スマホで読む、残響のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-8-2_21-11-22_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

残響 です。

 

とある工場町で、漫然と日々を

過ごす智(さとる)。

 

彼が暮らす安アパートの隣室には、

元ヤクザの老人、瀬川が住んでいた。

 

ある日、瀬川は智に

「500万渡すから、自分を殺してくれ」

という依頼を受ける。

 

躊躇する智だったが、瀬川から、

智の中に巣喰う狂気を見抜かれ、

彼自身の心にも変化があらわれはじめ…!?

 

人間の心の闇と、生き方を問う、

超実力派作家、高橋ツトムが

挑む新境地、青春逃走物語!!
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

残響

残響 のネタバレ

ある暑い日、

智は隣の部屋の瀬川に呼ばれる。

 

瀬川は元やくざでデイサービスの

ある水曜になると智を呼び出すのだ。

 

瀬川は末期がんでもう長くないそうだが

病気で死ぬのは贅沢だからと

智に自分を殺してくれと依頼する。

 

「500万円、・・お前にやるから

オレを殺れ。」

 

 

と銃を渡される。

 

智はなぜ自分に頼むのかと聞くと

「お前は弱いものを攻撃する

男だ。

 

性根が卑しいんだよ。」

 

「だからオレを殺って金を

手に入れて下らねぇ人生を

変えてみろ。」

 

と言われるがなかなか行動に

移せない、

智は自らの手を汚さないよう

瀬川が死ぬのを待つことに・・
何か月か立った日、

智は瀬川の死を確認しに部屋を

覗くが、まだ瀬川は生きており

「オレの死を待つとはな・・・・

どれだけ卑しい男なんだ」

 

「お前は一生負け犬だ」

 

と言われてしまうのです。

智は瀬川を殺すことになるのか??
詳しくは無料試し読みで!

残響

 

残響 の感想

面白いです。

 

死の迫った瀬川の迫力は半端ないです。

 

高橋ツトムが描く絵の力はすごいと思います。

 

 

とある工場町で、漫然と日々を

過ごす智(さとる)。

彼が暮らす安アパートの隣室には、

元ヤクザの老人、瀬川が住んでいた。

ある日、瀬川は智に

「500万渡すから、自分を殺してくれ」

という依頼を受ける。

躊躇する智だったが、瀬川から、

智の中に巣喰う狂気を見抜かれ、

彼自身の心にも変化があらわれはじめ…!?

 

人間の心の闇と、生き方を問う、

 

超実力派作家、高橋ツトムが

挑む新境地、青春逃走物語!!

 

 

残響 の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

残響 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

 

スマホをお持ちなら残響 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

残響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. snapcrab_noname_2016-10-30_10-35-8_no-00
  2. snapcrab_noname_2016-9-10_15-58-12_no-00
  3. snapcrab_noname_2016-10-14_22-50-18_no-00
  4. snapcrab_noname_2016-10-11_13-35-34_no-00
  5. snapcrab_noname_2016-10-15_22-31-21_no-00
  6. snapcrab_noname_2016-9-8_9-53-40_no-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント