スマホで読む、江戸の検屍官のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は3分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-9-5_10-49-0_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

江戸の検屍官 です。

 

今、死体が事件の真相を語りはじめる―

現代の捜査では常識ともいえる『検屍』

しかし江戸時代すでにこの考え方は

実施されていた。

 

当時、検屍のバイブルといわれた

「無冤録述」という書物がある。

 

これを片手にどんな死体であっても

詳細に調べ、殺人の真相を語らせる

という北町奉行所の天才同心

北沢彦太郎。

 

検屍の技術では及ぶ者なく、

好んで現場に出かけ、淡々と死骸を

調べる北沢を変わりものとそしるもの

も少なくはなかった。

 

そんな北沢を助けるのは検屍と女が

大好きな医者・玄海、

そして女絵師お月。

 

三人は玄海の見立てと、大きく損傷した

死体から生前の顔姿を見通して似顔を

描くお月の技量によって難事件を

解決する腕利きチームだ。

 

さて、今回は井戸の底で見つかった

自殺とおぼしき死体が、

このチームの検屍で意外な真実を

語り始めた。

 

井戸の死体の無念の声とは?

北沢は真犯人をつきとめられるのか?
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

江戸の検屍官

江戸の検屍官 のネタバレ

 

北町奉行所

定町廻り同心

北沢彦太郎
廃寺の古井戸に死体が見つかったと

彦太郎は現場に向かいます。

 

井戸の底には女の死体が・・

頭が上で、足が下・・

彦太郎は溺死と見ます。

 

女が大好きな医者・玄海、に

絵師を紹介されます。

 

名を“お月”

彦太郎は

「女じゃないか

しかもこんな小娘・・」

お月はムッとします。

 

遺体をあげ

口を開け、溺死の情報、

銀の簪を使って毒かどうか

を見たり・・

 

手のひらから死亡時刻を割り出し

たり・・

 
遺体の身元を知るには人相絵が

必要です。

 

そこでお月の出番です。

 

お月の書いた人相絵を見て驚愕。
玄海が遺体の口より継ぎ歯をみつけ、

それと人相絵から遺体の身元が判明!

遺体は、水茶屋で働く”お半”という女性。

 

これより先は無料試し読みで!

江戸の検屍官

 

江戸の検屍官 の感想

面白いです。

 

謎解きのストーリーや斬新な設定

にはまってしまいました。

 

ストーリーと絵がマッチしているのでしょう

これはじっくりと読むべきです。

 

意外な展開に絶対引き込まれます。

 

 
今、死体が事件の真相を語りはじめる―

現代の捜査では常識ともいえる『検屍』

しかし江戸時代すでにこの考え方は

実施されていた。

当時、検屍のバイブルといわれた

「無冤録述」という書物がある。

これを片手にどんな死体であっても

詳細に調べ、殺人の真相を語らせる

という北町奉行所の天才同心

北沢彦太郎。

検屍の技術では及ぶ者なく、

好んで現場に出かけ、淡々と死骸を

調べる北沢を変わりものとそしるもの

も少なくはなかった。

そんな北沢を助けるのは検屍と女が

大好きな医者・玄海、

そして女絵師お月。

三人は玄海の見立てと、大きく損傷した

死体から生前の顔姿を見通して似顔を

描くお月の技量によって難事件を

解決する腕利きチームだ。

さて、今回は井戸の底で見つかった

自殺とおぼしき死体が、

このチームの検屍で意外な真実を

語り始めた。

井戸の死体の無念の声とは?

北沢は真犯人をつきとめられるのか?

江戸川乱歩賞受賞の川田弥一郎の

小説を高瀬理恵が華麗な筆で描く。

 

 

江戸の検屍官 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

江戸の検屍官 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら江戸の検屍官 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

江戸の検屍官

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-8-3_21-34-7_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-10-4_22-24-42_no-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-7-13_22-35-6_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-3_16-21-50_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2017-2-13_12-51-45_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント