎杖の口に押し込む。

そのとき漏瑚は、美々子と菜々子が生きていることに気が付く。

そこでとどめを刺そうと左腕をあげようとするが、なんと腕が切断されていた。

その時、1秒やるからどけと宿儺が目覚めていた。

漏瑚は美々子と菜々子と並んで宿儺から距離を取る。

 

圧倒的邪悪の恐怖

3人には宿儺らから五条とは逆の圧倒的強さを感じていた。

圧倒的邪悪!!と恐ろしさを感じる。

息をするにも恐怖を感じている。

その時、宿儺は頭が高いと言う。

瞬時に美々子の頭を掴んで地面に伏せる菜々子。

無意識に体が動いたものの、片膝をつく体勢になった漏瑚。

片膝で足りると思ったか?と漏瑚の頭の部分を切断する宿儺。

 

指一本分

宿儺は指1本分、菜々子たちから話を聞くと言い出した。

菜々子は今の夏油を殺して本当の夏油を解放してほしいと頼む。

菜々子はもう1本の指を引き替えに今の夏油を殺して欲しいともう1度頼む。

しかし、その後宿儺に言われて顔を上げた美々子の頭が吹き飛んだ。

たかだか指の一・二本で指図できると思ったか?

菜々子は怒りからすぐにスマホを宿儺に向け死ね!と叫ぶ。

同時に頭部を半分に斬られ、その頭もばらばらにされてしまいました。

 

指のお礼

漏瑚に話しかける宿儺。

漏瑚は何の用事もないが一時ではなくずっと虎杖の肉体を自由にするための縛りを作るべきであると言った。

漏瑚に、虎杖の肉体を今奪う必要は無いと告げる宿儺。

しかし、あまりに必死な漏瑚を見て笑う宿儺は、指の礼として漏瑚が自分に一撃でも入れることが出来れば呪霊の下に着き、手始めに1人を除いた渋谷の人間全員を皆殺しにすると。

二言はないなと漏瑚は構える。

 

まとめ

少年ジャンプ連載漫画『呪術廻戦』112話の最新ネタバレでした。。

陀艮は術式により暴走した禪院甚爾が倒したが、恵みを連れて外へ。

代わりに現れた漏瑚によって七海や真希、直毘人は殺されてしまいました。

漏瑚は宿儺の気配を感じ虎杖に宿儺の指を飲ませようとするのでした。

宿儺復活で超こえー。

圧がはんぱなさそう。

このまま虎杖は寝ている場合じゃないですね。

宿儺が好き勝手にしちゃいますよ。

そうなると地獄絵図が予想されます。

そこで、呪術廻戦112話最新ネタバレ確定として展開考察してきましたがいかかでしたか。

『呪術廻戦』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPWikipediaアニメ少年ジャンプ公式HP