スマホで読む、天そぞろのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-8-10_21-58-7_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

天そぞろ です。

 

安政七年(1860年)、

黒船来航から8年後の江戸。

 

売れない浮世絵師の源吾は千里眼を

持つという謎の女・楓と出会って、

ある絵の執筆を依頼される…

 

彼女が描いて欲しいというのは、

幕末を揺るがす大事件

「桜田門外の変」

であった!

 

彼女の目的とは一体なんなのか!?

 

 

『サクラ大戦』シリーズシナリオ・

あかほり悟氏が原作、

『このSを、見よ!』北崎拓氏が

漫画という実力派が初タッグを組んで、

さらに“お江戸ル”堀口茉純氏の協力

という最強布陣で贈る現代と江戸時代

の時空を超える大河ドラマ!

 

己の内から湧き上がる力の向けどころ

を探している“そぞろもん”

 

の主人公・源吾と江戸の人々から

“天女”と呼ばれるヒロイン・楓…

 

ふたりの魅力あふれるキャラクターと

、当時最大のメディアだった浮世絵を

モチーフに繰り広げられる、

 

先の読めない緊迫感溢れるストーリー!

 

見所満載の力作

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

天そぞろ

天そぞろ のネタバレ

 

美術館の取材に来ている

弘山楓

 

そこで迫力のある浮世絵を見せられる

その瞬間、楓は浮世絵の世界に

飛ばされる。

 

その世界は武家の名門出身だけど

侍ではなく絵師になる道を選んだ

源吾がいます。

 

「すげえなにかが

 

描きてえ・・・」

 

絵師として行き詰っていた源吾は

半田屋に呼び出される。

 

半田屋には千里眼の女と呼ばれる

女性がいた。

 

その女こそ未来から来た楓である。

未来からきた楓は桜田門外然り、

 

その他のことも的中させたことから

既に神がかり的な存在になっていました。

 

楓は元の時代に戻るためには

浮世絵を完成さる事と思い

源吾に桜田門外の変の浮世絵を

書かせようとします。
お武家様の、しかも大老暗殺の

浮世絵なんて御法度破りもいいところ

果たして完成するのか?

 

さらに新選組も登場して

「俺や近藤さんは、でっけぇことを

 

やるんじゃねえのかな!?」
詳しくは無料試し読みで!

天そぞろ

 

 

天そぞろ の感想

王道のタイムスリップものです。

 

楓がタイムスリップして千里眼と

呼ばれるようになった展開が知りたい

です。

 

デジカメの電池は何時までもつの

でしょうか?

 

 

安政七年(1860年)、

黒船来航から8年後の江戸。

売れない浮世絵師の源吾は千里眼を

持つという謎の女・楓と出会って、

ある絵の執筆を依頼される…

彼女が描いて欲しいというのは、

幕末を揺るがす大事件

「桜田門外の変」

であった!

彼女の目的とは一体なんなのか!?

天そぞろ の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

天そぞろ を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら天そぞろ をお試しください♪

まずは無料試し読みから

天そぞろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-19_22-37-24_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2017-2-16_21-53-33_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-7-21_15-19-20_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-18_23-45-47_No-00
  5. snapcrab_noname_2016-10-26_0-28-31_no-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-6-21_8-41-2_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント