スマホで読む、うなぎ鬼のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-7-6_21-10-29_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

うなぎ鬼です。
借金に苦しんでいた倉見勝は千脇に拾われ

裏稼業に励むことに。

 

勝に課せられた任務は重さが50~60キロの

コンテナをマルヨシ水産に運ぶというもの

だった。

 

コンテナの中身とは一体…

サイコホラー!

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

うなぎ鬼

うなぎ鬼のネタバレ

知っているかい?

うなぎってのはタンパク質なら

何でも喰っちまうんだそうだ。

なんでもだぜ

 

倉見勝は借金の回収に来た町で、

迷ってしまう。

同僚の富田に電話しても連絡が取れず

結局場所がわからず事務所に帰ってくると

「馬鹿野郎!!

てめえいままで

何やってたんだ!!」

と勝は社長に怒鳴られます。

 

それをゲームをしながら笑っている富田です。

 

勝が迷ってしまったのは富田が書いた地図が

わかりにくく駅の名前も違って教えられたせいです。

 

「嵌めやがったな

富田・・・」

その富田が言うには

 

「社長はなんだかんだいったって

あんたに期待してますよ」

 

社長が言うには勝の外観と無表情な顔つき

相手の恐怖心をあおり回収屋にはうってつけ

だそうだ。

 

勝は妻に内緒で競艇に通い一攫千金を夢見ていました。

 

友人、知人から借金を重ねさらにローン会社

の返済にも行き詰まってしまい、生命保険で

返すように自殺を進められているところを

千脇エンタープライズの社長の千脇に拾われた。

 

そこの会社で借金取りの仕事を始めるのだった。

詳しくは無料試し読みで!
うなぎ鬼

 

 

うなぎ鬼の感想

 

サイコホラー・・

人間が一番怖いですね。
グロいシーンは少ないが

身近にある恐怖です。

でも気になって読んでしまいます。

 

 

借金で首が回らなくなった倉見は、

借金の取り立て会社に身請けされることに

ある時、社長から小さな漁師町の水産加工場

へある物を運ぶよう命じられる。

 

だが、何を運ぶのかは、決して教えて

もらえない……。

 

 

うなぎ鬼の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

うなぎ鬼を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちならうなぎ鬼をお試しください♪

まずは無料試し読みから

うなぎ鬼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. snapcrab_noname_2016-9-15_8-22-23_no-00
  2. SnapCrab_NoName_2017-2-28_23-40-42_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-9-7_9-9-53_No-00
  4. snapcrab_noname_2016-10-17_22-31-39_no-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-10_20-52-23_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-6-27_14-40-54_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント