スマホで読む、 家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 のネタバレ、感想無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-8-6_18-37-9_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

家族がいなくなった日

ある犯罪被害者家族の記録 です。

 

ある日突然、強盗事件の被害者と

なり殺されてしまった父親…。

 

理不尽に家族を奪われ、

遺された家族たちはPSTDによる鬱病、

体調不良による退職などに

見舞われながら、日々を過ごすこと

になります。

 

やがて犯人は逮捕され、裁判に出廷し…。

周囲や警察のサポートでどん底の状態

から少しずつ立ち直っていった

 

「殺人事件被害者家族」が、

当時の状況をありのまま描いた

ノンフィクションエッセイです。
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

→家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録

家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 のネタバレ

 

8年前今田たまはごく普通のOLでした。

 

趣味は漫画を描くこと、

家族構成は少し訳ありで

 

たまが10歳の時両親が離婚し

母と姉弟と茨城へ

14歳の時から「父」と暮らし始めた

 

だがたまが20歳の時、母が急死

くも膜下出血で倒れ

 

1週間後に息を引き取った。

たまの母は亡くなったが

 

たまの家族は仲良し家族で

家族の中心にいつも父がいた。
姉は結婚して嫁いでいき

弟は成人して独立した。

 

実家には父とたまが残った。

父はいつも11時ごろには仕事から

帰ってくる。

 

しかしその日はいつもの時間を過ぎても

帰ってこなかった。

 

電話にも出ないので、心配になった

たまは不安になり様子を見に行くことに

しました。

 

たまの父はパチンコ店で雇われ店長を

していました。

 

たまがパチンコ店に向かう途中

救急車とすれ違います。

 

「父まさか乗ってないよね?」

 

たまは心配しながら車を走らせ、

パチンコ店に到着します。

 

すると警察が来ていました。

警官に事情を話すと

父は何者かに刺され、救急車で

運ばれたそうだ。

 

そしてたまは姉と弟と病院に向かうことに

これより先は無料試し読みで!

→家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録

 

家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 の感想

犯人が捕まって裁判を受け判決を聞く

まで描いてあるので作者さんの

心がまるで手に取るように分かった

気がします。

 

犯罪は当事者だけの問題ではなく

残された家族の気持ちが伝わりました。
ある日突然、強盗事件の被害者と

なり殺されてしまった父親…。

 

理不尽に家族を奪われ、

遺された家族たちはPSTDによる鬱病、

体調不良による退職などに

見舞われながら、日々を過ごすこと

になります。

やがて犯人は逮捕され、裁判に出廷し…。

周囲や警察のサポートでどん底の状態

から少しずつ立ち直っていった

「殺人事件被害者家族」が、

当時の状況をありのまま描いた

ノンフィクションエッセイです。

 

家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

→家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-20_14-35-4_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-7-20_20-36-50_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-7-4_23-3-7_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-6-29_21-41-37_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-24_13-39-1_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-6-19_20-30-52_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント