スマホで読む、亜人のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

snapcrab_noname_2016-10-22_22-7-21_no-00

 

こんにちは!

今回紹介するのは

亜人 です。

 

good!アフタヌーンに掲載されていた

桜井画門さんの作品です。
以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

亜人

 

 

亜人 のあらすじ

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。
高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、
その直後に生き返った。

それは、彼が亜人であり、人間ではないことを
意味する。

圭をとりまく環境は一変した。

彼は人間たちから逃げ惑うことになる。

友人のカイは、怯える圭を助けるために

駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に

逃げ込んだ。

 

そんな彼に人間と敵対する亜人たちが

接触してきた。――

彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

 

 

 

亜人 のネタバレ

「夏休みの予定・・

永井君はどう過ごす?」

 

「そりゃまあ遊んではいられないよね」

 

「夏休みまで勉強漬けとは

お医者様志望は大変だねぇ」

 

将来医者志望の永井圭は国立医学部を

トップクラスの成績で通過するほど優秀でした。

今、町の話題は亜人について・・

 

亜人とは決して死なない生物・

 

学校の授業でも亜人の話をするほど

でしたが、圭はその話には興味がありません

でした。

 

日本でもまだ2例しか確認されたいないので

ほとんどが人間にまぎれて生活していました。
亜人本人も自分が亜人だとは気づいていないのです。

それは死ななければわからないものなのです。

 

「亜人って人間じゃないんですか?」

「あたりまえだろう」

普通の人間にとって亜人は人間ではないのです。

その日圭はトラックに引かれてしまいます。

圭はみんなの目の前で交通事故にあい

誰もが死んだと思ったその瞬間

圭の体はあっという間に再生され元通りに・・

 

「ちがう・・

人間・・・・

僕は・・・・」

圭はたまらず逃げ出します。

 

「亜人だ」

 

気になったら無料試し読みで!

亜人

 

 

亜人 の感想

面白いですね

先の読めない展開に引き込まれ

とても魅力的な主人公なので応援したく

なります。

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。
高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、
その直後に生き返った。

それは、彼が亜人であり、人間ではないことを
意味する。

圭をとりまく環境は一変した。

彼は人間たちから逃げ惑うことになる。

友人のカイは、怯える圭を助けるために

駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に

逃げ込んだ。

そんな彼に人間と敵対する亜人たちが

接触してきた。――

彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

 

 

 

亜人 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

亜人 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら亜人 をお試しください♪

 

 

 

 

亜人を読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時1700作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2017-2-20_12-58-9_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-6-17_12-41-0_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2017-2-22_23-1-45_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-8_13-56-9_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2017-2-9_23-30-17_No-00
  6. snapcrab_noname_2016-10-8_22-15-51_no-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント