スマホで読む、辺獄のシュヴェスタのネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は3分で読めます

SnapCrab_NoName_2017-3-9_23-46-40_No-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

辺獄のシュヴェスタ です。

 

ビッグコミックスピリッツに掲載されていた

竹良実さんの作品です。

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

辺獄のシュヴェスタ

 

 

辺獄のシュヴェスタ のあらすじ

16世紀、神聖ローマ帝国。

罪なき賢者が「魔女狩り」という名の

迫害に遭った時代。

魔女狩りを指揮する修道会の処刑で家族を

失くした「魔女の娘」エラは、

魔女の子供達を集めた女子修道院に収容された。

激流のごとき変革の刻。

聖母を形どった拷問具「鋼鉄の処女」

と共に辿るエラの苛烈な運命を描く、

サバイバル歴史大作…!!

 

辺獄のシュヴェスタ のネタバレ

ドイツのライン川の奥底から、

ローマ教皇の紋章が刻まれた

鋼鉄の処女(アイアンメイデン)が見つかった。

「ラインの川底に眠っていた

鋼鉄の処女・・・・」

何か物語がありそうね
と頬を撫でると、
右目に傷がありました。

「隻眼のマリアなんて
聞いたことありませんよ…!?
これはきっと、聖母ではない…」

そう言ったあと、
中を開けるとそこには…

『1552年 分水嶺の

血の記憶・・・・?』

 

と書かれていた。

 

「あなたは誰なの・・・?」

 

1542年、ザールブルク近郊の村では、
重税と不作続きで
村人は飢えに苦しんでいました。

 

村の一角で、エミールという少女が
飢えで亡くなりました。

エミールを土葬している時のことです。

「ねえ司祭様。」

一人の少女が
司祭に声を掛けました。

少女の名はエラと言い、
エミールと共に暮らしていたのです。

エミールは足が悪いから
松葉杖を入れてあげよう、
と司祭に言ったのでした。

 

その晩、エラの両親が
ある老婆と話をしていました。

「もうずいぶん前から、
アンタらの中で答えは
出ているんじゃないかね…?」

そう言うと、老婆はエラの名前を出し、
エラを売り飛ばせと言います。

 

エラは火を飼っている…。

 

あの大きな目は激しい火だ。

カッとなったが最後、
自分を焼き滅ぼしてでもことを
遂げようとする。

あの子はいつか、
誰かの喉元を食い破るだろう、
と老婆は、両親に警告したのでした。

 

気になったら無料試し読みで!

辺獄のシュヴェスタ

 

 

辺獄のシュヴェスタ の感想

面白い

つい夢中になって

一気読みしてしまった・・

過去の歴史でありそうでなさそうな話?

16世紀、神聖ローマ帝国。

罪なき賢者が「魔女狩り」という名の

迫害に遭った時代。

魔女狩りを指揮する修道会の処刑で家族を

失くした「魔女の娘」エラは、

魔女の子供達を集めた女子修道院に収容された。

激流のごとき変革の刻。

聖母を形どった拷問具「鋼鉄の処女」

と共に辿るエラの苛烈な運命を描く、

サバイバル歴史大作…!!
 

辺獄のシュヴェスタ の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

辺獄のシュヴェスタ を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら辺獄のシュヴェスタ をお試しください♪

 

 

 

 

辺獄のシュヴェスタを読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時1700作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-9_22-32-14_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-9-5_10-49-0_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-7-5_21-30-25_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-31_21-33-39_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2017-3-6_13-24-9_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント