スマホで読む、OMEGA TRIBE のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-7-11_16-50-43_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

OMEGA TRIBE です。

 

保険金目当てで実の父に殺されかけた、

ひきこもりの少年・吾妻 晴(あづまはる)。

 

絶望の中、謎の男・WILLと契約を交わし、

人類を超越した次代の新人類「オメガ」の最初の

一人へと進化を果たす。

 

だが、晴は超人的な能力に目覚めるも、その体液

は触れた者の脳を破裂させる殺人ウィルスと化し

ていた。

 

危険な病原菌として旧人類に滅ぼされるのが先か

、手当たり次第に感染させて進化出来る仲間を増

やすのが先か、それとも、少しでも多くの人類を

救うのか…1人vs60億人の闘いが始まる…!

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

 

OMEGA TRIBE

OMEGA TRIBE のネタバレ

 

今から3万年前

15万年にわたり

進化の頂点に立っていた

ネアンデルタール人が

地球上から消えた

それを絶滅に追いやったのが

われわれクロマニヨン人である。

 

晴はアフリカの奥地で実の父に保険金のため殺されそうになった。

 

「だから晴!

親の言うことに逆らわず

ちゃんと死になさい!!」

 

晴は抵抗するが拳銃で撃たれて、人類発祥の地・

オルドバイ渓谷に転落し、意識を失う。

 

そこで晴は
『かつて全てだったものの一部』

『全ての生物の根元』

『全てを滅ぼし前進させる力』

の統合された意志WILLと契約を交わし、

新人類「オメガ」として覚醒(進化)する。

 

アメリカのオメガである大統領夫人

イブ・L・ホークスからオメガ同士による

次世代の進化を賭けた『種の衝突』の事実を

聞かされた晴は、かつての自分と同様に社会に

適合できない若者たちを取り込み、

日本の実権を握るために3年以内のクーデターの

実現を目指す。

 

押し掛け部下の謎の男桜一郎が率先して実務を

担当する事により「究極種党」の発足にこぎつけ

る。

 

過去に自らが通っていたセラピー事務所へ

侵入した際に遭遇した引きこもりの若者

「覆面の三人組」を配下に収め、全国の

引きこもりから仲間を集める計画に乗り出す。

 

次のターゲットを暴走族に定め、

巨大暴走族「極東連合」との対決を経て、

そのリーダー梶秋一を同士とすることに成功する。

詳しくは無料試し読みで!

OMEGA TRIBE

 

 

OMEGA TRIBE の感想

 

設定も面白いですね。
テンポが良くて読みやすくていいです。
これからどのようにストーリーが変化して

いくのかが気になって途中で止められなく

なります。

 
人間が誰しも、心の奥底に抱える欲望

=“渇き”。

それを解放した者は、神になるのか?

悪魔に変わるのか?

人間存在の深奥に迫る問題作!!
不登校児のセミナーを受け、父親と共にケニア

を訪れた吾妻晴。

だが、父の真の目的は、晴を殺して保険金を得る

ことだった。

父に拳銃で撃たれた晴は、人類発祥の地

・オルドバイ渓谷に転落し、意識を失う…。

全身を貫く激痛、大地に染み込む血。

晴は悪夢に満ちた18年の人生を振り返り、

来世に思いを馳せる。

だがその瞬間、何者かが彼の脳に語りかけてきた!!

 

OMEGA TRIBE の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

OMEGA TRIBE を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力

 

スマホをお持ちならOMEGA TRIBE をお試しください♪

まずは無料試し読みから

OMEGA TRIBE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. snapcrab_noname_2016-10-16_23-15-53_no-00
  2. snapcrab_noname_2016-9-24_16-19-2_no-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-8-3_16-21-50_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-31_14-44-18_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-1_6-27-16_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-7-11_22-13-49_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント