スマホで読む生き返っても、あの世のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-7-13_8-36-56_No-00

 
こんにちは!

今回紹介するのは

生き返っても、あの世 です。

 

一度死んで生き返ったら、死ぬよりツラい世界が

待っていた。

 

それでも〈わたし〉は生きる希望を見失わない。

 

 

pixiv累計閲覧数600万超&総リツイート3万超──

WEBで大反響を呼んだコミックエッセイ

『死んで生き返りました れぽ』の続編。
著者の村上竹尾氏は3年前の春、

突然の心肺停止で緊急搬送されました。

 

9つの合併症が判明し、生死の淵を彷徨いましたが
驚異的に快方へと向かい、2ヵ月後に退院。

 

その時には「奇跡の人」と呼ばれました。
しかし、生き返ったあとには「生」を実感でき

ない世界が待っていました。

 

理解できない視界、読めない文字、空に浮かぶ

くじら、幻覚に幻聴……

 

普通の生活とは程遠い現実。

 

これまでの仕事での過剰なストレス、

不規則な生活などが原因で患った数々の病状。

 

奇跡的にいくつかの数値は回復はしたものの、

その後遺症は想像もできないものだったのです。

 
それは、まるで悪夢の世界のよう……

一度は「生き直す」ことのできる喜びに歓喜した

が、いつまで続くか分からない不可思議な症状に

苦悩する生活が続いています。

 

状況を自らに納得させる難しさ、家族を含めた周

囲の対応、入院前に引きずり込まれていった死へ

の誘いなど、異世界に迷い込んでしまったかと

思えるほどの壮絶な葛藤が繰り広げられます。

 

今回は、そんな著者が苦しみながらも

「生きることの実感」を求め続ける、

息苦しいまでに切実なコミックエッセイです。

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

生き返っても、あの世

 

生き返っても、あの世 のネタバレ

 

私は入院している。

 

どうして入院しているか

いろいろ理由はあるけれど

結局自分が悪かったのだと思う。
いろいろな病気を併発し

心肺停止にまでなって

やっと意識を取り戻したと思ったら

重度の糖尿病からくる9つの合併症、

心肺停止、脳浮腫…

 

死の淵から生還し、「奇跡の人」として

退院したが、そこに待ち受けていたのは

想像を絶する後遺症との闘いだった。

 

自由の利かない身体、

失われている記憶に苦しみながらも、

「生きる希望」を見つけていく

 

詳しくは無料試し読みから!

生き返っても、あの世

 

 

生き返っても、あの世 の感想

 

ゆっくりとしています。

 

看護師さんが黒く塗りつぶされています。

これにより読んでいる方にリアルに伝わって

きます。

 

余韻が半端なく長く感じます。

 
生き返ったあとには「生」を実感でき

ない世界が待っていました。

理解できない視界、読めない文字、空に浮かぶ

くじら、幻覚に幻聴……

普通の生活とは程遠い現実。

これまでの仕事での過剰なストレス、

不規則な生活などが原因で患った数々の病状。

奇跡的にいくつかの数値は回復はしたものの、

その後遺症は想像もできないものだった。

 

 

生き返っても、あの世 の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

生き返っても、あの世 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら生き返っても、あの世 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

生き返っても、あの世

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-6-25_22-16-35_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-6-28_10-22-28_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-7-19_22-37-24_No-00
  4. snapcrab_noname_2016-10-3_15-49-24_no-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-6-21_21-51-35_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-8-22_21-28-18_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント