スマホで読む図書館の主のネタバレ、感想、無料ためし読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-6-29_8-32-25_No-00

こんにちは!

今回紹介するのは図書館の主です。

 
「タチアオイ児童図書館」

 

名物司書・御子柴は、ぶっきらぼうな

地味眼鏡。

 

しかし、見た目とは裏腹その仕事は

一流。

 

今日も、人生に迷える大人や子供たち

が救いの一冊を求め、彼のもとへ…。

 

図書館を舞台に「児童書のソムリエ」

御子柴が活躍するヒーリングストーリー。
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

図書館の主

 

 

 

図書館の主のネタバレ

「お父さん

この時計キレイだね?」

 

「ああ

お父さんの宝物だよ」

 

「ねえお父さん

僕が大きくなったらこの時計

ちょうだい?」

 

「そうだな お前が

一人前の大人になったらな・・」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

ある夜宮本は飲み会の帰り

図書館を見つける。

「タチアオイ児童図書館」

宮本が入るといきなり

「失せろ

酒くさい!」

 

と図書館の司書・御子柴に言われます。

怒った宮本だったが・・

 

そのときいきなり携帯がなった。

御子柴は

「とっとと

出てやれ」

 

しかし宮本は

出ないといい、

電話は親からで、いい加減顔見せろ・・

だろうと言うことで

自分は年末年始もなく仕事だからと

忙しいと言うとと御子柴は

 

「誰に対して

言い訳しているんだ?」

 

確信を突かれた宮本はドキッとする。

 

そんな宮本に対し御子柴は

仕事を手伝えといわれてしまいます。

 

そのとき「うた時計」と言う本を

渡されます。

 

なんとなく宮本はその本を読み出してしまいます。

彼は過去を思い出します。

 

宮本の父は地元では名の知られた事業主でした。

父のことは嫌いでした。

自分ひとりでもやっていけると上京します。
宮本の荷物の中には父からの贈り物の懐中時計を

入れて・・・

 

しかし思ったほどうまくはいかず

借金取りに終われる日々でした。

 

その「うた時計」の内容と今の宮本が

重なるようで・・・・・・

 

という展開になったのですが、

なんと宮本はそのあと・・・

これより先は無料試し読みで!

図書館の主

 

 

図書館の主の感想

 

「タチアオイ児童図書館」の名物司書

・御子柴は、ぶっきらぼうな地味眼鏡。

 

しかし、見た目とは裏腹その仕事は

一流。

 

今日も、人生に迷える大人や

子供たちが救いの一冊を求め、

彼のもとへ…。

 

一冊の本で人生を変えられる・・

本の力はすごいと感じました。

 

子供のころ読んだ本をもう一度

読み直したくなりました。

 

また違った感動があるかもしれない

ですね。

 

児童書も大人が読んでもいいんじゃない?

図書館の主の無料試し読み

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

図書館の主を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら図書館の主をお試しください♪

まずは無料試し読みから

図書館の主

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-8-17_22-47-44_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-7-20_11-39-12_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-6-27_11-51-52_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-17_23-48-57_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-6-20_20-49-44_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2017-3-2_11-33-19_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント