スマホで読む鬼虫 のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は3分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-8-12_22-9-17_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

鬼虫 です。

 

女と女の戦いも、命がかかれば

エグさ倍増。

 

文明から隔絶された絶海の孤島で

繰り広げられる、情念入り乱れた

サバイバルゲーム!

 

土着的宗教を信仰し原始的な生活を

営む人々。

 

島民は皆半裸で過ごし、女は逞しく

屈強であった。

 

そんな島に、都の文化を知る都会の

華奢な女が流れ着き、島の平穏な

日々は終わりを告げる。

 

閉鎖社会の異分子として排除される

運命にあった漂流者だったが、

そんな彼女にもまだ生き残りの

武器は残されていた。

 

それは「女」と「文明」…。

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

鬼虫

 

鬼虫 のネタバレ

いずれの時やありし

東南海中に島ありき

この島

いつの頃より

人の住みなしたるか

知る者もあるず

浮世に遠き島なれど

いつの頃からか

その名を

鬼島と呼ばるる

幼い頃、トラゴ・タナ姉・ククリは

仲の良い幼馴染だった。

 

「五郎じいの舟が

 

おちてあろわ。」

 

その島は常に荒波が打ち寄せ、船をつないで
おける場所がないので舟を崖につりさげ

である。

 

「姉え」

「姉え」

トラゴがタナ姉を船に誘った。

 

遊んでいるうちに、ククリがカニを

捕まえようと舟を繋いであった縄を

触ったら外れてしまいタナ姉は海へ

流されてしまったのです。

 

そして数年後トラゴの元にタナ姉に

似た漂流者が流れ着きました。

 

その漂流者の女はマナメと名乗り

島では漂流者は災いを呼ぶとされ、

巫女クウロウはマナメを捨ててくる

ように言いつけました。

 

しかしマナメを助けたいと思って

しまったトラゴとククリは島の住民に

内緒でかくまいます。

 

詳しくは無料試し読みで!

鬼虫

 

 

鬼虫 の登場人物

・ トラゴ

幼い頃にタナ姉を誘って舟に乗り遊んで

いたところ舟が流されてしまいタナ姉

亡くなってしまった。

その時の事をずっと苦しんでいて、

タナ姉に似ているマナメをかくまってしまう。
・ ククリ

トラゴの幼馴染であり夫である。

幼い頃タナ姉が流されてしまった原因

を作っていたが誰にも言えず悩んでいる。
・クウロウ叔母

島の権力者で巫女の立場にある。

クウロウの言葉は強力で誰も逆らない、

漂流者の扱いも決められる。
・マナメ

都会から漂流して来た。

島には無い文明の知識を持ち、

島の女性にはない女性らしさを

武器に島の男性を誘惑し、

漂流者の裁きを逃れる。

鬼虫の感想

女はたくましいですね。

 

物語の最初のほうでくくりも大きく

たくましくなったなぁ、と思ったら

次の場面でもっとたくましいトラゴに

はびっくりしました。

 

女と女の戦いも、命がかかれば

エグさ倍増。

文明から隔絶された絶海の孤島で

繰り広げられる、情念入り乱れた

サバイバルゲーム!

土着的宗教を信仰し原始的な生活を

営む人々。

島民は皆半裸で過ごし、女は逞しく

屈強であった。

そんな島に、都の文化を知る都会の

華奢な女が流れ着き、島の平穏な

日々は終わりを告げる。

閉鎖社会の異分子として排除される

運命にあった漂流者だったが、

そんな彼女にもまだ生き残りの

武器は残されていた。

それは「女」と「文明」…。

 

 

鬼虫 の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

鬼虫 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら鬼虫 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

鬼虫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2017-2-12_23-26-14_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-9-21_16-45-24_no-00
  3. snapcrab_noname_2016-9-15_17-38-38_no-00
  4. snapcrab_noname_2016-9-25_13-40-16_no-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-14_8-50-14_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-7-11_22-13-49_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント