スマホで読むはだしの天使、ネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2016-6-27_9-16-48_No-00

 

こんにちは!

今回紹介するのは「はだしの天使」です。

 

自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の

実体験コミック!!

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから

無料試し読みをすることをお勧めします。

はだしの天使

 

 

はだしの天使のネタバレ

 

 

病気のせい

 

 

「苦しい・・・

痛い・・

出産ってこんな苦しいものなの・・・!!」

 

 

「お願い・・・!!」
難産であったが友美は男の子を出産した。

 

「よくがんばったなぁ」

と声をかける浩一

 

長男

脇坂優太


脇坂浩一


脇坂知美

 

この子が無事生まれてくれただけで

私たちは幸せでした。

 

 

 

そして一年がたちました。

 

 

優太は1歳になりました、ところが

友美が呼びかけても振り向きもしない

自分達の顔も見ようとしない子供でした。

 

 

しかも喋ることもしないし、親達の言うことも聞きません。

友美は母親として育て方が間違っているかと

悩んでいましたが夫の浩一は全く関心がない様子

でした。

 

 

そして、優太が2歳になりました。

 

やはり様子が変なのです。

 

土を食べたり、怪我をしても平気な顔をしていたり・・

 

そんな時小児科に務める友人の裕美子に相談すると

小児専門病院を紹介してもらったのだ。

 

 

その病院で優太は精神遅滞を伴う小児自閉症と

診断された…

 

優太が自閉症と診断され、ショックを受ける

友美でした。

 

 

しかし今までの行動が

病気のせいであることわかったことで
何もわからない不安からは解放された。

 

という展開になったのですが、

なんと友美はこのあと・・・

 

これより先は無料試し読みで!

はだしの天使

 

 

はだしの天使の感想

 

脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを

出産した。

 

ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を

呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようとも

しない、様子がおかしことを気づけるのは親しか

いないのですよね。

 

このときうすうす障害があるかもしれない事は

気づいていたかも知れないですね。

 

それを認めたくないと言うことでしょうか?
専門の医療機関で診察をしてもらったところ、

ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」

診断されるのですが、ショックも受けるが

逆にスッキリしてしまうのですね。

 

障害がある子供・・

小さい頃は親が守ってあげられるけど

大きくなったときが心配?と思いました。

 

 

はだしの天使の無料試し読み

 

 

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

はだしの天使を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

 

スマホをお持ちならはだしの天使をお試しください♪

はだしの天使

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. snapcrab_noname_2016-10-3_15-49-24_no-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-8-10_21-53-0_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-6-14_9-48-8_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-23_21-36-7_No-00
  5. snapcrab_noname_2016-10-28_22-46-18_no-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-7-24_20-47-53_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント