スマホで読むシグナル100ネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

こんにちは!今回はシグナル100を紹介

します。

宮月新さんの原作を、近藤しぐれさんが

漫画化したものです。

学園内で起こるホラーです。

【第1話お試し読み】シグナル100

シグナル100ネタバレ

 

笑う自由

食べる自由

走る自由

あくびする自由

手を洗う自由

歯を磨く自由

そんなばかばかしい程

あたりまえな

「自由」までもが

この瞬間・・・

私たちから

消え去った・・・

私立聖新高等学校の教師・下部の受け持っている

2-Cは、評判最悪

下部のいうことを聞く生徒はほとんどおらず、

授業が始まっても生徒は大声で話したり、遊んで

いる状態です。

 

樫村怜奈はそんな彼らを冷めた眼で見ていて

距離を置いています。

 

下部は生徒から暴力を振るわれ

校長先生からは成果を出すように

脅されています。

 

ある日、下部は

「視聴覚室に必ず出席するように」

 

「授業に出てくださったら、ひとり1万円差し上げますから・・・」

 

1万円もらえるならと学生たちは視聴覚室に集まります。

 

そこで生徒たちはあるビデオを見ます。

「映像と音楽を使って生徒達に後催眠をかけた」

と下部は説明します。

 

カルト教団で使用されていたという強力な催眠で

合図により発動すると、

 

「ある行動をすると自ら命を絶ちます」


当然そんな事を信じていない生徒達は怒り、

そのうちの1人が下部を殴りつけ、続けざまに

頭突きをすると・・・

 

頭をコンクリートの壁に打ち付けて死亡・・・!

 

 

「他人に暴力を振るう」ことで催眠が発動

仕込んだ催眠の合図は、全部で100。

 

当選生徒たちはこの合図は知りません

この催眠を解除する方法は

「クラスメイト全員の死を見届けること」

自分が生き残るためにクラスメイトを騙し、

死に追いやる生徒も出てきます。

 

 

という展開になったのですが、

なんと樫村怜奈はその時・・・

 

これより先は無料試し読みで!

【第1話お試し読み】シグナル100

 

シグナル100感想

100通りの自殺方法があるサバイバルゲーム

自分が何の暗示にかかっているのかが

 

わからない恐怖

あれをしたら死

もしかしたら、あれをしなかったら死?

 

もうどうしていいかわからず

パニックになりますね。

 

その中で冷静に自分が助かるために

他人に行動を起こさせるように誘導させる

和田は凄いです。

 

催眠術で相手を死に追いやるのは

かなり難しいことだと思う。

 

実際には絶対無理!

 

それを漫画でどう読み手に伝えるかが

かなりのポイントだと思います。

 

最後まで読みたくなる作品です。

 

シグナル100無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

シグナル100を楽しめます。

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

スマホをお持ちならシグナル100をお試しください♪

まずは無料試し読みから

【第1話お試し読み】シグナル100

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-7_9-56-57_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-10-11_13-35-34_no-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-9-4_11-1-52_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2017-2-16_12-17-39_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント