スマホで読む、 鬼燈の島―ホオズキノシマ― のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-8-4_8-44-11_No-00

こんにちは!

今回紹介するのは

鬼燈の島―ホオズキノシマ― です。

 

家庭に問題のある子供達を引き取る

施設『鬼燈学園』。

 

そこには、知ってはならない『秘密』

がある――。

 

“登ってはいけない階段”。

“書き殴られた悲痛の叫び”。

“白いワンピースの少女”。

そして“嘘が得意な大人達”。

 

自然豊かで優雅な離島が、
虚偽と欺瞞で血に染まる…。
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

鬼燈の島―ホオズキノシマ―

鬼燈の島―ホオズキノシマ― のネタバレ

とある島に幼い兄と妹がのった

船が着きます。

 

「ついたぞ

この島がこれからお前たちが

暮らす島じゃ」
鬼燈学園・・そこは

家庭に問題のある子供たちを引き取り

育てていく学校です。

 

その学園は小さな島にあり

島にあるのはその学校だけでした。

 

そこにいる生徒6人は、

それぞれ過去に大人を信じられなくなる

ことかありました。

 
主人公の心と夢の母親は男と蒸発

 

「・・・夢のこと頼んだわね・・」

 

母親を待ちながら、コンビニのごみ箱

をあさるような生活をしていました。

 

秀一郎は母親から無理心中をさせられ

た過去が・・

 

初音は母親がギャンブルにはまり

内縁の夫に虐待

 

は両親を事故で無くし過食症へ

 

力也は虚言癖、妄想癖
「大人の言うことを信じるな

死にたくなかったらな・・」
大人を信じられない子供たちは

やがて先生たちから逃げ出すことに
以前に学校から消えた生徒がいます

病気だと言っていたが子供たちの

間では殺されたという噂です。

 
ついに力也の姿が見えなくなって

しまいます。

 

そして子供たちは血だらけで担架で

運ばれる力也を目撃しました。

 

そのうち自分たちも殺されてしまう

と思った子供たちは島を脱出しようと

します。
詳しくは無料試し読みで!

鬼燈の島―ホオズキノシマ―

鬼燈の島―ホオズキノシマ― の感想

 

扉絵を見たときは

すごく期待したのですが・・

 

テンポあるストーリーは楽しめたのですが

先の読める展開でした。

 

想像した通りのラストでした。

 

家庭に問題のある子供達を引き取る

施設『鬼燈学園』。

 

そこには、知ってはならない『秘密』

がある――。

 

“登ってはいけない階段”。

“書き殴られた悲痛の叫び”。

“白いワンピースの少女”。

そして“嘘が得意な大人達”。

自然豊かで優雅な離島が、
虚偽と欺瞞で血に染まる…。

 

 

鬼燈の島―ホオズキノシマ― の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

鬼燈の島―ホオズキノシマ― を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら鬼燈の島―ホオズキノシマ― をお試しください♪

まずは無料試し読みから

鬼燈の島―ホオズキノシマ―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-22_22-22-12_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-7-11_22-13-49_No-00
  3. snapcrab_noname_2016-9-8_9-53-40_no-00
  4. snapcrab_noname_2016-10-15_22-31-21_no-00
  5. snapcrab_noname_2016-9-8_10-39-51_no-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-7-1_6-27-16_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント