スマホで読む、アビスのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから、グロいのはあまりとくいではない!

この記事は2分で読めます

SnapCrab_NoName_2017-12-13_23-24-48_No-00

スマホで読む、アビスのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから、どんなにがんばってもこんなもんか!

 

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

アビス です。

 

別冊少年マガジンに掲載されていた

長田龍伯さんの作品です。

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

アビス

 

 

アビス のあらすじ

記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。

人を喰らう怪物が無数にうろつく。

手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。
安らかに死を受け入れるか?

追い詰められて吠えるか?

しぶとく戦い続けるか?

一瞬の油断で命を落とす最難度のサバイバルが始まる!!

 

アビス のネタバレ

人間は大きく三種類の性質に分けられる

おびえて全く動けなくなる臆病者

逆上し見境なく吠える者

そして

どんな逆境に立たされても

したたかに知略を廻らせ

精神を跳躍させる者

そんな人間だけが生き延びられる

 

 

目が覚めるとそこは

下水路のようのとこ

足元に水溜まりがあり

「マジかよ

なんで俺こんなとこにいるんだ・・・

冷てぇ・・くそ

ビチャビチャ気持ち悪い・・」

「おーい誰か~」

その少年はわけがわからず歩き出し

ました。

その手元にはスイッチのようなものが
握らされていました。

スイッチを押すと

何も起こらないようですが

目の前のドアが開いたみたいです。

そのドアの奥には怪しい巨大な影

そのドアに向かうと、突然

「駄目!それ以上いっちゃ!!」

「早く逃げて」

頭の中に響いている声・・

しかし、その少年は少しも慌てる様子は

ありません。

突然、巨大な人影が近づいて

少年に襲い掛かります。

そのとき、男に助けられます。

そのまま近くの部屋に逃げ込みます。

中にいたのはセーラー服の少女

と数人。

どうやらみんな同じように

わけもわからずここに閉じ込められている様子
少年の名前は壇ヒビキ

ここで分かったことは

少年を襲った生物は「イートマン」と

呼ばれるもので、人を見ると襲ってくる。

SnapCrab_NoName_2017-12-14_0-5-17_No-00

もう1つわかったことは、少年が持っていたスイッチはトリガーといい
持っている人間一人ひとり違う性能を持っているようです

そのトリガーでイトーマン倒し

脱出するために戦うのです。

「ここはみんなの力を合わせるんだ

そうすりゃあんな奴

たおすまでもないってやつさ」

気になったら無料試し読みで!

アビス

 

 

アビス の感想

前半部分はとても作り込まれていて読み応えたっぷりでした。

後半から色々無理ありすぎというか、

ファンタジー要素たっぷり!

進化?!

一気に読めました。

しかし、 途中で打ち切りか、大人の事情?

残念な終わり方でした。

最初が良かった分残念です。

 

 

 

アビス の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

アビス を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちならアビス をお試しください♪

 

 

 

 

アビスを読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時1700作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-6-27_14-40-54_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-9-28_10-56-18_no-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-8-24_22-11-41_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-6_21-10-29_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント