スマホで読むモンタージュ 三億円事件奇譚のネタバレ、感想、無料試し読みはここから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-7-2_13-16-2_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

モンタージュ 三億円事件奇譚です。

「ボクは三億円事件の犯人の息子です」

――1968年12月10日に起きた昭和史最大の

未解決事件、三億円事件。

 

大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を

迎えた……。

 

そして時は流れ現代。

一人の少年が瀕死の老刑事に「おまえの父親は
三億円事件の犯人だ」と告げられた!!

 

運命の輪に巻き込まれた少年は、

三億円事件の謎を明らかにできるのか!?

列島縦断クライムサスぺンス!!
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

モンタージュ 三億円事件奇譚

 

 

モンタージュ 三億円事件奇譚のネタバレ

 

十歳の時ヤマトは

幼馴染のミクとの下校途中に

人気のない裏通りに入ってしまい

ある事件に巻き込まれてしまった。

 

二人は瀕死の男を見つける。

その男は言った

 

「お前の父親は三億円事件の犯人だ・・・」

 

「いいか・・周りの人間を・・

信じちゃいけねぇ・・」

 

と言い残し息を引き取った。

 

老人は東海林という警視庁の元刑事であり

その昔に府中で三億円事件の捜査をしていた。

 

そして大和の父、鉄也が突然の失踪の後に

東京湾で水死体で発見される。

 

身寄りのない大和は未来の家、
小田切家に身を寄せることになった。

 

2010年長崎。大和と未来は高校生になっていた。

 

未来の父、武雄は鉄也の剣道着を大和より譲り受ける。

武雄の計らいにより、大和は鉄也の形見として
名前入りの垂れだけ持ち続けることになった。

大和は垂れに隠されていた血まみれの500円札を発見する。

それは三億円事件で強奪された紙幣ナンバーと

一致していた。

そして武雄も小手の内側にメモを発見する。

その後、武雄は妻の葉子と共に失踪する。
という展開になったのですが、

なんとこの後・・・

これより先は無料試し読みで!

モンタージュ 三億円事件奇譚

 

 

モンタージュ 三億円事件奇譚の感想

渡辺潤さんの絵が好きだったので

やはり読み出すと止まらなくなりました。

 

展開がわかりやすくていいですね。

 

「ボクは三億円事件の犯人の息子です」――

1968年12月10日に起きた昭和史最大の未解決事件

、三億円事件。大規模な捜査が行われたが、

7年後に時効を迎えた……。

そして時は流れ現代。

一人の少年が瀕死の老刑事に

「おまえの父親は、三億円事件の犯人だ」

と告げられた!!

運命の輪に巻き込まれた少年は、

三億円事件の謎を明らかにできるのか!?

 

モンタージュ 三億円事件奇譚の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

モンタージュ 三億円事件奇譚を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちならモンタージュ 三億円事件奇譚をお試しください♪

まずは無料試し読みから

モンタージュ 三億円事件奇譚

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. snapcrab_noname_2016-10-14_16-51-57_no-00
  2. SnapCrab_NoName_2017-2-16_12-17-39_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-8-11_15-56-59_No-00
  4. snapcrab_noname_2016-9-8_9-53-40_no-00
  5. snapcrab_noname_2016-10-1_21-16-14_no-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント