スマホで読む、幽麗塔のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-7-28_21-57-45_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

幽麗塔 です。

 

時は昭和29年、舞台は神戸。

 

ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる

時計塔で、白い何者かに襲われ死の

寸前、謎の美青年・テツオに救われる。

 

テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを

手伝えば、金も名誉も手に入る」

 

しかしテツオの正体は、

男を装う女であり、

その名も偽名であった・・・・・・・・

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

幽麗塔

幽麗塔 のネタバレ

 

百数十年もの間

動かなかった時計塔が

2年前の夜、ただ一度だけ

動いたことがある。

 

昭和27年6月23日

午後11時53分

藤宮たつが養女・麗子に

惨殺された夜のことである。

 

 

ニートである天野太一は

偶然学生時代のマドンナの花園さん

と再会する。

 

話によると花園さんは独身だそうで

何か期待する天野です。

 

しかし花園さんは結婚すると

婚約者を紹介する。

 

その婚約者というのが

天野の同級生でお金持ちの

いじめっ子の三村でした。

 

天野は見栄を張り自分も

結婚するからと言ってしまいます。

 

三村から電話番号を教えろと

言われ、にっちもさっちも

行かなくなったその時

突然の助け舟・・・

美少年のテツオと出会う

 

そして彼の車で連れて来られた

場所は

 

「幽霊塔」

 

テツオの話だと、ここで

管理人を募集しているから

どうだ、という話です。
そのまま一人残された天野は

その幽霊塔の中へ入るのです。

 

上を見上げると人影??

 

「錯覚だ、

 

幽霊なんているわけない」

 

気になった天野は上に登って

行く。

 

すると彼は白い何者かに襲われ

てしまいます。

 

天野が気が付くと時計塔に

貼り付けられていました。
殺されたおばあさんと一緒と

気が付きますが時計台の針は

刻々と動き天野の体は折れそうです。
寸でのところで天野はテツオに

助けられます。

 

その天野に向かってテツオは

 

「幽霊塔の財宝探しを手伝えば

 

金も名誉も手に入る」

 

と天野を仲間に誘うのです。

 

その美少年テツオは実は・・・
詳しくは無料試し読みから!

幽麗塔

 

幽麗塔 の感想

 

とにかく謎だらけです。

 

テンポよく進む展開に

目が離せなくなります。

 

とにかく絵もきれいで

ストリーに入り込みやすく

面白いです。

 
時は昭和29年、舞台は神戸。

ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる

時計塔で、白い何者かに襲われ死の

寸前、謎の美青年・テツオに救われる。

テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを

手伝えば、金も名誉も手に入る」

しかしテツオの正体は、

男を装う女であり、

その名も偽名であった・・・・・・・・

 

 

幽麗塔 の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

幽麗塔 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら幽麗塔 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

幽麗塔

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-14_16-21-18_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-8-2_12-37-35_No-00
  3. snapcrab_noname_2016-10-15_22-31-21_no-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-4_8-44-11_No-00
  5. snapcrab_noname_2016-10-30_10-35-8_no-00
  6. SnapCrab_NoName_2017-3-14_21-58-56_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント