スマホで読む、無職強制収容所のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は3分で読めます

snapcrab_noname_2016-10-28_16-47-41_no-00

 

こんにちは!

今回紹介するのは

無職強制収容所 です。

 

D-sideに掲載されていた

鎌倉敦史さん昭伶さんの作品です。
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

無職強制収容所

 

 

無職強制収容所 のあらすじ

2022年、非労働者再生法が成立した日本。

6カ月を超えて収入のない者は、

再生処置施設で脳のリライト処置を受ける。

 

外資系投資会社に勤めていた神条達也は、

ある日、職を失う。

しかし6カ月後、達也が送られたのは

再生施設ではなく強制収容所だった。

 

そこでは、異常な訓練と洗脳、啓発が行われて

いた。

達也なぜ、そこに送られたのか―

―2016年エブリスタホラー大賞受賞作品


 

 

無職強制収容所 のネタバレ

6年前の2022年に突如成立した法案

非労働者再生法

6ヶ月を超えて一定の収入がない無職者は

再生処置施設で強制的に脳のリライト処置を

受ける

すべての記憶を消されて

労働意欲が高く高度な専門知識を持った

マシーンへと生まれ変わる

本人には再生者という自覚もなく

自殺者の急増

激務による病死

人権蹂躙

非人道的な法律に反発もあったが

経済が活性化されるにつれ

トーンダウンしていった

再生されることがそれまでの人生の

終焉を意味しているのに・・

 

 

ある日無職の相沢有人は執行官の

訪問を受ける

 

その執行官は昔自分をいじめていた富田勝人

しかし富田は相沢の事は覚えていない様子

相沢はこれから無職人間の再生処置施設に

送られるのだ。

 

それは今までの記憶を失うと言うこと・・

 

 

 

外資系に勤める神条達也・・

 

最近自分所属するトップチームに入って

きた高木純也のことが気になっています。

 

高木が入ってくるまでは

達也も入社4年目で飛びぬけた才能を

買われトップチーム入りをしていた。

しかも最年少でした。

 

その高木には再生者の噂があり・・

しかも新しいタイプの再生者らしい

 

気になったら無料試し読みで!

無職強制収容所

 

 

無職強制収容所 の感想

先の展開が気になりますが

ちょっと入り込めませんでした。

題名ではもっと単純な話かと思ったが

結構難しい物語でした。

2022年、非労働者再生法が成立した日本。

6カ月を超えて収入のない者は、

再生処置施設で脳のリライト処置を受ける。

外資系投資会社に勤めていた神条達也は、

ある日、職を失う。

しかし6カ月後、達也が送られたのは

再生施設ではなく強制収容所だった。

そこでは、異常な訓練と洗脳、啓発が行われて

いた。

達也なぜ、そこに送られたのか―…!?

 

 

 

 

無職強制収容所 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

無職強制収容所 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら無職強制収容所 をお試しください♪

 

 

 

 

無職強制収容所を読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時1700作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-2_13-16-2_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-9-8_10-39-51_no-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-8-4_14-15-12_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-2_21-11-22_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-1_19-16-1_No-00
  6. snapcrab_noname_2016-10-31_13-4-36_no-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント