スマホで読む、終末のハーレム のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は3分で読めます

snapcrab_noname_2016-11-14_20-51-10_no-00

 

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

終末のハーレム です。

 

少年ジャンプ+に掲載されていた

LINKさん 宵野コタローさんの作品です。
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

終末のハーレム

 

 

終末のハーレム のあらすじ

時は2040年。難病に侵された青年・怜人は

幼馴染の絵理沙と再会を誓い、

病を治すためコールドスリープする。

そして5年後――。

目覚めた怜人を待っていたのは99.9%の

男が死滅し50億人の女性が生きる世界

だった…!

近未来エロティックサスペンス開幕!

 

 

終末のハーレム のネタバレ

戦争は常に資源のために行われる

食料・水・塩・金属・石油

そして21世紀半ば人類の存亡をかけて

世界全土を巻き込んだ争いが起こる

その争いで人々が奪い合う資源とは・・・

 

 

2040年、東京

主人公の大学生の怜人は

「絵理沙

ずっと好きだったんだ!!」

 

幼馴染の絵理沙に告白します。

 

しかし怜人は細胞硬化症という病気に

かかってました。

現時点では治る手段はないが

4,5年後に製薬会社から特効薬が期待される

のでした。

 

そこでコールドスリープ状態になり

4,5年後の薬の完成を待つことに・・・

 

 

やがて目を覚ました怜人が見た光景は

見知らぬ女性・・

「おはようございます

水原様」

5年間眠っていた間に

薬は開発され、怜人の病気はなおって

いました。

しかし世界は怜人が眠っている間に

とんでもないことになっていました。

4年前、感染すると3日で死亡するという

新種のウイルスが猛威を振るい

瞬く間に地球全土に感染しました。

いまだに特効薬もワクチンも見つかって

いないのです。

 

しかもそのウイルスには特徴があり

男性にしか感染しないのです。

 

つまりこの世界は女しかいなく

なってしまったのです。

 

現在地球上で活動可能な男性は

細胞硬化症を治療した5人のみでした。

 

この5人は地球上で最も貴重な資源なのです。

 

 

 

気になったら無料試し読みで!

終末のハーレム

 

 

終末のハーレム の感想

絵がきれいで読みやすいので

ストーリーに入り込みやすかったです。

先の展開が楽しみです。

時は2040年。難病に侵された青年・怜人は

幼馴染の絵理沙と再会を誓い、

病を治すためコールドスリープする。

そして5年後――。

目覚めた怜人を待っていたのは99.9%の

男が死滅し50億人の女性が生きる世界

だった…!

近未来エロティックサスペンス開幕!

 

 

 

終末のハーレム の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

終末のハーレム を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら終末のハーレム をお試しください♪

 

 

 

 

終末のハーレム を読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時1700作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-7_22-14-45_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-9-13_10-30-35_no-00
  3. snapcrab_noname_2016-10-11_23-15-12_no-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-2_21-11-22_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-1_6-27-16_No-00
  6. snapcrab_noname_2016-9-9_21-45-46_no-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント