スマホで読む、ダンシング・ゼネレーションのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから、

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2018-2-10_6-57-4_No-00

スマホで読む、ダンシング・ゼネレーションのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから、

 

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

ダンシング・ゼネレーション です。
別冊マーガレットに掲載された
槇村さとるさんの作品です。

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

ダンシング・ゼネレーション

 

 

ダンシング・ゼネレーション のあらすじ

萩原愛子はダンス好きの平凡な高校生。

10年クラシックを踊っていたが、いつしかダンスの世界から遠ざかっていた

ある日、親友の付添いでN・Y・D・Cのダンサーオーディションへ行った愛子は、そこで有名ジャズダンサーの神崎崇史に見出される。

神崎は、海外でも通用する「踊れる」ダンス・チームを作ろうとしていた。

神崎や仲間たちに触発された愛子は、再びダンスの世界へと飛び込んでいく。

ダンシング・ゼネレーション のネタバレ

神崎の厳しい稽古に耐え、愛子の所属するダンス・チーム「エキサイティング」は初公演を迎える。しかし神崎は、晴れ舞台を見ることなくニューヨークへ帰ってしまう。取り残された「エキサイティング」のメンバーたちは、更にN・Y・D・Cのダンスを目の当たりにしたことで力量の差にショックを受ける。しかしN・Y・D・Cのダンサー・ミシェールらに励まされ、情熱を取り戻したメンバーたちは、ダンサーの街・ニューヨークへ向かう。
ニューヨークでのN・Y・D・C稽古参加を経て、「エキサイティング」のメンバーたちは分岐点を迎える。二期生やバンドメンバーの加入もあり、ダンス・フェスティバルでの公演に向け活気づいていくメンバーたち。しかし愛子のダンス活動は、父親から激しい反対にあってしまう。愛子は、ダンス・フェスティバルで最優秀賞が取れなければ、ダンスを辞めると約束するが…!?

神崎率いる「エキサイティング」は国内組と国外組に分かれることになり、愛子や慎たちはニューヨークで暮らし始める。神崎の独立第一回公演は成功し、慎もその才能を開花させていく。一方愛子もますますダンスへと没頭し、ついにN・Y・D・Cの入団オーディションを受けることを決める。「どうして踊るのか」その意味を求めて踊りはじめた愛子は、その答えを見つけられるのか…!?

気になったら無料試し読みで!

ダンシング・ゼネレーション

 

 

 

 

ダンシング・ゼネレーション の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

ダンシング・ゼネレーション を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちならダンシング・ゼネレーション をお試しください♪

 

 

 

 

ダンシング・ゼネレーションを読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時1700作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

 

最新作から名作まで豊富な品揃え!

他では手に入りにくい過去の名作から話題作まで幅広いラインナップ♪まんが王国で火がついて再販、単行本化された作品も。

37.5℃の涙ちいさいひと 青葉児童相談所物語ギフト±
情熱のアレ特装版「親なるもの 断崖」ハレ婚。
児童福祉司 一貫田逸子かんかん橋をわたって愚者の皮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-6-27_9-16-48_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2017-2-15_23-26-23_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-8-23_22-4-17_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-9_10-53-40_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-9_18-22-17_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2018-1-11_23-20-46_No-00

    2018 01.11

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント