スマホで読むさよなら ハヰドランジアのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

こんにちは!

今回は「さよなら ハヰドランジア」

上巻をを紹介します。

さよなら ハヰドランジア (上)

さよなら ハヰドランジア ネタバレ

 

時は昭和6年、東京帝都大学

「失恋にゃ酒が一番!!

ガンガン飲もーじゃねぇかー」

 

主人公の司葉公太は楽しいことが大好き。

 

お祭りごとを企画しては先生に怒鳴られている。

 

彼は、ただいま商業演劇=「レビュー」に夢中。

 

歌も劇もお笑いも風刺も織り交ぜた庶民のため

娯楽

「レビューといえば

歌あり、踊りあり、しゃれた劇あり

お笑いあり」

 

レビューを楽しむ観客の笑顔が、公太の希望。

 

さっそく、大學OBが集まる開校記念式で

ゲリラショーを開こうと画策中。

 

しかし、春の課題の建築模型を

3日で提出できなければ落第と

言われてしまう。

 

そのとき、日下真一郎を見つけることに

なるのです。

 

大學首席の美青年の日下真一郎を

花形役者として目を付けたのだ。

 

日下真一郎は才色兼備の色男だが

冷めた態度から

“氷の君”

と呼ばれ学内で浮いている。

 

公太の誘いは何度も何度も断られるが、

公太は全くへこたれず。

 

日下はタイプのちがう公太が

なぜからんでくるのか理解できなくて……

「よろしくな、相棒!!」

細かい内容は無料試し読みで

さよなら ハヰドランジア (上)

 

さよなら ハヰドランジア 感想

 

まじめな日下とお祭り男の司葉。

 

全く対照的な二人

 

しかし何か影がある二人

 

舞台が昭和の初期であるが

 

この作品のスピード感に引き込まれます。

 

気になったら
さよなら ハヰドランジア (上)

 

さよなら ハヰドランジア (上)無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

整形中毒の女を楽しめます。

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

スマホをお持ちならまんが王国をお試しください♪

まずは無料試し読みで

さよなら ハヰドランジア (上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-9_14-43-18_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-8-29_23-1-51_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-8-31_14-9-27_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-22_21-49-49_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-20_20-36-50_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-6-14_22-26-10_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント